Cruisemans | クルーズ旅行の口コミサイト サイトからの予約&口コミ投稿で、旅行代金の3%分のポイント(現金化可能)をプレゼント!
Cruisemansトップ   >   アラスカクルーズ

アラスカクルーズ

4.30

アラスカの歴史

アメリカ合衆国最北端にある州で、東はカナダ、北は北極海、西と南は太平洋に接する。 アメリカ合衆国の州の中で最大面積を持つ州である。 1867年3月30日にアメリカ合衆国がロシア帝国から買収した。 この交渉は国務長官ウィリアム・スワード氏がおこない、当初はアメリカ国民に「巨大な保冷庫を購入した」などと非難されていた。 その後、1912年5月11日にアラスカ準州、1959年1月3日に米国49番目の州である、アラスカ州となった。

アラスカ州旗

「North to the Future」 (北に未来がある)

アラスカクルーズの魅力

グレイシャーベイで、迫力ある氷河の崩落シーンを見ることが出来たり、運がよければ熊やマウンテンゴート、シャチ、クジラ、ラッコなど の野生動物に出会える。また、野鳥観察を楽しむことが出来る。 ケチカン、ジュノー、スキャグウェイなどの寄港時には先住民たちの文化に触れ、学ぶことが出来る。

アラスカの食事

鮭の料理やカニ料理が人気で、アラスカは基本的に鮭が回遊している場なので、とても美味しい鮭を味わうことができる。 カニ料理はジュノーの港の有名なカニ料理が食べられる「TRACY'S KING CRAB SHACK」を訪れるとよい。

ゴールドラッシュ

ケチカン、ジュノー、スキャグウェイは、アラスカの歴史に欠かせないゴールドラッシュに湧いた土地なので、こレラの寄港地を訪れる際には過去のゴールドラッシュの歴史に触れる事ができる。

インサイドパッセージ

グレイシャー・ベイ、ジュノー、ケチカン、シトカ、スキャグウェイが主な寄港地となるインサイド・パッセージは、アラスカの内側通路、つまりクルーズや船が通航する「内側航路」のこと。 アラスカの中でも温暖なエリアで、レイン・フォレストと呼ばれる森にはベリーなどが豊富に実り、それを食べるために熊も生息しているような、動物たちにとって食料が大変豊かなエリアである。 また、暖流の影響で鮭が大量に採れるため、元々トリンギット族、ハイダ族などの先住民が住んでいた。 インサイド・パッセージは、クジラ、ハクトウワシ、トド、シャチや熊など野生動物の住処であり、今でもアラスカの文化を感じつつ、大自然の中で動物に出会える唯一無二なエリアであることは間違いない。

アラスカクルーズで見られる動物

シャチ、クジラ、ラッコ、アホウドリ、ライチョウ、マウンテンゴート、ドールシープ、ゴールデン・イーグル、シノリガモ、ハクトウワシ、ワタリガラス、マグパイ、トド、フクロウ

お勧めのお土産

ネイティブ手作りのメッセージが刻まれているバングル、ドライサーモン

ニュース

乗船履歴・口コミ

ブログ記事

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン