Cruisemansトップ   >   ホーランド・アメリカ   >   アムステルダム   >   特集記事   >   ホーランドアメリカ、客船アムステルダムでいくアラスカクルーズ乗船レポート2018   >   ホーランド・アメリカ、 メインダイニング・レポート

ホーランド・アメリカ、 メインダイニング・レポート

シリーズ  ホーランドアメリカ、客船アムステルダムでいくアラスカクルーズ乗船レポート2018

ホーランド・アメリカ、 メインダイニング・レポート

◆ 2018年9月16日〜9月23日「客船アムステルダム」(MS AMSTERDAM)によるシアトル発着の8日間のクルーズに乗船した際の、メイン・ダイニングのメニューのレポート。ホーランド・アメリカ、客船アムステルダム メインダイニング・レポート



「ホーランド・アメリカ・ライン」(Holland America Cruise Line)は、1873年にオランダとアメリカの郵便、カーゴ、そして人々を輸送する客船会社「ダッチ・アメリカン・スティームシップ・カンパニー」(Dutch-American Steamship Company)として創業。当時の本社はオランダのロッテルダムであった。1872年10月15日に最初のクルーズ、ロッテルダム〜ニューヨーク15日間の航程を出港させた。1989年から親会社はカーニバル・コーポレーション(Carnival Corporation)となっている。

1. 客船アムステルダムのメインダイニング

  • 客船内の位置 / デッキ4&5  
  • 利用時間 / 7:00am〜8:30am、17:15pm〜21:00pm

デッキ4、デッキ5の吹き抜けとなっており、天井は青を貴重とした美しいデザインが目を見張ります。椅子やテーブルなどの家具類も全体的に落ち着いた色合いです。シックでとてもほっとする優しさを感じる空間です。

席に案内され、今日からお世話になるOkaさん(担当)にご挨拶です。

全体的にシックで、居心地のよいダイニングです

2. Day1 シアトル

シアトルからクルーズがスタートします。本日から始まるアムステルダムのクルーズを思うとワクワクします…たくさん食べたいです。

Day1 ディナー

Ketchikan Seafood Chowder(ケチカン・シーフード・チャウダー)

Prosciutto and Caponata(プロシュット・カポナータ)

Shrimp Diablo(シュリンプ・ディアブロ)

Beef Short Rib Stroganoff(ビーフストロガノフ・パスタ)

Lemon Cake(レモンケーキ)

Chocolate Cake(チョコケーキ)

3. Day2 終日航海(ガラ・ディナー)

Day2 朝食

朝食は決められた席ではなく、入り口で案内された席に座ります。 おはようございます。こちらにご案内します。

American Breakfast(アメリカン・ブレックファスト)

strawberry Yogurt(ストロベリーヨーグルト)

Day2 ランチ

プールデッキのハンバーガー屋さん「DIVE IN」でハンバーガー!

Day2 ディナー Orange Jumbo Shrimp Cocktail(オレンジ・ジャンボ・シュリンプカクテル)

Escargots Bourgguignon(エスカルゴ・ブルゴーニュ風)

Chicken with Soba noodles(そばとチキンのスープ)

Creamed Artichoke and Heritage Carrot Soup(アーティチョークと人参のスープ)

*Cracked Pepper Tenderloin with Grilled Shrimp (テンダーロインステーキ/エビ抜き) *

Tangerine Glazed Duck Breast(鴨の胸肉)

4. Day3 ジュノー

Day3 朝食

Pan Asian Breakfast(アジア風朝食-鮭の蒸し焼きと卵焼き)

Pan Asian Breakfast(アジア風朝食-お味噌汁)

Day3 ランチ Day3 ディナー この日はメインダイニングを利用しませんでした。

5. Day4 グレーシャーベイ

Day4 朝食

窓側の席に座ってホエール・ウォッチングをしながら朝食をいただきます。 光も綺麗に差込み、朝からとっても気分がよいです

あちこちでクジラが見られて嬉しそうに拍手をしたり歓声を上げる様子が覗えます。

クジラが見えると教えてくれる隣の席のご夫婦。朝食から双眼鏡は手放せません!

Eggs Benedict(エッグベネディクト)

Day4 ディナー

Onion Soup(オニオンスープ)

Seafood Deviled Egg(シーフード・デビルド・エッグ)

Alaskan King Crab Cobb Salad (アラスカ・キングクラブのコブサラダ)

Petit Beef Tenderloin with Creamed Leeks and Bacon(プチ・テンダーロインステーキ/ベーコン抜き)

Spaghetti Aglio E Olio(アーリオ・オーリオ・スパゲティ)

Fruits(フルーツ盛り合わせ)

Creme brulee(クレームブリュレ)

6. Day5 シトカ

Day5 ディナー

ディナーは有料レストラン「Rudi`s SEL DE MER」へ

「Rudi`s SEL DE MER」の特集記事

7. Day6 ケチカン(ガラ・ディナー)

Day6 ディナー

Jumbo Shrimp Cocktail(ジャンボ・シュリンプ・カクテル)

Foie Gras with Apple Tarte Tatin(フォアグラとりんごのタルト・タタン)

Ricotta and Spinach Tortelloni(リコッタ・チーズとほうれん草のトルテッローニ)

Lemongrass Coconut Tofu Curry(レモングラスととうふのココナッツカレー)

Asian-Style Rotisserie Duck(アジア風ロティサリーダック)

Tiramisu(ティラミス

Passion Fruit Cheesecake(パッションフルーツ・チーズケーキ)

8. Day7 ビクトリア(カナダ)

Day7 朝食 ブッフェで。

Day7 ランチ ランチは有料レストラン「Pinnacle Grill」(ピナクルグリル)へ。 「Pinnacle Grill」(ピナクルグリル)の特集記事

Day7 ディナー ビクトリア寄港が23:00までのこの日は、ブッフェで。

9. Day8 シアトル

Day8 朝食

French toast(フレンチ・トースト) 最後の朝はフレンチ・トーストです。

メインダイニングは・・・

朝食は選べないほどたくさんのメニューがあり、オムレツに入れる具や、目玉焼きの焼き方、添え物などの好みを細かく聞いてくれる、細かなサービスが目立ちました。

夕食時は、ガラディナー以外の通常のスマートカジュアルの日では、思ったよりもカジュアルな服装のお客様が多く、男性はジャケットやシャツを着用している人は多くありませんでした。 Tシャツにジーンズでメインダイニングに来ているお客様も一定数いらっしゃいました。

ガラディナーでもジャケットなしの男性、普段着の女性も一定数いらっしゃいましたので、自分なりのオシャレを楽しむということで問題ないと思います。

おすすめ記事

記事のシェアをお願いします

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン