Cruisemansトップ   >   キュナード・ライン   >   クイーン・エリザベス   >   口コミ・乗船記   >   16 days Sydney to Tokyo


なぜ、今回のクルーズを選ばれましたか?

新しいQEの2回目の来日である。前年の2014年には横浜からシンガポールまで行ったので、今回はシドニーから横浜までのコースを選んだ。現実は横浜着とはならず、神戸下船となった。
 その訳は後述します。
 シドニー~横浜は日本人乗客の事を考えてくれているのかと言えば、ちょっと違うのではないかと思います。確かに、シドニー、ラバウルは良かったが、このコースの選択に当たって、妥当であったかと聞かれると、甘さがあった様に思います。



実際にご乗船されていかがでしたか?評価とご感想をお聞かせください。

  お食事、ダイニング

満足

日本酒が出されているのは良かった。コメは依然として外米、コシヒカリに変更される2017年まで待たされる事になる。判っていても、経費的に無理と言う側面がある様に思われます。

  サービス、スタッフ

満足

  お部屋

満足

  船内の施設、アクティビティ

普通

日本人乗客数は300人程度、配慮の主体は豪州乗客に置かれた傾向があり、満足と言う評価には至りません。


寄港地での移動や観光についてお聞かせください。

  シドニー

満足

シニア30ドルの"hop on hop off"バスがお勧めです。スタート地点をクルーズターミナルから近い"Circlurar Quay" とし、”Central Railway Station" で乗り換える様に組めば、Sydney コースとBondi & Bays コースの療法を利用する事が出来ます。

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):1,000~2,000円

  ブリスベン(クイーンランド州)

満足

機の赴くまま、公園と市街地を散策するとよい。お土産屋にはニュージーランドと同じように、プロポリスを売っていた。

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:無料

  ヨーキーズ・ノブ(クイーンランド州)

不満

グレートバリアリーフを選んだが、期待した程のものではなかった。大小を気にせず、サンゴ礁の美しさで対比すれば、日本の方が上である。

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:5時間以上  費用:20,000~30,000円

  ラバウル(ニューブリテン島)

満足

島民の人達と”ラバウル小唄”を合唱する事が出来、大感激した。白人の方々は一体何事が起きたのかと言った風情であった。
ラバウル航空隊の跡地は完全に火山灰の跡地になっているが、日本人として、一度は訪れて見たい所です。

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:5,000~10,000円

  神戸

満足

18日の正午前入港したが、横浜港から神戸港に緊急変更する旨をアナウンスされたのは、4日前の14日午前10時であった。
団体客の下船を優先された為、我々の様な一般客は後廻しにされた。その事を除くと、秩序よく、誘導されていたと思う。下船の前日、17日に下船に当たっての指示書が示された(英語、日本語)。
横浜港で下船する予定の豪州乗客の方々は新幹線(ブルートレイン)に乗れたと悦んで居られた。

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:1時間未満  費用:無料

予約・手配に利用した事業者の対応や利便性はいかがでしたか?

とても満足

(1)航空券手配は往路のみ
 スクート航空を選別し、成田からシンガポール経由、シドニーまでの航空券(TZ2-1,TZ3)を手配して貰った。
(2)豪州観光ビザETAS の取得を必要とする
 米国のESTA と同じように厄介な面があるが、全てのサービスをお願いした。

予約・手配の方法: ---

今回のクルーズは、どのような方にオススメですか?

 世界一周の途上にある中で、我々は区間乗船の形態をとったものでありますが、その事をあまり気にする事はないと思う。世界一周が可能な乗客はロンドンとニューヨークから乗船した人に限られている。定員2,100名に対して600名程度に過ぎないからである。
 従って、区間によって、乗客数に凸凹が出来てしまう。一番混むのが日本(横浜、神戸、大阪のいずれか)からシンガポールまでの区間であり、その次がシドニー~日本と言う事になるらしい。サンフランシスコ~ホノルル~シドニーは閑古鳥が鳴いている。シンガポールを出て、サザンプトンに帰る間も乗客がガタっと減少するとの事。QEが日本に来てくれた事は有難かったが、結果的には2019年から世界一周はやらないと言う事になったらしい。
 横浜港に入る事が出来ず、神戸港に急遽変更になった事について、以下に述べます。
3月12日の夕方、ラバウルを予定通りに出航しましたが、その頃、赤道を挟み、北側に台風3号(バービー)、南側にサイクロン「パム」が発生していました。パムはバヌアツに抜けたものの、QEの行く手に台風3号が待ち受ける形になったのです。その結果、QEは予定通りに横浜港に入港する事が出来ず、急遽、神戸港に変更になったのです。
 船長が乗客に対し、アナウンスしたのは、14日午前10時でした。変更となった結果、船側が新神戸・東京間の新幹線料金とスーツケース運賃を負担してくれました。このような事があった後、QEは横浜大桟橋を利用しなくなったのです。
 
 



もっと見る (1/8)

コメントを投稿する

キュナード・ライン × オーストラリア・ニュージーランド、南太平洋のクルーズ旅行

最安料金 ¥12,333 ~/1日

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン