Cruisemansトップ   >   ホーランド・アメリカ   >   コーニングスダム   >   口コミ・乗船記   >   11 nights / 12 days, round-trip Southern Caribbean Seafarer

 CERTIFIED ms. mit's 17th time voyage

11 nights / 12 days, round-trip Southern Caribbean Seafarer

 2018-12-10   海側バルコニー  5

3.63
フリーランスの翻訳歴30年以上ですが、少しずつリタイアしつつあります。小さい頃から、連絡船やフェリーでも乗るのも見るのも大好きでした。二十数年前に初めてのクルーズに行って以来、虜になってしまいました。美味しいお食事とワインが大好きです。

Photo: カリブ海セントルシアの象徴的な山プティ・ピトンとグロ・ピトン


クルーズ航程

  • 2018/12/10 — フォートローダーデール(フロリダ州)
  • 12/13 — フィリップスブルフ(セント・マーチン島)
  • 12/14 — フォール=ド=フランス(マルティニーク)
  • 12/15 — カストリーズ(セントルシア)
  • 12/16 — ブリッジタウン
  • 12/17 — ロゾー
  • 12/18 — シャーロット・アマリー(セント・トーマス島)
  • 12/20 — ハーフ・ムーン・ケイ(リトル・サン・サルバドル島)
  • 12/21 — フォートローダーデール(フロリダ州)

なぜ、今回のクルーズを選ばれましたか?

Holland Americaのクルーズが初めてであったことと、これまでに行ったことのない寄港地が4か所(バルバドス、ドミニカ、マルティニーク、セントルシア)も含まれていたので、新しい土地を訪れてみたかった。


実際にご乗船されていかがでしたか?評価とご感想をお聞かせください。

  お食事、ダイニング

満足

全体的に盛り付けが綺麗で、味も悪くなかった。Rido Market(ビュッフェ)では衛生面からか、ガラスで遮られ、殆どの料理をサーバーに盛り付けてもらう形式なため、列の待ち時間が長かった。メインダイニングでもコースごとの待ち時間が非常に長かったので、後半はショーを先に観てから夕食にするようにした。有料のPinnacle Grillでは、クルーズ中に1日限定でオランダの三ツ星店Deblijeのテースティング・メニュー(49ドル、ワイン付き69ドル)を提供する。モダンガストロノミーの7~8コース。斬新な料理で美しかったが、お味は残念ながらいまいち。殆どの料理が塩味がきつ過ぎ、キッチンに戻した品もあった。フレーバーとうま味が感じられなかった。

  サービス、スタッフ

満足

ダイニングルームでのサーバー、ソムリエは好印象だった。ただ、上記のように、食事のサービスのスピードが極端に遅かった。
寄港地で観光を終えて船に戻った時、セレブリティでもそうだが、ギャングウェー前の桟橋に冷たいおしぼりと水を用意してあるのがよい。

  お部屋

普通

1室を3人で利用してはいるが、それにしても非常に狭かった。ソファーをベッドに直した時など、バルコニーに出るにはベッドの上を這うようにして(笑)行かなければならなかった。シャワーがカーテンではなくガラスドアなのでよかった。収納場所は十分にあった。

  船内の施設、アクティビティ

普通

内装がモダンであり、各所に飾られているアートもよかった。超大型船ではないので、ウォータースライド等はないが、プールとジャグジーが中央部とアフトにあり十分だった。
プログラムの内容が変わり映えせず、多少不満を感じた。ショーでもコメディアンがメインステージに立つ日が4日もあり、もう少しバラエティ豊かにしてほしかった。生バンドやピアノ、弦楽四重奏などは3~4か所で行われるなど、音楽には重心を置いていた。


寄港地での移動や観光についてお聞かせください。

  フォートローダーデール(フロリダ州)

未評価

自宅が近いので特に観光はしていないが、他州からの同行者がいたので、クルーズ前日にフォートローダーデールの繁華街の一つであるLas Olasに食事に出かけた。クルーズ前後に時間のある方は、散策・ショッピング・食事をこのLas Olas界隈でするのもお勧め。フォートローダーデール・ビーチまたは出ニアビーチで泳いだり、シュノーケリングやダイビングを楽しめる。

寄港地観光:その他

  フィリップスブルフ(セント・マーチン島)

満足

前回は殆どフランス側で観光したので、今回は上陸してから現地のツアー会社を利用。ミニバンに乗車して島内(フランス側・オランダ側)観光した。2017年のハリケーンで蒙った被害がまだ残り、特にフランス側は復旧が遅れているようだった。オランダ側のマホ・ビーチでは小1時間程過ごし、飛行機が頭上すれすれで着陸するのを見た。

寄港地観光:その他

  フォール=ド=フランス(マルティニーク)

普通

下船後に現地のツアー会社を利用しようと思ったが、他港では通常港付近に立っている勧誘者が見当たらなかった。港近くの17世紀建造のサン・ルイ砦は現役の海軍基地で、ツアーに参加しなければ中を見学できない。街の中を少し歩いた後、フェリーでトロワ・イレ方面のビーチ(名前は失念)に行って泳いだ。

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):1,000~2,000円

  カストリーズ(セントルシア)

とても満足

当日、徒歩圏内の青空市場を見て回った後、港湾ターミナルに来ている現地ツアー会社を利用してボート(20人乗り程度)での島内観光を楽しんだ。Sulfur Springsの泥湯に浸かった後、白い泥を全身に塗り、黒い泥で手形や模様をつけ、少ししてから滝つぼで泥を落とした。その後、セントルシアと言えば、この山!と言えるプティ・ピトンとグロ・ピトンをボートから眺めた。セントルシアは風光明媚なだけでなく、アクティビティも豊富。一日の寄港だけでなく、オール・インクルーシブのリゾートに1週間くらい滞在したいと思う島だ。

寄港地観光:その他

  ブリッジタウン

満足

下船後、現地ツアー会社によるツアーに参加し、カーライル・ベイでの沈没船とウミガメと一緒のシュノーケリングを楽しんだ。どちらも砂浜から50~60mくらいの場所にあり、終日過ごせる時間のある人はボートに乗らなくてもよい程の距離(但し、潮の流れはちょっときつかった)。ビーチでのチェアとパラソルも込み。その後はダウンタウンの散策。

寄港地観光:その他

  ロゾー

普通

事前調査をする時間がなく、どこを回りたいかもわからなかったので、行き当たりばったり。下船後、現地のツアー会社のマイクロバスでのツアーに参加。ドミニカ川の数が多く、島は緑に溢れている。海水淡水化施設を使用することが多いカリブの島のなかで、ここではそれに頼る必要がないらしい。トラファルガーの滝と泥湯温泉を見たけれど、温泉国であり、名瀑の多い日本から行くと物足りなさを感じた。でも、様々な熱帯植物が自生しているのを見るのは楽しかった。

寄港地観光:その他

  シャーロット・アマリー(セント・トーマス島)

満足

この島も前に訪れた際、セントジョン島でダイビングしたので、今回はセントトーマスにとどまって同島のビーチでシュノーケリング。港からは相乗りタクシーを利用して、帰りは1時頃に迎えてきてもらうよう頼んだ。料金は片道ずつ支払った。

寄港地観光:その他

  ハーフ・ムーン・ケイ(リトル・サン・サルバドル島)

未評価

プライベート・アイランドの沖に停泊してテンダーに乗船して上陸するのだが、この日、風が強めであったため、乗客の安全のため、島を目の前にして寄港を中止することを船長が決断した。他のクルーズではこれくらいの波ではテンダーを利用したことを記憶しているが、HALの平均年齢が高いのでその点を考慮したのかもしれない。

寄港地観光:観光していない

予約・手配に利用した事業者の対応や利便性はいかがでしたか?

とても満足

すべてオンラインでの予約・手配であったが何も問題なく済んだ。その時期が来ると、オンラインでのオプショナルツアーの案内が何度かメールで送られてきたし、チェックインの案内もすべてオンラインであった。乗船日に船室にはフランス産発泡酒と写真1枚(雑誌サイズくらい?)の無料クーポンが届けられていた。

予約・手配の方法: 「iCruise.com」を利用

今回のクルーズは、どのような方にオススメですか?

11泊クルーズであり、日本からフロリダまでの往復さらには乗船前・下船後の宿泊可能性を考えると、日数にゆとりのある方向け。必然的に退職後のシルバー世代が多い。それでも小さい子供を抱えた家族連れも見かけたし、20代・30代も少ないとは言え乗船していた。


TOTAL VOYAGES 18
ms. mit
GENERATION Baby Boomers
CLASS Gold
TOTAL VOYAGES 18
 
 
SIGNATURE mit
This card has been issued by Cruisemans Inc.
ms. mit フリーランスの翻訳歴30年以上ですが、少しずつリタイアしつつあります。小さい頃から、連絡船やフェリーでも乗るのも見るのも大好きでした。二十数年前に初めてのクルーズに行って以来、虜になってしまいました。美味しいお食事とワインが大好きです。

コメントを投稿する

「ホーランド・アメリカ × カリブ海」の商品・料金

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン