Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   ホーランド・アメリカ   >   アムステルダム   >   特集記事   >   ホーランドアメリカ、客船アムステルダムでいくアラスカクルーズ乗船レポート2018   >   【乗船Day3】ホーランド・アメリカ、客船アムステルダム、ジュノー寄港

【乗船Day3】ホーランド・アメリカ、客船アムステルダム、ジュノー寄港

【乗船Day3】ホーランド・アメリカ、客船アムステルダム、ジュノー寄港

「ホーランド・アメリカ・ライン」(Holland America Cruise Line)は、1873年にオランダとアメリカの郵便、カーゴ、そして人々を輸送する客船会社「ダッチ・アメリカン・スティームシップ・カンパニー」(Dutch-American Steamship Company)として創業。当時の本社はオランダのロッテルダムであった。1872年10月15日に最初のクルーズ、ロッテルダム〜ニューヨーク15日間の航程を出港させた。1989年から親会社はカーニバル・コーポレーション(Carnival Corporation)となっている。


◆ 2018年9月16日〜9月23日「客船アムステルダム」(MS AMSTERDAM)によるシアトル発着の8日間のクルーズに乗船した際の様子をレポートします。



今回乗船した航路は、ホーランド・アメリカのベースとなるアメリカ・シアトルを出発し、8日間をかけてアラスカのグレーシャーベイや主要寄港地を巡る、アラスカ・インサイド・パッセージ・クルーズです。

アラスカといえば氷河、そして野生動物、そんなイメージが目の前でありのままに広がるのがインサイドパッセージの醍醐味。寄港地は、ハバードグレーシャー、シトカ、ケチカン、カナダのビクトリアで、アラスカのインサイドパッセージの決定版と言えるコースを選びました。

アラスカのクルーズは春〜夏にかけてシリーズとしておこなわれているため、今回乗船した9月16日発のコースは、客船アムステルダムがおこなう今年最後のアラスカクルーズです。

◆【乗船Day3】では、ジュノー寄港の様子をレポートします。

シリーズ
ホーランドアメリカ、客船アムステルダムでいくアラスカクルーズ乗船レポート2018

ジュノー(Juneau, Alaska)


ジュノー(Juneau, Alaska): アメリカ合衆国アラスカ州の都市で州都。アラスカのインサイド・パッセージの中心寄港地。もともとは原住民のトリンギット族が住んでいた。1880年にジョー・ジュノー、リチャード・ハリスが金の採掘を始め、土地の名前もジュノーとなった。


ジュノー寄港13:00/出港21:00

まずはビジターセンターで地図をもらいます まずはビジターセンターで地図をもらいます

アムステルダムはビジターセンターの目の前。便利なところに停まります。 アムステルダムはビジターセンターの目の前。便利なところに停まります。

水上飛行機も有名です 水上飛行機も有名です

素敵な格好で写真を撮りたくなりますよね 素敵な格好で写真を撮りたくなりますよね

ジュノーの街なか ジュノーの街なか

ドックの目の前に乗り場のある、トラムウェイ(ロープウェイ)も人気です。 ドックの目の前に乗り場のある、トラムウェイ(ロープウェイ)も人気です。

ウェステルダムもいました ウェステルダムもいました

ワンちゃんめちゃかわ ワンちゃんめちゃかわ

マウント・ロバーツ・トラムウェイ(ロープウェイ)

600mの高さまで乗客を運ぶ、マウント・ロバーツ・トラムウェイは、ジュノーを訪れたクルーズ旅行者にとても人気のアトラクション。

トラムがぐんぐん頂上まで乗客を運んでくれます。窓から見下ろす風景は絶景です。通常では見られない真上からの船の様子や、ジュノーの港に停まっている他の客船も見られて、とても面白いです。

頂上まで行くと展望台があるので、そこから風景を眺めるもよし、レストランで食事をするもよし。自由に過ごして、ご自身のよいタイミングで復路のトラムに乗り、港に戻ることができます。

トラムの頂上からはハイキング・コースが始まるので、ご自身のレベルに合わせてハイキングを楽しみましょう。

約1時間で往復してこられるコースもあり、いたるところに展望台があります。 山や海をじっくり観察して、鷲や山羊、リスなどの動物を探す、素晴らしい時間を過ごしましょう。

乗り場の隣にチケット・センターがあります 乗り場の隣にチケット・センターがあります

乗り込んで、出発です 乗り込んで、出発です

だんだん上がってきました だんだん上がってきました

あ!ノルウェージャン!ウォータースライダーが目立ちますね 〜! あ!ノルウェージャン!ウォータースライダーが目立ちますね 〜!

プリンセスまたどこかで… プリンセスまたどこかで…

この展望台は、トラムを降りてすぐなので歩くのが苦手でも大丈夫です この展望台は、トラムを降りてすぐなので歩くのが苦手でも大丈夫です

ハイキングへ進む前に、ネイチャー・センターがあります ハイキングへ進む前に、ネイチャー・センターがあります

空気がすごーく美味しいです 空気がすごーく美味しいです

ここの展望台でギブアップです ここの展望台でギブアップです

良い景色を楽しみました 良い景色を楽しみました

ジュノーで蟹を食べる

TRACY'S KING CRAB SHACK(トレイシー・キング・クラブ・シャック)

お店は目立つのですぐ分かります お店は目立つのですぐ分かります

港にあるポップな蟹のイラストの書いてあるお店、トレイシー・キング・クラブ・シャックは有名店で、行列になっています。

とても大きな蟹が食べられるので、世界中から観光客が集まっているようです。

茹でた蟹の足、クラブケーキ、ビスクのコンボは約39ドル。

注文した商品をウェイターが運んでくるときに、レジで聞かれた名前と出身地を大声で叫んでお客さんを探すので、本当に世界中から遊びに来ているんだなとしみじみ感じました。

クラブ・シャック・コンボ/約39ドル クラブ・シャック・コンボ/約39ドル

ただいま!なんだかホッとします ただいま!なんだかホッとします

記事のシェアをお願いします

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン