Cruisemans | クルーズ旅行の口コミサイト サイトからの予約&口コミ投稿で、旅行代金の3%分のポイント(現金化可能)をプレゼント!
Cruisemansトップ   >   特集記事   >   第5回 クルーズセミナー in 高松   >   クルーズセミナー in 高松 (3/3) 良い時期に良いところへ

クルーズセミナー in 高松 (3/3) 良い時期に良いところへ

クルーズセミナー in 高松 (3/3) 良い時期に良いところへ

8月4日(土)、香川県の高松にて「第5回クルーズセミナー in 高松」がおこなわれた。

今回で5回目となる香川県主催の本クルーズセミナーは、香川県内のクルーズ人口を増加させ、高松港および日本のクルーズ振興を図ることを目的としたもの。

今年度より香川県の「クルーズ客船誘致アドバイザー」に就任したマーキュリートラベル代表の東山氏を始めとし、ICM(インターナショナル・クルーズ・マーケティング)、オーシャニアクルーズ、オーバーシーズトラベル、ゲンティンクルーズライン、ノルウェージャンクルーズライン、郵船クルーズ、リージェントセブンシーズクルーズの代表者が勢揃いし、セミナー後半のパネルディスカッションでは自社のクルーズ客船の特徴やクルーズ旅行の魅力を語った。

会場となった定員180名の「かがわ国際会議場」は、満席状態。

近年の中国を始めとするアジア配船の外国船クルーズ客を、地元の観光名所の宣伝によって取り込むような「インバウンド志向」だけではなく、日本各地のクルーズ関心度を高め、クルーズ客を発掘しようとする「アウトバウンド志向」によるクルーズ振興。

パネルディスカッションの第2部のテーマは「世界のクルーズエリアへご案内」

シリーズ
第5回 クルーズセミナー in 高松

世界のクルーズエリアへご案内

香川県の担当者 それではお時間となりましたので、引き続きパネラーの皆様から「世界のクルーズエリアへご案内」をテーマにディスカッションをお願いしたいと思います。本郷様、よろしくおねがいします。

本郷 はい、改めましてこんにちは。本郷です。

第2部は「世界のクルーズエリアへご案内」ということで、日本発着クルーズが最近増えていますけども、良い時期に良いところ(エリア)に行って頂くことが大切です。

ちょうど春から秋、10月くらいにかけては、北欧とか地中海、あとはアラスカとかカナダ、この辺が良い時期ですね。

あと、これから10月、11月くらいになると、アジア、ハワイ、オーストラリア、ニュージランド、あとは南米、パナマ、カリブ海、そいういったエリアが良い時期になってきます。

カリブ海は9月10月はハリケーンがきますね。だからこの時期はあまりカリブ海に船がないですね。だいだいハリケーンが終わった時期にどーんと色んな船がカリブ海に集まります。

それでは皆さんにも各エリアの魅力を聞いていきたいと思います。

地中海、エーゲ海

本郷 まずですね。地中海、エーゲ海から。

この写真はポナンだから東山さんですね。ではポナンで行く地中海、エーゲ海のお話を東山さんお願いします。

東山 はい、これはギリシャのコリントス運河という運河なんですね。簡単にいうと、ベニスから南のアドリア海からエーゲ海に最短距離でいくために昔、掘ったんですよね。だいたい4.6キロくらいで、1時間くらいかけていきます。

昔は実用のために掘ったんですよ。通るとすごいエキサイティングですよね。当然大型船では通れないですよね。だから(ポナンのような)スモールシップは大型船では行けない所へお連れするのがウリなんで、こういう所をあえて通ってるんですよね。だからこれはスモールシップの地中海というウリですね。

本郷 キール運河なんかも行きますよね。

東山 はい。ドイツのキール運河、すごく綺麗ですよね。

本郷 では続きまして今川さんどうぞ。

今川 はい。シルバーシークルーズも世界中を運行していまして、日本にも寄港するんですけれでも、だいたい4割くらいのお客様が地中海のクルーズに乗られております。

本郷さんもおっしゃってましたが、良い時期というのは観光に良い時期というのもありますが、後はやはり海の状態が良い時期というのが大切です。真夏は暑いんですけれども、だいたい5月の末から7月くらいかな、本当に波がないんですよね。

本郷 海の色も違いますよね。

今川 はい、海の色も違いますし、小型船なので揺れるんじゃないかと心配される方もいらっしゃるんですけれども、小型の船であっても(波が無いので)本当に揺れないです。なので、揺れが心配な方、はじめてのクルーズは是非、地中海を選んでください。

そして大型船の場合は、割と同じコースを繰り返し行なっていることがおおいんですが、シルバーシーや先ほどのポナンさんは、一本一本コースが違うので、トルコからポルトガルまで色々なコースがあります。そして小さな港にも入れますので、先程のコリントス運河もですけれども、例えばイタリアのチンクエ・テッレやベニスもそうですし、アドリア海の小さな港とか、本当に地中海は何回行っても行き尽くせない数の港がありますので、ベストシーズンに行く地中海クルーズ、おすすめです。

本郷 暑くない時期となるといつくらいですかね?

今川 やっぱり6月くらいがベストかと思います。ただ、空気はそれほど暑くなくても、日差しは強いので、サングラス、防止、日焼け止めはマストです。

本郷 はい、本当にベストシーズンの地中海おすすめです。冬場に地中海にいってる船会社もあるんですね。やすいです。でも揺れます。あまり大きい声では言えないけれども、1月に地中海クルーズ、怪しいと思ってください。

北欧、バルト海

本郷 次に、北欧、バルト海いきましょう。

良いですね、今日の高松の暑さを忘れさせてくれます(この日の高松は37度)。では森田さんお願いします。

森田 はい、私共、リージェントセブンシーズ、オーシャニアそれぞれなんですけれども、リージェントセブンシーズはスモールシップ、オーシャニアはミドルクラスになっています。ですので、非常に小さな港にも機動力を持って寄港することが可能です。

北欧といっても2種類ありまして、ひとつはノルウェーのフィヨルドといったところを中心に回ります北海のツアー、もうひとつは、コペンハーゲンとかストックホルムの方からバルト海を通って、ロシアのサンクトペテルブルクまで行くコースがございまして、私共はこの北欧のコースの人気が非常に高まっております。

ロシアに行く時なんですけれども、観光で行かれる場合は必ずビザが必要になるんですけれども、クルーズで寄港地観光に行く場合はビザの申請が不要なんですね。通常ですね、ご自身でビザを取ろうとすると、宿泊ホテルの証明書の取得とか非常に時間がかかるんですけれども、クルーズでロシアに行って頂く場合は、様々な寄港地を回りながら、更にビザも必要なくお楽しみ頂けるとのことで、まさにクルーズならではの魅力なのかなと思います。

あとは北欧のフィヨルドの方も夏の時期は「白夜」をお楽しみいただけます。日本では体験できない、夜も真っ昼間のように明るいわけでは無いんですけれども、薄明るい中で夜をお過ごしいただくということで、いつまでも明るいので飲み過ぎには注意ですけれでも、そういった北欧の体験を、ぜひクルーズでお楽しみいただければと思います。

本郷 はい、飲み過ぎないように気をつけます。こういう自然を見るクルーズ、あまりピンと来ないんですけれでも、行ってみたら本当に良かったと評判がすごく良いです。

カナダ、ニューイングランド

本郷 では続きまして、ヨーロッパから飛びまして、アメリカ方面。日本でもこれから紅葉になりますが、カナダも紅葉がとても雰囲気がいいです。遠藤さん、お願いします。

遠藤 はい、こちらはクリスタル・シンフォニーがニューヨークのブルックリンの橋の下を渡っている写真です。

毎年シンフォニーは9月の終わりから10月いっぱい、紅葉のカナダクルーズをやっております。とても良い時期にニューヨークからモントリオールというような乗下船地になっております。

ニューヨークは皆様この時期に行かれると、もともとホテルは最高に高いんですけれでも、この時期は更に最高潮に高くなっちゃうんですね。それをクルーズ船をホテル代わりにしながら、カナダのローレンシャン高原とか、赤毛のアンのプリンスエドワード島などを巡って頂けるコースがございます。

その他にも、アメリカってけっこう魅力的な所があります。船でしか行けないようなパナマ運河とか、アメリカの西海岸の方もコース的には地味なんですけれども、ロサンゼルス発着のコースもあります。サンフランシスコも本当に港が綺麗です。

クリスタルも全世界に寄港しますけれども、「ベストなシーズンにベストな海域に行く」という船でございます。

本郷 実はホーランドアメリカラインも5月くらいから9月くらいまで、カナダ、ニューイングランドに行ってるんです。アメリカ人にも非常に人気でして、春は春で花が綺麗で、秋はさきほどお話したように、9月末から10月、ちょっと最近、カナダは紅葉の時期がずれていて9月末だとちょっと早いかもしれませんが、10月に入ると紅葉が綺麗です。ニューヨークからぐるっと回って、最後、ケベック、モントリオールまで行くクルーズがお勧めの1つかなと思います。

アラスカ

本郷 では次ですね、私の方からアラスカクルーズを。

アラスカクルーズ、良い点がありまして、日本から(飛行機で)行きやすい、バンクーバーとかシアトルから船がでます。さきほどのカナダの大変な所は東の方にいくんで、飛行機がちょっと長いんです。

さっきのフィヨルドもそうなんですけれども、やっぱり船じゃないと行けないような所に行くのが良いところです。

よく、お客様より(風景を見るためには)お部屋は右舷が良いんですか?左舷が良いんですか?と聞かれるんですが、この船は氷河の所にいくと360度ぐるっと回転してくれるんで、どっちでもいいんですね。

ここはグレーシャーベイ国立公園と言いまして、運次第ですが氷河の落ちるのが2〜3回見れて、あとは手前のほうで、クジラ、ラッコがいたりとか。だからアラスカに行くときは、安いものでいいので望遠鏡とか双眼鏡を持っていくと良いと思います。

他にアラスカにってる船会社さんありますか?

(4社手を挙げる)

4つもありますね。では、川崎さん、アラスカの良さを追加でお願いします。

川崎 ノルウェージャンはアラスカに、ブリスという16万トンクラスの船をデビューさせまして、アラスカ仕様にして、大きな船なんですけど少し細くしてですね、今まさにアラスカクルーズが始まったところです。

それから来年、姉妹船のジョイという船もアラスカに乗り出しまして、かなりアメリカ人にアラスカクルーズが人気で、本当に自然を見るクルーズです。ホーランドアメリカもノルウェージャンも良い船ですので、是非体験して頂きたいと思います。

ハワイ

本郷 では次にハワイ。クルーズではなくても人気の場所なんですけれども、特にこの船は他の船会社も良いなぁと思っています。川崎さん、お願いします。

川崎 ハワイはご存知の通り、常夏なので一年中良い時期なんですよね。そんな中で、ノルウェージャンクルーズは、プライド・オブ・アメリカという、すごい名前なんですけれども、この船一隻しかハワイ4島巡りを行なっておりません。

実は「カボタージュ」というルールがありまして、例えば日本国内クルーズだと、(外国客船の場合)1箇所必ず海外をワンタッチしなければならないんです。台湾だとかソウルだとかロシアだとか。

ハワイ4島巡りをするに当たって、アメリカにもそのルールがありまして、ハワイから他の国に行くにはとても時間がかかるので、敢えてこの船をアメリカ船籍にしております。そうすることによって国内のホノルルから出て、マウイ島、ハワイ島、カウアイ島を巡るクルーズを毎週土曜日出発で行なっております。

(当社で)ノルウェージャンクルーズを販売しだして3年目なんですけれども、やはりこのハワイ島巡りのプライド・オブ・アメリカが一番人気です。

これまでハワイに行かれた方は多いと思いますが、是非クルーズでのハワイ島巡りを体験頂きたいと思います。

本郷 本当にハワイ発着というのはこの船だけなんです。ホーランドアメリカもハワイに行くコースはあるんですけれども、そういうルール(カボタージュ)があるので、実はサンディエゴとかロサンゼルスからハワイをぐるっと回って返ってくるコースになるので、だいたい16泊とか17泊とかになります。このノルウェージャンだけはハワイを満喫できるクルーズがあります。

アジア

本郷 次は、これは香港ですかね。アジアのクルーズ。一番行きやすいクルーズ。山本さんお願いします。

山本 はい、私共の船は2泊からご案内しております。香港、シンガポール発着で、週末2泊のウィークエンドクルーズをおこなっております。お休みをなかなか取れない方もいらっしゃると思うんですけれども、金曜日に飛行機で香港に行って頂いて、金、土、日のクルーズに乗ってもらうことが出来ます。それからシンガポール発は2泊、3泊、5泊で用意しておりまして、ペナン、プーケット、バリ島、ミャンマー、マラッカ海峡などにいきます。

アジアの航路の一番の魅力は移動時間が短いこと。日本からですと3時間から4時間で直行便なら香港に行けると。シンガポールだと7時間くらい。つまりお休みが取れない現役世代の方もお楽しみ頂けるというのが大きな特徴かと思います。

日本発着

本郷 はい、山本さんありがとうございます。ちなみにこの中で2018年、2019年と日本発着ありますよという船会社さんいらっしゃいますか?

(各社、手を挙げる)

うわ!多い。誰か話したい人!

では、川崎さんお願いします。

川崎 ノルウェージャンクルーズは今年初めて日本発着をゴールデンウィークに行いまして、横浜発着で沖縄の方に行きました。今年は阪急交通社のチャータークルーズだったんですけれども、来年も4月に来ますので、是非ご乗船頂ければと思います。

本郷 実はですね、来年夏にホーランドアメリカのマースダムという船が横浜発着を行いまして、ここ高松にもちょうど来年の今日、8月3日に寄港するんですけれども、ちょうど先週(ホーランドアメリカの本社より)OKをもらいまして、この高松から乗船することができます。高松から乗って横浜で終わるんですけれども、10泊くらいでちょっと長いんですけれども、高松乗船、横浜下船というクルーズがありますので、たぶん秋口より高松の市内の旅行会社にそういったパンフレットが並ぶと思いますので、楽しみにしてください。

ここまで各エリアについて説明をしてきましたが、是非、良い時期に良い所に行ってもらえればと思います。

終始パネラーの提案に頷きながらパンフレットなどを確認するお客様もいた 終始パネラーの提案に頷きながらパンフレットなどを確認するお客様もいた

最後に一言づつ

では最後に皆さんから一言づつ頂きたいと思います。まずは今川さんお願いします。

今川 カジュアルからラグジュアリーまで船がございまして、それぞれに良さがあります。必ずしも高い船が良いという訳ではございませんので、例えばお子さん連れであればカジュアル船の方が楽しんで頂けるかもしれませんし、ご夫婦の記念であれば、初めてのクルーズであってもラグジュアリー船でも全然アリだと思いますので、是非まず一度乗って頂ければと思います。

本郷 森田さんお願いします。

森田 今日はリージェントセブンシーズとオーシャニアクルーズのお話をさせて頂きましたけれども、実は私がこの日本支社として着任しましたのが昨年の3月からになります。まだ1年強の活動の中で、急速に日本の方にもご利用が増えております。また、添乗員の方にもお乗り頂く機会が増えているんですけれども、非常に気に入って頂いて、自分の夏休みにお仕事以外でも選んで頂く場合が多々ございます。非常に日本の方にもご満足頂ける船としてご利用頂いております。そして、そのお陰でですね、ちょうど今週決まったばかりで、まだご案内できてないんですけれども、来年の夏のヨーロッパですね、リージェントセブンシーズ、オーシャニアクルーズ、共にですね、日本語対応可能なスタッフがヨーロッパで乗船することになっております。日本の方向きのサービスも充実してきておりますので、是非ご利用よろしくお願い致します。

本郷 川崎さんお願いします。

川崎 ノルウェージャンクルーズは世界中に配船しております。乗って頂いた方に「楽しいじゃん!良いじゃん!ノルウェージャン!」と、そんなふうに言って頂けると思います。

(会場苦笑)

海外クルーズ、ちょっと飛行機に乗って行くのは億劫だなと思われる方は多いと思うのですが、ちょっと我慢して頂ければ、ゆっくりとした船旅を満喫いただけると思いますので、是非経験して頂きたいと思います。ノルウェージャン、よろしくお願いいたします。

本郷 山本さんお願いします。

山本 ゲンティンという事で皆さんちょっと耳慣れないんですけれども、スタークルーズをずっとやってまして、スタークルーズとドリームクルーズを2つのブランドでやっています。シンガポール、香港、台湾、いろいろ気軽に乗れる船です。

セミナーで色々な会場に行くんですけれども、私達がよくお会いするのがですね、初めて乗った船はスーパースター・ヴァーゴだったよというお客様が非常に多いんです。(スーパースター・ヴァーゴは)今は中国から日本き来たりしてますけれども、ヴァーゴに乗って、ドリームに乗って、ノルウェージャンに乗って、それから地中海の船に乗って、と、そういうステップを踏まれるお客様が非常に多いと思います。そういうクルーズの入り口としてスタークルーズ、ドリームクルーズに乗って頂ければと思います。よろしくお願いいたします。

本郷 遠藤さんお願いします。

遠藤 今日は皆様お越し頂きありがとうございます。クリスタルクルーズは元飛鳥Ⅱであるクリスタル・ハーモニーの姉妹船であって、日本のお客様に最もリラックスしてご乗船頂ける船ですということを是非覚えて頂ければと思います。

更にクリスタルクルーズ、2016年からリバークルーズを開始しております。昨年ですね、ちょうど(このイベントで)公演された上田寿美子さんに乗船してもらったクリスマス・マーケットというクルーズだったんですけれども、「マツコの知らない世界」という地上波で放映されまして、こちらもとても人気がございます。

更にクリスタルは小さいヨットなんかもございまして、今ちょうどドイツの造船所で作ってるんですけれども、2020年、クリスタル・エンデバーという二万トンの船が就航いたします。オリンピック終了翌日の8月10日から横浜から出て3クルーズ、日本の周りを航海します。そのクリスタル・エンデバーが9月にワンナイトで高松にも入りますので、是非皆様にもご覧いただけたらと思います。

本郷 最後、東山さんお願いします。

東山 はい、今日はどうもありがとうございました。最近クルーズを販売してて感じるのはやっぱり日本は高齢化が進んでるなとすっごい感じるんですよね。高齢化が進むと、僕ら(が売ってるのは)は外国船なんで、飛行機に乗ってクルーズをするというケースが多いんですよ。その長い飛行機が皆さん辛いとおっしゃるんですよね。ですから皆さん、(日本のクルーズ旅行者の)アベレージよりも全然お若いので、今のうちに遠くのクルーズに是非行って欲しいんですよね。地中海とか、アラスカもカリブ海も良いですよね。それで、(体力的に)しんどくなってから、近海のクルーズに行くのがよろしいんじゃないかなと思います。よろしくお願いします。ありがとうございます。

本郷 あっという間の時間で、もっと言いたいことはあるんですけれども、時間なので終わりにしたいと思います。

僕含めて今日7人がお話させて頂いた内容や、お渡ししたパンフレットを見て頂いて、じっくりご自身に合いそうなクルーズを選んで頂ければと思います。

長い時間でしたが、あっという間でした。本当に今日はありがとうございました。ご静聴ありがとうございました。

(会場拍手)

記事のシェアをお願いします

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン