Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   クロワジー・ヨーロッパ   >   MSラファイエット   >   特集記事   >   クロワジー・ヨーロッパでいくリバークルーズ乗船レポート2018   >   【乗船Day6】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート(マンハイム/ライン川)

【乗船Day6】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート(マンハイム/ライン川)

【乗船Day6】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート(マンハイム/ライン川)

1976年にジェラルド・シュミッター氏(Gerard Schmitter)により創業されたクロワジー・ヨーロッパ(Croisieurope)。
45隻のリバークルーズ客船と、オーシャン客船1隻を保有し、本社はフランス・ストラスブールで、フランスにベースを置き、ヨーロッパでは老舗のリバークルーズ会社として知られています。

2018年7月2日〜7月7日「客船ラファイエット」(MS LAFAYETTE)での実際の乗船の様子を、レポートします。
今回乗船した航路は、クロワジー・ヨーロッパの本社所在地でもあるフランス・ストラスブールを出発し、ドイツ・中央都市のフランクフルト、モーゼル川の街コッヘム、モーゼル川とライン川の合流地点コブレンツ、つぐみ横丁で有名なリューデスハイム、大学都市のマンハイム、そしてストラスブールに戻るというものです。

なんといっても「ライン川」「モーゼル川」「マイン川」の3つの川を楽しめるという、まさにリバークルーズの贅沢さが詰め込まれた航路です。

特にライン川の流域自体が世界遺産になっており、コブレンツ〜リューデスハイムの川沿いは休む暇がないほどに古城や村々が現れ、牧歌的な景色が楽しめるので、飽きることがありません。

リバークルーズが初めての方にも、またはライン川から、ドイツの歴史的古城を余すことなくゆったりと楽しみたいという思いのある、クルーズ自体が初めての方にも乗船していただき、満足していただけそうな航路であると感じました。

◆【乗船Day6】では、マンハイム寄港(ライン川)の様子をレポートします。

シリーズ
クロワジー・ヨーロッパでいくリバークルーズ乗船レポート2018

6日目:7月7日(土)

朝食 朝食は基本的に毎日7:30から9:00でブッフェ

午前中

ランチ

Deviled eggs(デビルド・エッグ) Deviled eggs(デビルド・エッグ)

Cod fish filet in aniseed sauce Agnoletti stuffed with lobster,ratatouille(たらのアニスソースかけとロブスターのアグノロッティにラタトゥイユを添えて) Cod fish filet in aniseed sauce Agnoletti stuffed with lobster,ratatouille(たらのアニスソースかけとロブスターのアグノロッティにラタトゥイユを添えて)

Pineapple kebab with vanilla syrup and coconut ice cream(パイナップルケバブのバニラシロップかけとココナッツアイス) Pineapple kebab with vanilla syrup and coconut ice cream(パイナップルケバブのバニラシロップかけとココナッツアイス)

マンハイム入港

単独でドッグに入りました。 ハイデルベルク城入場観光、フニクラ、ハイデルベルク市内観光のツアー(約3時間) まずはバスに乗ってハイデルベルク城へ向かいます。(バスは片道約30分ほど) 今日も天気がいいですね 今日も天気がいいですね

フランス語ツアーと英語ツアーに分かれました フランス語ツアーと英語ツアーに分かれました

バスで30分ほどで、ハイデルベルク城に到着、ガイドさんと合流 元のお城の形を想像する楽しみ 元のお城の形を想像する楽しみ

けっこうな山の上にあるので、お城から旧市街を眺めると良い景色です けっこうな山の上にあるので、お城から旧市街を眺めると良い景色です

その後、フニクラ(ロープウェイ)に乗って、橋の付け根あたりの旧市街まで降りていきます

ベストシーズンなので世界中から観光客が訪れています ベストシーズンなので世界中から観光客が訪れています

先程まで私達がいたハイデルベルク城が見えます 先程まで私達がいたハイデルベルク城が見えます

約1時間ほど、旧市街を観光し、橋の上でガイドさんと分かれます 約1時間ほど、旧市街を観光し、橋の上でガイドさんと分かれます

全部で約2時間ほどでハイデルベルク城、フニクラ乗車、旧市街観光を終えたら、フリータイム。その後はバスのピックアップ場所集合です。

日本でも人気のLAMY屋さんもありました 日本でも人気のLAMY屋さんもありました

バスのピックアップ場所はツーリスト・オフィス前のロータリーで分かりやすいです 複数のリバークルーズのオプショナルツアーの待ち合わせ場所にもなっていました 複数のリバークルーズのオプショナルツアーの待ち合わせ場所にもなっていました

最終日前夜

いよいよ、本日が船上で過ごす最後の夜となりました。 そして本日はガラ・ディナー。夕食の前にバーに集まります。

シャンパンが振る舞われます。 シャンパンが振る舞われます。

バーに集合です。 バーに集合です。

明日の下船の案内も一緒におこなわれます 明日の下船の案内も一緒におこなわれます

船長、クルーズディレクター、シェフが集合。今日までのクルーズの無事を祝って乾杯! 船長、クルーズディレクター、シェフが集合。今日までのクルーズの無事を祝って乾杯!

船長、ありがとうございました。 船長、ありがとうございました。

ガラ・ディナーの様子

ガラ・ディナーは女性はワンピースなど、男性はシャツなどで、普段より少しだけオシャレをして参加します。 ガラ・ディナー用にオシャレをしてにっこり、ステキなお客様たち ガラ・ディナー用にオシャレをしてにっこり、ステキなお客様たち

ポロシャツで参加のお客様もいました。 ポロシャツで参加のお客様もいました。

ガラ・ディナー用のテーブルは良い雰囲気です。 ガラ・ディナー用のテーブルは良い雰囲気です。

毎日明るい笑顔で動き回ってきたアレクサ。本日はドレス姿でとびきり可愛いです 毎日明るい笑顔で動き回ってきたアレクサ。本日はドレス姿でとびきり可愛いです

クルーもガラ・ディナー用の制服です クルーもガラ・ディナー用の制服です

クルーは若くて一生懸命でとても好感が持てます。 クルーは若くて一生懸命でとても好感が持てます。

いつもはじける笑顔で接客してくれるヴィヴィアンさん。本当にかわいい! いつもはじける笑顔で接客してくれるヴィヴィアンさん。本当にかわいい!

ガラ・ディナー・メニュー

Lobster soup(ロブスター・スープ) Lobster soup(ロブスター・スープ)

Duck foie gras(鴨のフォアグラ) Duck foie gras(鴨のフォアグラ)

spiced caramel sause-brioche roll
Veal steak with shallots and tarragon
Mashed Vitelotte potatoes(仔牛のステーキ スパイスキャラメルと紫イモのマッシュポテト) spiced caramel sause-brioche roll Veal steak with shallots and tarragon Mashed Vitelotte potatoes(仔牛のステーキ スパイスキャラメルと紫イモのマッシュポテト)

fries and vegetables Grandma's reblochon pastry(ルブロションパイ) fries and vegetables Grandma's reblochon pastry(ルブロションパイ)

Baked alaska with Grand Marnier(ベイクド・アラスカ) Baked alaska with Grand Marnier(ベイクド・アラスカ)

明日は下船日、ストラスブールに9:00到着後、下船します

◆下船のための準備 下船後の動きによって、リボンの色でグループ分けされます。

たとえばタクシーで帰るグループは今回は黄緑色のリボンをスーツケースに結びます。 翌朝の8:30までに、スーツケースをお部屋の外に出すだけでOKです。 リボンの色が大事です リボンの色が大事です

記事のシェアをお願いします

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン