Cruisemansトップ   >   ブログ   >   お洒落なクルーズライフ - クルーズの豪華なごちそうの賢い利用法

お洒落なクルーズライフ - クルーズの豪華なごちそうの賢い利用法

終日航海日は時間が足りない

クルーズに乗りますと、寄港地の毎日ある航路は良いのですがシーデイが多く船の中で過ごす時間が多くなると、三食のほかにもハンバーガースタンドや、ピザや、アフターヌーンティがあったり、船や時期によってはイベント食があったり、カナッペが配られたり、もうそれはそれは、おいしいものが押し寄せてきて困りますよね。

食べているばかりでは大人の成長を遂げてしまいますし、かといってジムに行ったり、デッキを走り続けたり踊ったり歌ったりいろいろ、活動してもまにあわないくらいです。

ましてやディナーのフルコースが食べ放題といわれているとついつい、過ごしてしまいます。

そこで一瞬、考えてみてください。

食べ放題のフルコース―=実は好きなものを食べられるフルコースということです。

メニューの中から、自分の食べたいものを選べるフルコースということです。

バフェももちろん(自制心は必要ですが)、ほかのいろんな飲食も自分で選べるものです。

ですから、ある意味良い食事を選んで食べてダイエットにトライすることもできるのです。

とくに、カロリー制限はけっこう難しいですが、低糖ダイエットとなりますと野菜を選び、たんぱく質をしっかりとる、そのやり方がとてもイージーにできるのです。

バフェでは自分で選べますし、レストランではメニューの中から選んで、その安全なものをしっかり食べればいいのです。

添え物の炭水化物もよけてもらうこともできますし、デザートだってノーシュガーのものもありますし、チーズプレートなども、用意されていますから、それを選ぶのもいいですね。

わたしも最初のころは 怒涛のように現れるおいしいものに、ついつい手が出てしまいましたが 最近は年とともに、若いころの様にはたくさん食事がいただけない感じになってきましたので、選んでたべるようになりました。

その時に軽いオードブルをいくつも頼めるし、スープとオードブルとデザートだけとかでもよいし、こんな自由なフルコースってないのではと思うようになりました。

勿論、ウェイターさんは食べさせたくてしょうがないので、何とかご機嫌をとって軽い食事にしてもらわなければなりませんが、いたずらにたくさんのメニューを欲張って残してしまうのもなんだか気がひけますし、食べられるだけの量をきれいにいただくのが素敵な気もします。

バフェなどの自分でとる場面でも大盛りにしたりせずに少しづつ何度も通うときれいに、品よく食べられます。

ハンバーガースタンドでは、バンズなしでもオーダーできるそうです。

まだ試してはいませんが次のったらぜひお願いしてみようとおもいます。

プリンセスのアイスクリームは小盛りでとお願い出来ました。

ご馳走が待っているクルーズというイメージは強いですが、逆においしいものを自分の好きなだけ食べられるクルーズというのもありだと思います。

一番の問題はウェイターさんに納得してもらって、ベイクドアラスカを小さく切ってもらうことです。

ニコニコ、絶対、今日はベイクドアラスカね!といわれるとなかなか大変です。

最初からこちらの希望をお伝えするのもよいかもしれません。

大人のクルーズはおいしくて好き放題に食べられるお食事という新たなる御紹介をしようと思います。

ついでにジムやらスパやらあるのですから美しくなって下船できるかもしれませんね。

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン