Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   シードリーム・ヨット・クラブ   >   特集記事   >   マーキュリートラベル クルーズロードショー 2019 Summer   >   シードリームヨットクラブ&ラグジュアリーシップ - 今年は良い船に乗るチャンス(2019 クルーズロードショー 第1部)

シードリームヨットクラブ&ラグジュアリーシップ - 今年は良い船に乗るチャンス(2019 クルーズロードショー 第1部)

シードリームヨットクラブ&ラグジュアリーシップ - 今年は良い船に乗るチャンス(2019 クルーズロードショー 第1部)

2002年設立のクルーズ専門エージェント、マーキュリートラベルがクルーズ・ロードショーを開催した。

同社の毎年恒例のイベントであるクルーズロードショーだが、今回は過去最大規模の全国8都市での開催となった。

今回のロードショーのテーマは「あたなに最適なクルーズの見つけ方」と題して、マーキュリートラベル代表の東山ほか、各登壇者が忖度なしの本音のトークで会場を楽しませた。

ロードショーは3部構成となっており、第1部は「シードリームヨットクラブ&ラグジュアリーシップ」、第2部は「ホーランドアメリカライン」、第3部は「フッティルーテン」。

★本記事は第1部の「シードリームヨットクラブ&ラグジュアリーシップ」についてお送りする。

2019年6月16日(日)@コートヤード・バイ・マリオットホテル東京ステーションホテル

シリーズ
マーキュリートラベル クルーズロードショー 2019 Summer

みなさま。こんにちは。マーキュリートラベル東山でございます。

今日は貴重なお休みの日曜日、お越しくださりありがとうございます。

今日は当社のイベントに初めてお越しくださっている方がいつもより多いようでありがたいです。

当社は旅行業なんですけれども、「船だけ」の専門の旅行会社なんですね。会社作って18年目になりました。

まだ日本でクルーズのお客さんって本当に少なくて、クルーズだけでやっていくっていうのはなかなか大変なんですけれども、当社はほとんどインターネットが主たる販売チャンネルなので、こうやってお客様と直接お会いする機会は無いんですね。

でもこうやって年に1回はこうやってお会いして、直接お話を伺っているとですね、やっぱり色々と発見があるんですよね。

去年までは年1回で、東京と大阪だけだったんですけども、今年からは年2回、6月と10月で、8都市で開催となりました。

今日は東京で60名近い方に来ていただきありがとうございます。でも福岡は4人でした(会場笑)。

何事も最初からはうまく行かないですよね。でも(当社の販売チャンネルが)インターネットなので全国にお客さんがいるんですね。海外にもいます。インターネットだからボーダレスよね。

本日のトピック

今日の内容は事前にホームページでも告知させていただいたんですけども、まずは「シードリームヨットクラブ」。

「シードリームヨットクラブ」ってご存知の方どれくらいいらっしゃいます?

(会場挙手)

よかった。思ったよりはいらっしゃいますね。

それから、やっぱりベストセラーは地中海とエーゲ海なんですよね。デスティネーションで言うならば。ただ、ちょっと視点を変えてですね、「こんな地中海とエーゲ海があるんですよ」というお話をします。

それから、「ホーランドアメリカライン

「ホーランドアメリカライン」をご存知の方どれくらいいらっしゃいます?

関係者は手を上げないように。(会場笑)

まあメジャーな会社ですからね。

それから、「フッティルーテン

「フッティルーテン」をご存知の方どれくらいいらっしゃいますか?

お、意外と多い。

それから、この「クルーズマンズ」っていうポータルサイトですね。

このサイトで今日のイベントをご紹介いただいて、すごいお申し込みが増えたんですよね。クルーズマンズ経由で当社のことを知っていただいた方も多いのではないかと思います。

それから、今ちょっと言えないんで後ほど申し上げますが、まあこういうイベントやると、色々と頼まれごとがございまして。

平たく言うと、売れ行きの良いクルーズもあれば、そうじゃないクルーズもあるわけですよね。

で、船会社のピンチは、皆さんのチャンスです。(会場笑)

あんまり激安情報とかは言わないようにしてるんですけど、まあ今日ちょっとくらいいいかな。

後ろ側にホーランドアメリカラインとフッティルーテンの方にも来ていただいてるので、お手元にも資料を用意してますけど、是非直接詳しいお話を聞いていただけばと思います。

特に今年はホーランドのアラスカの人気が高くてですね、相談とか質問とかあれば何でも聞いてください。

僕は他の旅行会社のクルーズ説明会とかには行ったことないんですけど、そういった所で紹介されているであろう普通のクルーズとはちょっと違う会社とか話が多いと思いますが、お聞きください。

シードリームヨットクラブ

つい先々週ですね、シードリームヨットクラブという会社の船に乗ってきました。

> 東山氏のシードリームヨットクラブ乗船時のレビューや写真

やっぱり最高ですね。

もうやみつきになりますね。

毎週5月の最終週に行ってるのは理由がありまして、モータースポーツのF1のモナコグランプリが開催される時期と絡めてるからなんですね。

この船はですね、なんと4,300トンです。4万3,000トンじゃないですよ。だから現代のクルーズ客船としては極めて小さいんです。

お客さんは112人です。で、クルーは95人ですから、ほぼ1対1ですよね。

まず、最初にモナコグランプリを見に行きましてね、今一番強いのは右上のメルセデスベンツですよね。年間予算がモータースポーツだけで600億円を注ぎ込んでます。

年間だいたい20戦を世界中で行うんですよね。だから1レースにだいただい30億円。で、2台走るので、1台1レース15億円。たった2時間です。2時間経ったらすべてのパーツとか消耗しちゃんですね。

ヨーロッパでは(F1で)勝った車の販売数がぐーっと上がるんですよね。だから広告塔ですよね。 

左下はレッドブルっていうホンダがエンジンの供給を初めてるチームです。ホンダは去年まではマクラーレンっていう違うチームにエンジン供給してたんですけど、全然ダメだったんですよね。

それでマクラーレン側は「ホンダのエンジンがダメから勝てないんだ」ってボロクソに言ってたんですけど、今年レッドブルは見違えるように早くなったんですよね。だから(ホンダのエンジンではなく)車が悪かったんじゃ無いかっていう話になってますね。

まあやっぱりね、日本人としては、異国の地で頑張ってるホンダを応援しますよね。 今年はすごくエンジン音もパワフルでしたね。

それでモナコグランプリが終わってから、ニースから乗船します。

この写真はニースのハーバーですけど、すごく小さいんですね。

大きくても3万トンくらいの船しか入れないです。プライベートヨットとかも混在している、港というよりマリーナですよね。

これはシードリーム1シードリーム2が並んで停泊してるんですね。

クルーズ中はもう異常な食生活ですよ。

このキャビアをふんだんに出しましてね、ジャカールっていう高級なシャンパンをジャンジャン注いでくれましてね、お部屋にもウェルカムボトルでじゃカールがありました。

でもこのボトルは飲まないですよ。持って帰りますよ。いつでも注いでくれますからね。(会場笑)

それから、モーニングステーキですね。

で、ディナーはシャトーブリアンですね。凝縮された旨味です。

たぶん(クルーズ会社の中で食事は)ナンバーワンだと思うんですけどね。

で、なんでシードリームっていう会社が高評価かって言うとですね、シードリームに限らずですが、結局「人のサービス」だと思うんですよね。

ボロ船でもサービス良かったら満足度高いじゃないですか。

クルーは、みんなもう10年くらい一緒で、みんな仲間ですよ。最初、僕はそういうのちょっと嫌だったんですよね。ちょっと放っておいてほしいくらい思ってたんです。

昔、大桟橋からにっぽん丸がロングクルーズに出発するときに、船長みたいな人がうやうやしく出てきて、「なになに様ようこそいらっしゃいました」とか挨拶しているのを見て、ちょっと嫌らしいなと思ってたんですよね。(会場笑)

でも(シードリームで)中に入っていざ経験したら、自分が気持ちいいって分かったんですね。だから結局、僕もそういうのが好きな人間だったんですね。(会場笑)

ちょっとシードリームの短い映像を見てください。

【シードリームの紹介映像が流れる】

最適なクルーズの見つけ方

いま映像の中で、細い運河を通ってましたよね。あれはギリシャのコリントス運河っていう4.5kmくらいある運河なんですね。

そこは、当然大型船は通れないですよね。この種の小型船は、大きい船では行けない所へお客さんをお連れするっていうのが最大のウリなんですよね。

今日はですね、「最適なクルーズの見つけ方」っていうテーマを立てたのはですね、みなさんがクルーズを選んだり問い合わせする時に、旅行会社に行ったりもすると思うんですが、(そういう所には)売り手の論理ってあるんと思うんですよ、売り手が売りたいものを勧めてしまうっていうね。

例えば出発日が決まってるツアーとかですね。本当は年中走ってる船でもツアーだと特定の日に縛られますよね。あとはチャーター(クルーズ)とかですね。例えば3000人乗りの船でチャーターとなると、(赤字にならないために)その3000人を死に物狂いで集めないと行けない訳ですよね。そうなると何でもかんでもそのチャーター商品に誘導するってことにもなると思うんですよね。

そういった売り手の理論が、本来は自由なクルーズの選択を阻害していると思うんですよね。

当社は個人旅行の会社なんですよ。だいたい年間、飛鳥の1泊から外国客船のロングクルーズも含めて、900~950名くらいのお客さんにご利用いただいてるんですね。

だからお客様の出発日は当然365日バラバラです。当社はツアーじゃなくて個人旅行で好きな出発日を選んでいただきというスタイルでやってますね。

それから、初心者の方は兎に角、どの船に乗りたいというよりかは、どこに行きたいっていうデスティネーション先行だと思うんですが、いつか居心地の良い船会社に行き着いでいただいて、その船で世界中のデスティネーションを巡っていただいたらすごく快適だと思いますね。

リピーターでどんどんランクが上がっていけば良いサービスも受けれますしね。ですから、みなさんにはクルーズを選ぶ上で船会社を意識していただきたいですね。

そう言う意味では当社でも、いろんな船会社を扱ってるんですが、極力、私自身が良いと思う会社に絞ってます。

皆さんも好きな船の大きさとか予算とかあると思いますけども、そういったものを少し変えることで全然違う世界が見えてくるんですよね。そのあたりを地中海、エーゲ海の中で話して行きたいと思います。

たぶんどこの旅行会社でも地中海、エーゲ海の説明って絶対多いと思うんですけども、先週ギリシャのサントリーニに行ったんですよね。ビッグシップが3隻来たんですよね。MSCNCL(ノルウェージャン)コスタで8,000人です。

そうするとサントリーニの街はこうなります。(会場笑)

これね、船をどんどん造るのはいいですけれど、観光名所は新しく作れない訳ですよね。

これがオーバーツーリズムって言って今問題になってるんですよね。

これはみんな沖合(止め)ですから、テンダーボートなんですよね。2~3,000人乗りの船で、(テンダーボードで移動する順番待ちために)炎天下の中で2~3時間待ってらっしゃったのは大変そうでしたね。

サントリーニって夕景が一番のウリなんですね。日が長いんですよね、 20時半でこれくらいなんですね。

MSCとコスタは17時くらいにさっさと出航しましたが、NCLは大したもんで、この2,500人くらいの大きな船なんですけどね、この夕景が綺麗な時間帯を見計らって出航していくんですよ。

「ああ、良い会社だな」と思いましたね。

この会社は気が利いてる会社だと思うんですよね。大手の中では僕はNCL派なんですよね。

これはローマに行った時ですね。トレビの泉ですね。(会場笑)

こんなことになっちゃったんですよね。

ローマは乗下船港ですから、4〜5隻が毎日来てるんですよね。そうなると1万人の観光客が増えてる訳なんですよね。

船会社の観光に普通に行くとこういう(オーバーツーリズムに巻き込まれる)ことになりますよ。

今は携帯とかマップとか進んでるので、個人で調べて十分散策できると思うんですよね。

私がいつもローマにいった際にお客さんをお連れしてるのは、名も無い下町のイタリアンなんですよね。ポポロ広場っていう所から路面電車で15分くらいいった所にあります。

そこに行くとこのトリュフのパスタが食べれます。25ユーロですよ。

この前どっかの東京のホテルで6,000円でトリュフ3枚だけでしたよ。(会場笑)

このレストランも地元の人に教えていただいて、マップアプリで調べていくだけですよ。

先々週シードリームに乗って、そのあと視察でエーゲ海にも行ったんですけども、さっきのオーバーツーリズムになってるサントリーニの、すぐ隣のミロス島はこんな感じで、こんな二人しかいないビーチですね。

これは、ここを進んで行くんですよね。(会場驚)

で、石灰岩ですから真っ白ですよね。

ここは大型船は行かないんですね。

だから、船のサイズを変えていただいたら、寄港地がちょっとひねって来て、こういうエーゲ海に行けますよと。

あとは地中海、アドリア海ですね。

これはモンテネグロかな。コトルですね。

それからこれはケファロニアっていうギリシャのアドリア海の島ですね。

それからアマルフィです。

コトルは接岸しますけど、あとは全部、港が無いんですよね。

スモールシップは100人200人ですから、さっきのMSCみたいにテンダーで上陸するのに待たせることが無いんですよね。

あと、港が無いからこそ、こういう絶景があるんですよね。

こういう絶景に会うためにはサイズを変えて、具体的にはちょっと小さい船に目を向けてくださいということです。

今年は良い船に乗るチャンス

今年は良い船に乗るチャンスなんです。

なぜかというとイギリスの問題が大きいんですね。ブレクジット。今離脱かどうかやってますよね。

イギリスって総人口は6,500万人で日本の半分なんですけど、クルーズ人口は200万人超えてるんですよ。

日本でいうと、400万人クルーズ人口がいるっていうイメージです。

この強烈なストロングマーケットがブレクジットの影響で旅行を控えてるんですよ。

だから世界のクルーズ会社がちょっといま、だぶついてるんですよ。

だから冒頭に船会社のチャンスは皆さんのチャンスって言ったのはそういうことなんですよ。

例えば、ラグジュアリーの4つの会社がありますよね。

もう今は10年前の半額、下手したら1/3くらいの値段になってます。

それはブレグジットもあるんですが、その前の問題として、独立系だったものが巨大な傘下に入ったんですよね。

そうすると燃料とか食材の調達コストがぐっと下がるんですよね。

だから値段が半額になっていても内容は悪くはなっていないんですよ。めちゃくちゃハッピーなんですよね。

もう10年前とか全然手が届かないような値段だったのが、今は手が届くんですよね。

「ラグジュアリー船」って僕あんまり言わないようにしようと思うんですよね。言うと私には関係ないって思われちゃうので。

値段とか見ていただいたら大したことないですよ。いまどきは。

これみなさん分かりますかね。クリスタル(クルーズ)って日本郵船でしたよね。今はゲンティンっていう香港のスタークルーズとかドリームクルーズの会社(の傘下)ですよね。

それからシーボーンも今はカーニバルグループだから、もともと1万トンの船3隻でやってて1週間で8,000ドルとか取ってたんですよ。

でも今は(カーニバルグループ全体で)キュナードカーニバルプリンセスとかの50隻くらいある訳ですよ。

50隻で燃料とか食材とか調達するんですよね、何でもまとめて買ったら安くなるじゃないですか。だからシーボーンも1週間で3,000ドルとかありますよ。

それから一番最近はシルバーシーがロイヤルカリビアンの傘下に入りました。確か7割くらい株を握られてるんですよね。

それからリージェントはノルウェージャングループ。

みんな大手の傘下に入りました。

自由に選んでくださいと申し上げたんですが、個人旅行の問題は、言葉の問題(英語が喋れない)もありますよね。だから当社でも年に5~6回くらいはお客様とご一緒させていただくコースを設けてます。

クリスタルクルーズ

例えばクリスタル。クリスタルセレニティっていう良い船ですよ。

去年の11月に過去最大の改装をしましてね、船客定員も減らして、よりデラックスになったんですけど、料金見てください。1週間で3,140ドルくらいです。

ほんとにクリスタルも昔はめちゃくちゃ高かったので、信じられないくらいの値段ですよね。

しかもラグジュアリー船ですから、オールインクルーシブなんですよね。お酒も全部付いてますし、チップも付いてますしね。

あと(昔の運営会社が)日本郵船だったので、いまだに日本人への対応が手厚いですね。

日本の女性の方が一人で乗ってらっしゃる方を、結構お見かけしまして、それはやっぱり安心感があるんじゃないでしょうかね。

日本人のスタッフの常駐は無くなったんですが、日本語スタッフの常駐はあります。日本語と中国語と韓国語とかが喋れる女性スタッフが常駐してるそうですね。

日本語の新聞があったり、浴衣があったり、和食があったりしますね。それからNOBUですね。(NOBUこと、松久信幸氏プロデュースの)「UMI UMA」と「シルクロード」がありますね。

東京でも有名なレストランでアメリカでも高いんですよ。

だからクリスタルに乗る人は、あの高いレストランの食事が一回無料なのがすごくお得に感じてる方も多いんですよね。

それからエルトンジョン。

の偽物です。(会場笑)

エンターテインメントもちょっと若くなったんですよ。昔はフランクシナトラとかでした。

ちょっとクリスタルの映像をご覧ください。

<クリスタルクルーズの映像が流れる>

今の映像で、外洋船以外にも、リバーとか色々出てきたのはですね、親会社がゲンティンになって潤沢な資金でリバーとかヨットとか探検船とか、飛行機全席ファーストクラスで世界一周とかですね、ブロダクトを色々拡大してるんですね。

その潤沢な資金のお陰でクリスタルセレニティーも改装して、こんな良い船なのに 3,000ドル台で乗れるようになったということですね。

> 東山氏のクリスタル・セレニティ乗船時のレビューや写真

シルバーシー

今年のゴールデンウィークですね、シルバーシーという船にお客様と乗ったんですよ。

人種差別ありましたね。

もう僕ら、日本人15人か20人くらいですよ。600人くらい乗ってるスピリットっていう船なんですけどね、もうなんかおかしいなって感じたんですよ。挨拶しないなとか。

アメリカ、ヨーロッパ系には愛想がいいんですよ。

で、まず僕が気づきますよね。

で、2日目、3日目ってなるとお客さんが、何か挨拶しないわね、とかサーブを向こう優先するわね、とか気付くんですね。

僕、シルバーシーは7年ぶりに乗ったんですけどね、7年前も感じたんですよ。

それで文句言ったことがあったんですが、相変わらずだなあと思ってて。

それで、お客もそういう人が多いんですよ。

エクスカーションのデスクに質問したいことがあって、僕が待ってたんですよね。で、アメリカ人の女性が隣にいて、ちゃんと並んで待っているのに、いちいち「私が先だからね」って言ってくるんですよね。

世界には白色系と黒人と黄色とかで、そういう差別は残念だけど実際ある訳じゃないですか。それは分かってるんですが、だからしょうがない、では済まないじゃないですか。

ゴールデンウィーク、しかもシルバーシーって高い訳ですよね。飛行機もゴールデンウィークで高い中を行っていただいて、それでしょうがない、では済まないですよ。 イタリア人のオフィサーでしたが、ヨーロッパで(シルバーシーに)乗るとそうなんですよ。

同じ時期に、シルバーシーは日本周遊もやってるんですね。ミューズっていう最新の船ですが、それに乗ったお客さんに聞くとすごい評判良いんですよ。

私も日本とかアジアで乗った時は変な差別が無いんですよ。やっぱり我々のホームグラウンドで緊張感もってやってるのかもしれないです。

でもこれが、彼らのホームグランドで、イタリア人のオーナーで、モナコに本社を置いている、そっちに行くとやっぱちょっとおかしいんですよ。

もう嫌ですよ。そんな会社は。

これは一つの私の意見です。皆さんもそんなことを感じられたこともあったかもしれないですが、だからさっきのラグジュアリー船の4社で言うと、クリスタルっていうのはもともと郵船がオーナーなので日本人のケアが今もなされています。

それとリージェントの方が全然良いですね。なんかアメリカ系の会社はあんまりそういう(人種差別)のは無いですよ。おおらかな感じがします。マイアミの会社ですからね。

> 東山氏のシルバー・スピリット乗船時のレビューや写真

リージェントセブンシーズ

このリージェントエクスプローラーっていう船は6万トン弱なんですね。

同じ大きさでオーシャニアマリーナリビエラっていう船があるんですけど、それはプレミアム(クラス)で、リージェントはラグジュアリーなので、ほとんど同じくらいの大きさで、船客定員が半分くらいなんですね。オーシャニアの方が千数百人で、このエクスプローラーが700人ちょっと。

ちょっとその船の映像をみてください

<リージェントエクスプローラーの映像が流れる>

まだ出来て3年くらいの船なんですね。

みんなクルーズ船ってなると「豪華客船」っていう言葉をよく使っていて、「その程度で使うなよ」ってよく思うことがあるんですが、この船は本当に豪華客船ですね。ハードでは抜群ですね。ズバ抜けてますよ。

右はメインダイニングで、特別なヴェネチアンガラスとか、アトリウムとか、インフィニティプールとか、ここまで驚いたのは久しぶりでしたね。

クイーンメリー2以来かもしれないです。実際、建造費も破格なんですね。

> 東山氏のセブンシーズ・エクスプローラー乗船時のレビューや写真

後ろのブースににリージェントの年間スケジュールの資料があるので、よろしければ皆さんお持ち帰りください。

その中でも、来年のゴールデンウィークに1本、お客さんとご一緒させていただくコースを設けてあります。

クリスタルよりは高いです。平均4,400ドルくらいなんですけど、クリスタルの平均のお部屋でだいたい20平米ちょっとだったと思うんですけど、リージェントは30平米以上で、全室ベランダなんですよ。セレニティはちょっとだけ窓の部屋があるんですが、リージェントは全室ベランダです。

あとこのゴールデンウィークでカサブランカ(モロッコ)に寄港するっていうのは珍しいですね。カサブランカ、ジブラルタル、それでリスボンにオーバーナイトしてから下船なので、帰りはホテルは要らないんですね。

それからリージェントも今年は弱含みといいますか、もう来月ですけど3,000ドルで11泊という、これはセブンシーズ・ボイジャーという良い船ですよ。これも全面的に改修して、エクスプローラーに近いインテリアに改装しています。

それから、セブンシーズ・マリナーという船でアラスカで2,580ドル。ホーランドアメリカでも1700~1800ドルくらいしますよ。それでチップ払ったら、これだったらリージェントもアリとなりますよ。まあこれも本来なら倍の値段しますが、今は50%オフになってますからね。

お手元にご用意したのは、ホーランドアメリカとリージェントの年間スケジュールですが、それ以外にも、後ろのブースにはクリスタルのパンフレットも置いてますので、広範囲からぜひ見つけていただければと思います。

なので最適なクルーズを見つけるためには、変に我々が誘導しないことだと思うんですよ。

オープンな中から好きな日程で、例えば来月出発できるんだったら、こんなお得なレートもあるんですよね。しかもラグジュアリー船で値段も昔のラグジュアリー船ではない。

そんな広範囲からご自身にあったクルーズを選んでいただきたいなと思います。

それでは20分ほど休憩を挟んで、後半始めたいと思います。後ろのブースで情報収集もなさってください。

どうもありがとうございました。

(会場拍手)

記事のシェアをお願いします

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン