Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   クロワジー・ヨーロッパ   >   MSラファイエット   >   特集記事   >   クロワジー・ヨーロッパでいくリバークルーズ乗船レポート2018   >   【乗船Day7】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート(ストラスブール下船)

【乗船Day7】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート(ストラスブール下船)

【乗船Day7】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート(ストラスブール下船)

1976年にジェラルド・シュミッター氏(Gerard Schmitter)により創業されたクロワジー・ヨーロッパ(Croisieurope)。
45隻のリバークルーズ客船と、オーシャン客船1隻を保有し、本社はフランス・ストラスブールで、フランスにベースを置き、ヨーロッパでは老舗のリバークルーズ会社として知られています。

2018年7月2日〜7月7日「客船ラファイエット」(MS LAFAYETTE)での実際の乗船の様子を、レポートします。
今回乗船した航路は、クロワジー・ヨーロッパの本社所在地でもあるフランス・ストラスブールを出発し、ドイツ・中央都市のフランクフルト、モーゼル川の街コッヘム、モーゼル川とライン川の合流地点コブレンツ、つぐみ横丁で有名なリューデスハイム、大学都市のマンハイム、そしてストラスブールに戻るというものです。

なんといっても「ライン川」「モーゼル川」「マイン川」の3つの川を楽しめるという、まさにリバークルーズの贅沢さが詰め込まれた航路です。

特にライン川の流域自体が世界遺産になっており、コブレンツ〜リューデスハイムの川沿いは休む暇がないほどに古城や村々が現れ、牧歌的な景色が楽しめるので、飽きることがありません。

リバークルーズが初めての方にも、またはライン川から、ドイツの歴史的古城を余すことなくゆったりと楽しみたいという思いのある、クルーズ自体が初めての方にも乗船していただき、満足していただけそうな航路であると感じました。

◆【乗船Day7】では、ストラスブール下船の様子をレポートします。

シリーズ
クロワジー・ヨーロッパでいくリバークルーズ乗船レポート2018

6日目:7月8日(日)

朝食 朝食は基本的に毎日7:30から9:00でブッフェ

下船

本日はとうとう下船日、下船のためにやることは4つです。 海の大きなクルーズとは違い、下船日当日に下船準備をおこなっても十分間に合うくらいです。 9:00までにお部屋を空ける必要がありますが、タクシーや送迎が来るまでは原則船のバーなどで待っていることができます。

  1. 昨日夜に配られたリボンをスーツケースに結び、8:30までにお部屋の外に出す
  2. チップの袋が配られるので、それに1日5〜10ユーロ(目安)X乗船日のチップを入れる
  3. イヤホンガイドをレセプションへ持っていく
  4. 下船時にカードキーを返却する

リボンの色で仲間分けされたスーツケースをお部屋の外に出します リボンの色で仲間分けされたスーツケースをお部屋の外に出します

バスで送迎のグループのスーツケース バスで送迎のグループのスーツケース

テントで家族の迎えを待つお客様 テントで家族の迎えを待つお客様

とうとう下船です。LAFAYETTEありがとう〜 とうとう下船です。LAFAYETTEありがとう〜

ラウンジ

クロワジーは、ストラスブール港に、初日の乗船前にキャビンが用意されるのを待つことができるラウンジがあります。 今回乗船前には時間がなくて利用することができなかったのですが、下船後に見学させてもらいました。

ラウンジの外観 ラウンジの外観

ビビットなピンクがとってもハイセンスオシャレ!! ビビットなピンクがとってもハイセンスオシャレ!!

ゲームをしながら待つのもいいですよね ゲームをしながら待つのもいいですよね

外のベンチもオシャレー! 外のベンチもオシャレー!

その後、タクシーでストラスブール駅へ(乗車15分) 奇抜なデザインで目立つ駅です 奇抜なデザインで目立つ駅です

ストラスブール駅から徒歩でストラスブール大聖堂へ

(徒歩で約15分) ルフトハンザ・エアポート・バスを予約していたので、バスの出発の時間までストラスブール大聖堂を見学です

グーテンベルク広場

途中、クリスマスには有名なクリスマスマーケットとなるグーテンベルク広場が見えてきます 途中、クリスマスには有名なクリスマスマーケットとなるグーテンベルク広場が見えてきます

ストラスブール大聖堂

ひと目大聖堂を見ようと、大勢の観光客。 ひと目大聖堂を見ようと、大勢の観光客。

ストラスブール駅に戻ります。

ルフトハンザ・エアポート・バスでフランクフルト空港へ

ルフトハンザアプリでペーパーレスに乗車

アプリでチェックイン、乗車券の代わりとなります アプリでチェックイン、乗車券の代わりとなります

ストラスブール駅のルフトハンザ・エアポート・バス乗り場を探します

ちいさなバスの看板が建てられていました ちいさなバスの看板が建てられていました

待つ場所には屋根などがないので、暑い日、寒い日など注意です 待つ場所には屋根などがないので、暑い日、寒い日など注意です

ドライバーさんにこの画面を見せて乗車です ドライバーさんにこの画面を見せて乗車です

4列シートのバスです 4列シートのバスです

その後、フランクフルトから帰国しました。

( 取材協力:クロワジーヨーロッパ日本総代理店JEIBA

記事のシェアをお願いします

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン