Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   フッティルーテン   >   特集記事   >   マーキュリートラベル クルーズロードショー 2019 Summer   >   フッティルーテン - エクスペディションの最大手が仕掛ける新造船(2019 クルーズロードショー 第3部)

フッティルーテン - エクスペディションの最大手が仕掛ける新造船(2019 クルーズロードショー 第3部)

フッティルーテン - エクスペディションの最大手が仕掛ける新造船(2019 クルーズロードショー 第3部)

2002年設立のクルーズ専門エージェント、マーキュリートラベルがクルーズ・ロードショーを開催した。

同社の毎年恒例のイベントであるクルーズロードショーだが、今回は過去最大規模の全国8都市での開催となった。

今回のロードショーのテーマは「あたなに最適なクルーズの見つけ方」と題して、マーキュリートラベル代表の東山ほか、各登壇者が忖度なしの本音のトークで会場を楽しませた。

ロードショーは3部構成となっており、第1部は「シードリームヨットクラブ&ラグジュアリーシップ」、第2部は「ホーランドアメリカライン」、第3部は「フッティルーテン」。

★本記事は第3部の「フッティルーテン」についてお送りする。

フッティルーテンの日本・韓国エリア代表の久野 健吾(くの けんご)氏が登壇し、フッティルーテンによるエクスペディションクルーズの魅力や優位性を語った。

2019年6月16日(日)@コートヤード・バイ・マリオットホテル東京ステーションホテル

シリーズ
マーキュリートラベル クルーズロードショー 2019 Summer

マーキュリートラベル 東山真明氏(以下、東山): 続いては、フッティルーテンのお話ですね。

エクスペディションクルーズって今、世界的にブームなんですよね。探検船っていうことですね。

それは特にヨーロッパの先進国のお客さんが世界の名だたるところにもう既にクルーズで行っていて、他のところにも行きたいっていう要望もあって出てきたのが極地クルーズですね。

北極、南極とか。

当社の場合はフランスのポナンっていう会社の販売を手がけてもう10年経ったんですけど、私もポナンで南極に行って、エクスペディションっていうものを学びまして、既成概念を超えたクルーズに感動しました。

だからエクスペディションってポナンしか知らなかったんですけど、他にどんな会社があるんだろうなっていう中で出会ったのがこの会社(フッティルーテン)だったんですね。ノルウェーの会社です。

フッティルーテンの久野さんから、お話をいただきたいと思います。よろしくお願いします。

沿岸急行船だけではないフッティルーテンの魅力

フッティルーテン 久野 健吾氏(以下、久野): ご紹介に預かりましたフッティルーテンの久野(くの)と申します。

今、フッティルーテンの日本と韓国の市場を担当しております。

フッティルーテンの日本・韓国エリア代表の久野 健吾(くの けんご)氏 フッティルーテンの日本・韓国エリア代表の久野 健吾(くの けんご)氏

こうやってマーキュリートラベルさんのセミナーに参加させていただくのは初めてですので、おそらく今日ご来場されているお客様のほとんどの方がフッティルーテンのことをご存じないのかなと思います。

簡単に自己紹介させていただくと、もともとはホテルマンで、20代後半から、カリブ海の大型客船の船上でゲストリレーションの仕事をやっておりました。

そのあと30歳くらいで帰国しまして、クルーズ専門の旅行会社にいて、その後は、海外のクルーズの代理店さん、実はさきほどの(ホーランドアメリカの)本郷さんと一緒に働いていました。

だから私もホーランドアメリカ大好きです。

その後に、船会社に転職しまして、今はこのノルウェーのフッティルーテンという会社におります。

まず、みなさんこのフッティルーテン(Hurtigruten)というのを読めないと思うんですが、ノルウェーの会社なんで、ノルウェー語ですね。

冒頭でフッティルーテンのことをご存じの方が10名ほどいらっしゃったんですが、おそらく沿岸急行船といわれるオーロラ、フィヨルドクルーズに乗船された(日本人の)お客様が毎年千数百名くらいいらっしゃって、過去10数年で数万人のお客様が乗っていらっしゃいます。

今日お話させていただきたいのは、(沿岸急行船ではなく、)エクスペディションという、いわゆる探検船となります。

弊社は世界最大手の探検船のパイオニアとここに記載させていただいてますが、これは事実上、フッティルーテンは極地クルーズの中で世界最大のシェアを誇っております。

そして、次世代の探検クルーズ船ということで、この船が今月就航します。

その後、あと2隻、同型船をつくっているので、合計3隻同型船が出てくるんですが、今日は皆さんフッティルーテンのことをご存じない方多いと思いますので、会社の説明、ならびに、この新造船の説明をさせていただければと思っております。

まず最初に動画を見ていただければと思います。

<フッティルーテンの映像が流れる>

世界初のハイブリット探検船になります。

1隻目はロアール・アムンセン(Roald Amundsen)というノルウェーの探検家の名前を拝しております。

後で詳しくご説明しますが、こういうエクスペディションチームという専門家が乗船しているのも探検船の特徴ですね。

この新造船には水中ドローンを備えていて、皆さんはモバイルアプリを利用してその映像を見ることができます。

探検船と言えども、もちろん船内でゆっくりくつろいでいただくことも出来ます。

ホッキョクグマもいますね。

レストランは3箇所用意しております。

プレミアムレストランもあります。

お部屋はスカンジナビアデザインで揃えております。

おそらく日本のお客様には大変心地よい空間だと思います。

スパでのマッサージや、インフィニティプールもございます。プールの水温は25度くらいと言われております。ジャグジーはもっと温かいです。 ノルウェー女王のアート作品を船内に飾ってあります。

非常に高い船です。1隻250億円ほどします。

バッテリーとガソリンの両方で動くハイブリッド船です。

最大30分はバッテリーのみで稼働できますので、静寂の中で南極を進むことができます。

そして会社としては、「最も環境に優しいクリーンな会社であること」を誇りに思っております。

<映像おわり>

ハイブリット新造船でエクスペディションクルーズの圧倒的リーダーへ

ちなみに、ノルウェーに行かれたかはどれくらいいらっしゃいますか?

さきほど、フッティルーテンと聞いた際に、知ってらっしゃる方もほどんどは、ノルウェーの沿岸急行船をイメージされるとお話しました。

先日、BS-TBSで「極上のクルーズ紀行」でオーロラ急行船の番組がありまして、私も取材で一緒に乗ったのですが、どうしてもそちらのイメージが強いんですが、弊社としましては、今年で126周年を迎えて、引き続きノルウェーの沿岸急行船も引き続き運行していくんですが、会社としてはこの探検船の方に圧倒的に力を入れて行きます。

さきほど1隻目はロアール・アムンセンとお伝えしましたが、人類史上はじめて北極点に到達した人です。私も今の会社に入社するまで知りませんでした。

また、このエクスペディションチームというのが、すべて社員なんですね。

これは会社によっては社員じゃないことも結構多いそうなんですが、弊社の場合は全て社員だったりですとか、多種多様のオプショナルツアーがあったり、料金も他者と比べてリーズナブルかなと思います。

この新造船なんですが、ロールスロイスと共同でデザインされております。

船のサイズは約2万トンちょっとですね。マニアックな話で恐縮なんですが、船の喫水が5.3メートルあって、これくらいのサイズにしては喫水が高く、安定性が高いであろうと言われております。

造船場所もノルウェーになります。幅が結構広いのも特徴の1つかなと思います。

サイエンスセンターという所があり、そこで生物学や地質学に精通したエクスペディションチームの人たちがレクチャーやイベントを行ってくれます。

よくセミナーの際にお客様に話すのは、南極は「知的好奇心を満たす旅」という表現をしておりますので、普通の旅行より突っ込んで学んでみたいな、知ってみたいなという旅にはぴったりかと思います。

このように顕微鏡を使って色んな物を覗くことができます。昔は一人しか覗けなかったんですが、今はITが進んで、10数個の顕微鏡があって、それらすべてを同時にスクリーンに映し出されるようになります。

そして探検チームですが、大型船とどこが違うの?とよく聞かれますが、大型船には基本的に探検チームというのは存在しません。

経験、知識に富んだチームが乗船しています。

そしてこのゾディアックボートですね。まだ聞かれたことない方も多いと思うんですが、このゾディアックボートに乗るのが格好いいんですよねと東山さんともよく話していますね。

ゾディアックボートでしか出会えない景色とか、体験できない体験があります。

これは南極ですが、エクスペディションチームの人がゾディアックボートでお客様をお連れして、近距離で色々なものと触れ合えるというのが、探検クルーズの特徴となっていますね。

そして船内はノルウェーの会社ですので、スカンジナビアな北欧デザインで統一されています。

そしてこのインフィニティプール。

インフィニティプールに入りながら、南極、グリーンランド、アイスランド、スピッツベルゲン島に行くなんていう経験はそうそうないと思います。

そして皆さんが気になるお食事ですが、新造船に関しては、先ほど申しましたがメインレストランが3箇所ございます。もちろん料金に含まれていて、ドレスコードもございません。

そして、ちょっとした別途料金が発生してしまうのですが、カジュアルなインターナショナルキッチン、オールデーダイニングということで、ケバブ、バーガー、サンドイッチなどを用意しているレストランがあったりですとか、

特別な時にはスペシャリティレストランで、日本円にして3千7~8百円で、ノルウェー料理のルーツをベースにした、モダンキュイジーンといった、料理もノルウェーのテイストを組み込ませていただいております。

お部屋を簡単に説明しますけれども、全室オーシャンビューです。

そして約56%以上の客室がバルコニーを備えています。

お部屋も広めも出来ていて、家具とかバスルーム等々、アメニティも備えております。 そしてやはりノルウェーの会社なので、サウナもご用意しております。

スパやフィットネスセンター、ジムもご用意しております。

ここまで、フッティルーテンの会社の説明と、新造船の探検船の紹介をさせていただきました。

ここからは東山さんとトークショーとまではいかないのですが、対談をして、お話を続けさせていただければと思います。

東山: エクスペディション、僕はポナンしか知らなかったんですよね。フッティルーテンは船が2万トンということで、ポナンは1万トンですから、だいぶ設備が、レストランも3つあったりして、充実するんだなあと思いましたね。

これで南極行けるんだなと思うとわくわくしますよね。ポナンは1万トンで260人っていうのが、ちょっと多いんですよね。

南極の時は定員を200に落とすんですけど、部屋は260人分作ってるんで、ちょっと覆われてる感じがするんですよね。外観が。

それが、(フッティルーテンは)だいぶゆとりがあるんだなと感じましたね。

久野: そうですね。弊社の南極クルーズの動画も用意しているので、ちょっとご覧ください。

<フッティルーテンの南極クルーズの映像が流れる>

これは私が今着ているジャケットと同じですね。

南極クルーズの場合は、このヘリーハンセンとコラボしたジャケットを皆さんにプレゼントしております。

だいぶ暑くなってきたので、ジャケット脱がせていただきます。(会場笑)

こういう探検船の大きな特徴は、動植物と圧倒的に近い距離感で接していただけるということで、他の大きな船の会社さんとは違うところかなと思っています。

弊社はプラスチックの一斉排除をしていまして、去年の春に、ストローとかだけではなく、全プラスチックを全船で一斉に排除しました。

それくらいグリーンでエコな会社を目指しております。

そして最も重要視しているのは安全性です。耐氷船のクラスを表すものとしてアイスクラスというものがあるんですが、「1A Super」という最高ランクのアイスクラスを誇っている新造船になります。

<映像終わり>

南極って死ぬほど寒いと思ってらっしゃる方も多いと思うんですが、実はそれほど寒くなくて、マイナス5度前後くらいなんですね。

さきほどお伝えした同じくノルウェー本社のヘリーハンセンとのコラボのエクスペディション・ジャケット、通称「パルカ」と呼んでいるものをプレゼントしています。

ゴム長靴やポー等はすべて貸し出しです。

ゾディアックボートに乗船してクルージングするのを、アイスクルージングと呼んでおります。

ポナンのエクスペディションクルーズとの比較

東山: フッティルーテンの南極をご紹介したいんですが、お手元の資料にも1ページあるんですが、僕も来年はポナンで1月に南極に行くんですが、再来年の1月はフッティルーテンのこの新造船に乗ってみます。

ポナンとの違いで分かりやすいのが料金が2割くらい安いです。船客定員が多いので下がるんだと思うんですが。

「ポナンで南極行ってみたいけど、ポナンちょっと高いですよね」ってよく言われるんですよ。(ポナンみたいに、)毎晩フレンチのフルコースじゃなくてもいいと。シャンパンとかワインとかもそんなに高級じゃなくてもいいと。だから、南極に行きたい方の興味がそういう所じゃない方もいらっしゃる訳ですよね。

この料金表みていただいたら、6,990ユーロ。だから85万くらい。

フッティルーテンは前泊のブエノスアイレスのホテルも入ってるんですよね。これポナンは入ってないんですよ。再来年からは入るんですけどね。

それでブエノスアイレスからウシュアイアの飛行機も入っていて、もう本当に成田〜ブエノスの飛行機を付けるだけなんですよ。これがざっと20~25万円くらい。

だから100万ちょっとで行けるようになったんですよね。船も増えたからっていうのもあるんですが、2万トンクラスだからリーズナブルなんですよね。

定員とか料金とか、こういう違いですね。

久野: ただ、決して「安かろう、悪かろう」ではないんですね。まあ、そもそも安いお値段ではないので(会場笑)

会社のコンセプトとしては、CEOも「ラグジュアリーではありませんよ」と言います。ただ、プレミアムなエクスペディションの経験をしていただきたいということで、この探検クルーズの間口を広げようとしているのが、今のフッティルーテンの動きです。

東山: 料金を見ているとですね、だいたいその船会社が強いか弱いか、人気があるかどうかっていうのが出てくるんですよ。

ポナンはいますごく強いんですよね。世界的に。

この資料にも1ページ載せているんですが、来年のコースの中で、今、空きがあるのが13,000ユーロとか。

これ、8,240ユーロっていうのは再来年のコースで売り出し直後の料金ですよね。それでもフッティルーテンの方が2割くらい安いんですよね。

フッティルーテンはポナンと比べると、まだ供給が多いのか、ちょっと落ち着いて選べる感じがしますね。

久野: そうですね。(ポナンと)何が違うんですか?というお話もお客様からよく聞かれるんですが、例えば来年の春から、フッティルーテンの探検船がアップグレードされまして、飲み放題ではないんですが、ランチのディナー時のアルコール、ハウスワインとかハウスビール、あとソーダ類とかは全て料金に含まれてきますので、ランチとディナーに関しては飲み放題と思っていただいて大丈夫です。

バーで飲もうかという際は、別途お支払いが必要なんですが、日本のお客様に聞くと、そこまでずっと飲んでたいわっていうお客様はあまりいらっしゃらないので、ランチとディナーで飲み放題だったら十分かなと。

東山: 俺は(ずっと)飲むよ。(会場爆笑)

久野: 失礼しました。

あとWi-Fiも来年から無料になりますので、より快適にアップグレードした商品のご提供ができるのではないかなと思っております。

東山: 南極に行く方の関心が一番大きいところかと思うんですが、ポナンは1日ほぼ2回上陸で、5日間なんで10回箇所。

200人なので、1回に100人しか降りれないですから、1交代で全船客が降りれるということですよね。

それがフッティルーテンは南極は450(船客人数)くらいですか?

久野: そうですね。お一人様利用とかもいらっしゃいますので400ちょっとですか。

東山: そのへん、上陸はどんな感じですか?

久野: 200名、200名くらいに分けるんですけども、ゾディアックボートを15~16隻ほど積んでおりまして、1隻のゾディアックで20名ほど乗りますので、その前半の200名を午前中は上陸を体験していただきまして、同時に、後半の200名は先ほどお伝えしたアイスクルージングで近くの氷河まで行っていただいたりして、午後は前半、後半を入れ替えるようなイメージですね。

東山: なるほど。

1日2回上陸で、10回箇所全然景色が違うところに連れて行ってもらいましたけども、10箇所どころかもっとあるんですけど、同じ箇所でも2回目では全然天候も違いましたしね。

その辺、400人の定員でアイスクルージングとうまく組み合わせてやってる訳ですね。

久野: 私自身も香港オフィスに属しておりまして、実はまだ日本にはフッティルーテンのオフィスがございません。このアイスクルージングの評判が香港のお客様から大変良くてですね、上陸も良かったけど、アイスクルージングの方が体も楽で良かったわというお声を聞きますと、上陸とアイスクルージングの組み合わせはベストなのかなと感じて降ります。

お客さん: 日本人スタッフが乗船するコースは無いの?

久野: 東山さんが乗船されるコースだけですね。(会場笑)

私の上司がアジアの社長なんですけども、日本に来るたびに、代理店さんと一緒になってするんですけども、今の所はないです。

ですから、東山さんに乗船していただいて、販売をお願いしているというのが本音でございます。

東山: ブエノスアイレス、めっちゃ遠いんですよね。(会場笑)

謎の帆船、ノールチャーネン

東山: あと、さっきアトラス(パンフレット)をいただいて、見て、何ていう船をこの会社は所有しているんだって驚いたんです。

久野: 先ほどの休憩時間もお客様から「ビンテージ船あるの?」「この船、まだ走ってるの?」というご質問をいただいて。

東山: ノールチャーネンね。なにこれって思ったんですよね。僕いますごく食い付いてるんですよね、この船に。

ちょっと次の写真みしてください。

これやばくないですか?

これ、なんかロシアのカニ密漁船みたいな。(会場笑)

これ乗れるんですか?

久野: はい、乗れます(笑)

ただ、これちゃんと改装しています、2016年に。

綺麗は綺麗ですが、広く無いので、その辺は覚悟してください。

東山: これ左の部屋は、割といい部屋なんですよね?(会場笑)

久野: はい、そうです(笑)

で、この船は配船エリアが限られていまして、スピッツベルゲン島でノルウェー領なんですが、このエリアにしか配船しておりません。出来ないと言った方が正しいかもしれませんが。

東山: これスピッツベルゲン島にシロクマを見に行くクルーズって、ポナンだったら100万円とかですよ。

それが1,300ユーロなんだって思ったんですよ。

しかも5泊で見に行けるんだって思ったんですよね。

久野: すいません、これまで積極的に販売していなかったんですが、東山さんが今もっとも食い付いていらっしゃるので、、

東山: 俺これ行くわ。(会場爆笑)

久野: 僕まだ乗ってないですけど。

東山: これ飛行機は?ポナンならパリからロングイェールビーンまで付いてるんですよ。

これは自分で行くんですよね?ロングイェールビーンまで。

久野: そうなんです。うちもスピッツベルゲン、スヴァーバル諸島に行く船、コースは他にもいくつもあるんですけれども、このノールチャーネンで行くコースには入ってないですね。

ただ、ロングイヤービエンのホテルや朝食は入ってます。

東山: ちょっともう一回、白い写真見ていいですか?

これ堪んないですね。(会場爆笑)

では久野さん、ありがとうございました。

(会場拍手)

記事のシェアをお願いします

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン