Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   クロワジー・ヨーロッパ   >   MSラファイエット   >   特集記事   >   クロワジー・ヨーロッパでいくリバークルーズ乗船レポート2018   >   【乗船Day3】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート(コッヘム・モーゼル川)

【乗船Day3】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート(コッヘム・モーゼル川)

【乗船Day3】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート(コッヘム・モーゼル川)

1976年にジェラルド・シュミッター氏(Gerard Schmitter)により創業されたクロワジー・ヨーロッパ(Croisieurope)。
45隻のリバークルーズ客船と、オーシャン客船1隻を保有し、本社はフランス・ストラスブールで、フランスにベースを置き、ヨーロッパでは老舗のリバークルーズ会社として知られています。

2018年7月2日〜7月7日「客船ラファイエット」(MS LAFAYETTE)での実際の乗船の様子を、レポートします。
今回乗船した航路は、クロワジー・ヨーロッパの本社所在地でもあるフランス・ストラスブールを出発し、ドイツ・中央都市のフランクフルト、モーゼル川の街コッヘム、モーゼル川とライン川の合流地点コブレンツ、つぐみ横丁で有名なリューデスハイム、大学都市のマンハイム、そしてストラスブールに戻るというものです。

なんといっても「ライン川」「モーゼル川」「マイン川」の3つの川を楽しめるという、まさにリバークルーズの贅沢さが詰め込まれた航路です。

特にライン川の流域自体が世界遺産になっており、コブレンツ〜リューデスハイムの川沿いは休む暇がないほどに古城や村々が現れ、牧歌的な景色が楽しめるので、飽きることがありません。

リバークルーズが初めての方にも、またはライン川から、ドイツの歴史的古城を余すことなくゆったりと楽しみたいという思いのある、クルーズ自体が初めての方にも乗船していただき、満足していただけそうな航路であると感じました。

◆【乗船Day3】では、コッヘム寄港(モーゼル川)の様子をレポートします。

シリーズ
クロワジー・ヨーロッパでいくリバークルーズ乗船レポート2018

3日目:7月4日(水)

朝食

朝食は基本的に毎日7:30から9:00でブッフェ

午前中

ゆったり、デッキで景色を楽しみます。

くつろいでいると、ドリンクを勧めに来てくれます。ビールやカクテル、ジュースやコーヒーが無料なので、遠慮なくオーダーしましょう。 デッキで景色を見て過ごしていると、「お飲み物はいかが?」と声をかけてくれます デッキで景色を見て過ごしていると、「お飲み物はいかが?」と声をかけてくれます

ランチ

ブッフェ クルーがお好きなものを取り分けてくれます クルーがお好きなものを取り分けてくれます

パンも忘れずに パンも忘れずに

デビルド・エッグもトマトもカラフル! デビルド・エッグもトマトもカラフル!

お昼からローストビーフいきましょう お昼からローストビーフいきましょう

チーズは欠かせませんね チーズは欠かせませんね

好きなものだらけの一皿になりました 好きなものだらけの一皿になりました

デザートもお忘れなく! デザートもお忘れなく!

モーゼル川を眺めながら過ごす時間

次々に現れるワイン畑を横目に過ごす船上での時間はとても贅沢ですね 次々に現れるワイン畑を横目に過ごす船上での時間はとても贅沢ですね

モーゼルワイン越しのワイン畑も撮ってみたくなります モーゼルワイン越しのワイン畑も撮ってみたくなります

コッヘム入港(14:00)

コッヘムのドッグに着きました コッヘムのドッグに着きました

コッヘム城観光ツアー

コッヘム城観光ツアーに参加します。バスで移動です。 コッヘム城観光ツアーに参加します。バスで移動です。

けっこうな山の上にあるように思えます けっこうな山の上にあるように思えます

30分くらいバスに揺られて到着しました(バス酔いする方は、酔い止めが必要だと思います) 30分くらいバスに揺られて到着しました(バス酔いする方は、酔い止めが必要だと思います)

ワンちゃんたちも一緒に入場観光しました ワンちゃんたちも一緒に入場観光しました

売店でモーゼル川のマップを買いましょう 売店でモーゼル川のマップを買いましょう

コッヘム城からの旧市街の眺め コッヘム城からの旧市街の眺め

約1時間ほどの観光で、バスで船に戻るか、コッヘム城から徒歩で戻るか、自由に選べます。

一旦船に戻ってから、旧市街を散策にいきます。

港の目の前の橋を渡れば旧市街で、徒歩10分ほどで着きます。

旧市街も散策すると楽しいです 旧市街も散策すると楽しいです

絵になる街角です 絵になる街角です

LAFAYETTEの隣に停泊する「シーニック・オパール」

リバークルーズは、トップシーズンにはたくさんのクルーズで港がいっぱいになります。今回も、様々な船とすれ違いました。 高級リバークルーズ客船「シーニック・オパール(SCENIC OPAL)」 高級リバークルーズ客船「シーニック・オパール(SCENIC OPAL)」

散策を終えて、船に戻ります。

夕食

Wild boletus mushroom cappuccino  (ポルチーニ、マッシュルーム・カプチーノ) Wild boletus mushroom cappuccino (ポルチーニ、マッシュルーム・カプチーノ)

Leek quiche(ネギのキッシュ) Leek quiche(ネギのキッシュ)

Authentic veal stew Pilaf rice and sliced carrots(仔牛のシチューとピラフ) Authentic veal stew Pilaf rice and sliced carrots(仔牛のシチューとピラフ)

Crepe Suzette(クレープシュゼット) Crepe Suzette(クレープシュゼット)

本日は停泊、翌朝7:00に出港です。

記事のシェアをお願いします

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン