Cruisemansトップ   >   クリスタル・クルーズ   >   クリスタル・シンフォニー   >   口コミ・乗船記   >   15 nights / 16 days, one-way from Papeete to Auckland

 CERTIFIED mr. seaday's 25th time voyage

15 nights / 16 days, one-way from Papeete to Auckland

 2019-03-07   海側キャビン  2

4.65

Photo: ボラボラ島に停泊するクリスタルシンフォニー(テンダーボートから撮影)



なぜ、今回のクルーズを選ばれましたか?

冬の日本を離れて暖かいニュージーランドと暑い南太平洋へ、航海中に結婚記念日を迎えるので、
大好きなシーデーが多いこと、そして何度乗っても期待を裏切らないクリスタルクルーズなので選びました。



実際にご乗船されていかがでしたか?評価とご感想をお聞かせください。

  お食事、ダイニング

とても満足

2017年の改装後、メインダイニングはウォーターサイドと名称を変えて、決められた時間・席の2部制から時間内ならいつ行ってもいいオープンシーテイングに変更。時間に縛られず席も自由に選べるので良くなった。また従来通り、朝は和食(焼き魚とみそ汁、漬物)がたべられるのは嬉しい。ディナーでは前菜に生牡蠣がでたので迷わずお代わりをした。鮨レストランシルクロードもUMIUMAに名称を変更、イタリアンのプレーゴは名称は変わらず。この2つの特別レストランは従来通り素晴らしい。新しくできたアジアン中華のシルクは、メニューよってあたりはずれがある。又天井がガラス天井なので暑い海域ではランチタイム等は室内に直射日光が当たり温室の中で食事をすることになる。今後の改善に期待したい。「UMIUMA」「プレーゴ」「シルク」はカバーチャージが一人30ドル必要だが、13日以内のクルーズでは1回、14日以上のクルーズでは2回までカバーチャージは無料。(シルクは朝昼はカバーチャージ不要)。バイキングのマーケットプレイスは従来から美味しいことは美味しいが工夫に欠け印象が薄い。喫茶ビストロのコーヒー、そして特に多種のチーズは美味しい。夜遅くまで開いており良く通るところなのでつい立ち寄ってつまんでしまう危険な場所。ハンバーグやホットドッグやアイスクリームを提供するトライデントグリルも、レベルは高い。

  サービス、スタッフ

とても満足

ワーカーの定着率が高く多くが長く働いている、その為乗客の顔を覚えていてくれ、乗船すると旅先なのに知り合いの家に行ったように落ち着く。中にはNYK時代先代の飛鳥に乗っていたクルーもおり、日本人に好感を持ってくれている。乗客に対するクルーの数が多く、特に今回のクルーズはほぼ1:1で、クルー達も忙殺されず、会話して乗客を楽しませつつ所作は機敏に高品質のサービスを提供してくれた。又ダイニングでも食器が当たる音、落とす音など全くしなかった。オールインクルーシブなので、席に座るとすぐに飲み物や食べ物を進められる。これは断るのに苦労した。

  お部屋

とても満足

いつもながら清掃、ベッドメーキング、備品補充その他すべて完璧。

  船内の施設、アクティビティ

とても満足

1995年竣工の古い船だが全体としては2017年の改装で更に素晴らしい船となった。特に24時間WIFIがオールインクルーシブに追加されたのは特筆すべき点。施設の唯一の欠点は、シンフォニーの劇場ギャラクシーラウンジの構造。これは毎回乗るたびに感じる。客席に高低差があまりなく、舞台が低い事。そのため後方からだと舞台が見えにくい。エンターテイナーの質が高いだけに残念。構造的な問題なので船齢からするとコストがかかりすぎるので改善は難しいのではないかと思う。


寄港地での移動や観光についてお聞かせください。

  パペーテ(タヒチ島 / フランス領ポリネシア)

普通

今回のクルーズの出発港があるので滞在したが、島一番の都市なので、車も多く幹線道路沿いは排気ガスで臭い。騒音もある。モーレア島へはここから船が頻繁に出ており40分~1時間と近い。

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

  モーレア島(フランス領ポリネシア)

満足

テンダーボート利用。喧噪のパペーテから目と鼻の先なのに、静かで海の綺麗なのんびりした島。テンダーを降りたら、真珠店の客引きのお兄ちゃんが、何も買わなくていいから店まで来てくれと誘ってくれた。店のそばにきれいなビーチがありそこで暫く過ごした。、結局何も買わなかったが、帰りも親切にガイドまでして港まで送ってくれた。

寄港地観光:

  ボラボラ島(フランス領ポリネシアーソシエテ諸島)

とても満足

テンダーボート利用。シュノーケルのエクスカーションだったが、貸りたシュノーケルやマスクの品質が悪く、水が入ってきて十分には楽しめなかった。次回は自分のものを持参したい。海は遠浅で透明度が高く餌付けしたポイントでは50~100㎝位の大きさのエイや小型の鮫と一緒に泳げた。エイには触ることもできた。直射日光が強いので日焼け対策は万全に。

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:10,000~15,000円

  アイツタキ島

満足

テンダーボート利用。のんびりした島。ここも直射日光が強いので日焼け対策が必要。ここも海がきれいだが、やはりボラボラ島は本当に美しかった。

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

  ラロトンガ島

満足

テンダーボート利用。クック諸島の中心都市だけあり土産物屋、レストラン等設備が整っている。船会社のコンプリメンタリーのバスがあったので片道バス、帰り徒歩。

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

  アイランド湾(ラッセル)

とても満足

テンダーボート利用。ここまで南下すると夏の終わりなので、今までの島と比べて過ごしやすい気温になった。テンダー乗り場のすぐ北、ワイタンギはマオリ族とイギリスが平和協定を結んだ近代NZ発生の地。テンダー乗り場から町までの湾沿いの道路は海側に歩道があり景色も良く、起伏もなく歩きやすかった。街には小さなスーパー、カウンドダウンやマヌカハニーを売るお店があった。

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

  タウランガ

満足

1日目は港から歩いて大型ショッピングセンター、ニューワールドに行った。道を聞くために15分毎、3人に後どれくらいで着くかと聞いたら3人とも親切にあと15分だと教えてくれた。結局1時間近く歩くこととなった。2日目はタウランガに住むNZ人の友人の家に招かれランチ。
前回来たときは港から歩いていけるマンガヌイ山に登りタウランガの美しい景色を山上から堪能した。NZはお金をかけず自然の中をハイキングやキャンプして過ごす人が多い印象をうけた。

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

  オークランド

満足

接岸したクイーンズワーフはオークランドの中心なので、クイーンズストリート等のショッピングエリア、スーパーニューワールドやカウントダウンにも近いのでお土産などを買うには便利。

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

予約・手配に利用した事業者の対応や利便性はいかがでしたか?

とても満足

いつも通り必要最低限のサポートで十分満足。

予約・手配の方法: 「Vacations To Go」を利用

今回のクルーズは、どのような方にオススメですか?

終日海上を航海するシーデーが好きな方。寄港地ではゆっくり散歩する程度で、出来るだけ船上の生活を楽しみたい方。2週間以上の航海なので、できれば毎朝味噌汁、焼き魚、海苔、日本のお米のご飯を食べたい方。船内でゆっくり読書や音楽を聴きたい方。社交ダンスのアンバサダーが乗船しているので、ダンスパートナーがいないが踊りたい方。ショーや音楽を楽しみたい方(ラグジュアリークラスは3万トンクラスの小さい船が多くどうしてもショー等のエンターテイメントの規模が小さくなるが、その中にあってクリスタルは質の高いショーをしっかり提供してくれる。)


コメントを投稿する

「クリスタル・クルーズ × オーストラリア・ニュージーランド、南太平洋」の商品・料金

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン