Cruisemansトップ   >   コスタ・クルーズ   >   コスタ・ネオロマンチカ   >   ブログ   >   コスタ・ネオロマンチカ乗船記~その40~さようなら福岡・こんにちはマジェスティック・プリンセス

コスタ・ネオロマンチカ乗船記~その40~さようなら福岡・こんにちはマジェスティック・プリンセス

シリーズ  2017年9月 コスタネオロマンチカ 乗船記

船の最上部のデッキに上がると、福岡の出港パーティーの準備が行われていました。

この日は天気もよく、気温も結構上がったので、船のプールで泳いでいる人もいました。

ちなみに、プールに入っている人曰く「水がしょっぱい」とのこと。
海水を取り込んで、濾過して使用していると思われます。

私は、「リドバー・サントロペ」にて、冷たい飲み物を注文。

そして、この福岡から乗船した人たちがたくさんいるため、バーテンのスタッフはきりきり舞いの忙しさ。それでも笑顔で対応したり、気が効いたり、彼らもかなりベテランなんでしょうね。素直にすごいです。

デッキを歩いていると、あるプレートを発見しました。

1枚目は「コスタ・ロマンチカ」の建造プレートです。
2枚目は「コスタ・ネオロマンチカ」へと改装を実施したときのプレートです。

この船「コスタ・ネオロマンチカ」は、1993年にイタリアのフィンカンティエリ造船所で完成した「コスタ・ロマンチカ」という船を、2012年に大規模改装工事を実施し「コスタ・ネオロマンチカ」として就役させたという経緯があります。

「コスタ・ロマンチカ」の頃の写真がこちら。

こちらが現在の「コスタ・ネオロマンチカ」

船の前部を改修・増築し、バルコニー付きの部屋を増設。
他にも内装を大規模に改修。コスタ・クルーズが所有する船の中でも、落ち着いた調度品の数々と、多くの絵画を展示したり、カジュアル船ながら、ワンランク上の装備を持っているのが特徴です。

こういったプレートは、必ず船に取り付けられていて、記念写真を撮っている人も結構いました。

ちょうどその頃、デッキは出港パーティに出るための人でいっぱいになっていました。
どうやらコスタ・ネオロマンチカ的にも、このクルーズの本来の出港起点は福岡のようで、どの出港日よりも盛り上がっていました。

みんなが踊ったりはしゃいだりする中、ゆっくり福岡港を出港していきます。

そして、少し離れたところに、別のクルーズ客船が停泊していました。

恐らくですが、船の形状から考えるにプリンセス・クルーズ社が所有する「マジェスティック・プリンセス」と思われます。長さ330メートル、排水量143,000トン(!)の巨大な船です。

「マジェスティック・プリンセス」(公式ホームページ)

この年に就役したばかりの、ピカピカの新造船です。
プリンセス・クルーズ初の、中国クルーズ専属の船で、他の船とは違う、中国人の趣向に合わせたサービスや食事があるとか。乗ってみたいなぁ・・・・!!!!

船はどんどんと沖に進み、明日の最終寄港地に向かって進みます。

~つづく~

コメントを投稿する

コスタ・ネオロマンチカのクルーズ旅行

最安料金 ¥6,633 ~/1日

マジェスティック・プリンセスのクルーズ旅行

最安料金 ¥7,600 ~/1日

コスタ・クルーズのクルーズ旅行

最安料金 ¥2,529 ~/1日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン