Cruisemansトップ   >   アザマラ・クラブ・クルーズ   >   アザマラ・クエスト   >   ブログ   >   アザマラクエスト日本周遊乗船記3-気配りから生まれた食事のおいしさに感動

アザマラクエスト日本周遊乗船記3-気配りから生まれた食事のおいしさに感動

シリーズ  2019 アザマラクエスト日本発着クルーズ乗船記(東京発東京着)

飛び回るメインシェフ
Photo: 飛び回るメインシェフ

アザマラ・クルーズの位置付け

プレミアムカジュアルよりは上といわれているアザマラクルーズ。

この位置づけも根拠とかはっきりしないものではあるのですが、確かにホーランドやプリンセス等よりは 豪華な部分も多く、乗船すれば納得いくものです。

比較的根拠として分かりやすいのは乗客に対するスタッフの数でこちらは2:1くらいです。 一般にクルーズ船は食事がインクルードということで、その内容も話題となることが多いのですが、此方の船も素晴らしいお食事の数々。 といっても、今回実はほとんどバフェで食事をしました。

アザマラ・クルーズの食事

最初は1回レストランのディナーに行きましたが、なぜか入るのにも、オーダーにも、時間が結構かかりましたので、催し物の関係で翌日バフェにいきましたら、そのお料理がすばらしいし、テーブルセッティングもちゃんと布クロスにクリスタルのグラスで良い雰囲気。

スタッフも多いし、取ってくる食事も気づけばウェイターが運んでくれたり、此方でも十分楽しめると通して上に行きました。

シーデイなどはちょっと混み合いますが、全体の人数が少ないので比較的席の確保も難しくないし、盛り付けのボリュームのあるレストランのお食事では多くのメニューを楽しめないということもあり、上でちまちまとたくさんお料理を味わってきました。

ガラナイトがないのでホワイトパーティというものが催されて大きなイベントでしたが、そちらでも素晴らしいごちそうが並び、目を見張る経験でした。  くわしくはイベントとして、ご紹介します。

普段のお食事でも毎日テーマがあり、ザ・インサイダーという船内新聞に掲載されます。 これを見て毎日楽しみに通うわけです。

飲み物が特別なものでない限り、飲み放題ですからワインなども昼でも夜でも赤白2種類は必ず用意されていますし、飲み物の好みがウェイターに伝わると、頼まなくても席に取り置きの自分のバッグなどを置くだけで料理を持って戻るとワイングラスがおいてあったり、コーヒーなどの好みも同じく、すぐ覚えて、デザートに移るころ合いには自動的にコーヒーがやってきたり、もちろんテーブルをその同じ担当のいるあたりに取らなければなりませんが、下のメインレストランと変わらないサービスを受けられます。

飛び回るメインシェフ

そして、特筆すべきは メインシェフが デイナータイムにレストランを飛び回っていることです

帽子なしですが、飛びまわるメインシェフ 帽子なしですが、飛びまわるメインシェフ

メインレストランでの様子は分からないのですが、上のバフェやグリルではしょっちゅうあちこちにあらわれ、客とあいさつを交わし、盛り付けやサービスをしたり、そして何より、じっとみんなの様子をみています。

他のクルーズでも、レストランにはシェフが時々現れて挨拶したりすることはありますがこのように、グリルやバフェでチェックする姿は珍しいと思います。

常に自分の作品を検証しているアーティストのように感じました。 毎日のテーマに沿って、メニューをインターネットで調べているとも、言っていましたし、ジャパンナイトの時はカレーパンに挑戦し、ぜひ食べて感想を教えてほしいともいわれました。

揚げ物でないタイプのカレーパンですが、結構な出来で、「素晴らしいカレーパンですね」とお伝えしました。

何もかも、とても豊富なのですが、デザートなども困るほどの種類にフルーツも珍しいドラゴンフルーツなどからこの季節に贅沢なフレッシュな苺なども並びます。

アイスクリームはジェラートで、それも毎日くらいにフレーバーが変わり、トッピングのソースがあったり楽しみ方もいろいろ。

2回ほど、プールサイドのデッキで本格的な火を使ったバーベキューもありましたし、チョコレートバフェが開かれたり。

食事時間以外でもタパスやサンドイッチ、アメリカンスタイルのクッキーや、ケーキなどもラウンジやバーでも食べられますしグリルのハンバーガーも絶品。 ピザもおいしい。

ドラゴンフルーツ ドラゴンフルーツ

バフェのフルーツ バフェのフルーツ

ジェラード ジェラード

CAFEの食べ物 CAFEの食べ物

寝る前に部屋に帰れば、毎日日替わりでミニケーキやトリュフチョコレート、時には寄港地の有名和菓子が届いたこともありました。

ナイトキャップに届いた和菓子 ナイトキャップに届いた和菓子

毎日のものはこんな感じの御菓子 毎日のものはこんな感じの御菓子

船の食事はだんだん飽きてくるということもよく言われますが、よほどのグルメの方でない限り、此方のお食事ではずっと楽しめるのではと思います。

メインのレストランだけではなく、バフェでも細やかな気配りのもとに供される料理は、いかに乗客を楽しませたいかとスタッフが思ってくれているとこちらに感じさせるのには、充分なアイテムとなっています。

ガラのすばらしい、豪華な雰囲気も素敵ですが、カジュアルな気楽な服装で楽しめる大ごちそうはリゾート感満載の違った方面からの豪華さと思いました。

CAFEの食べ物 CAFEの食べ物

乗船日のウェルカムケーキ 乗船日のウェルカムケーキ

バフェのコーヒーコーナーもちあるけるふらつき紙カップの用意もあります バフェのコーヒーコーナーもちあるけるふらつき紙カップの用意もあります

アザマラ・クラブ・クルーズの人気エリア

コメントを投稿する

アザマラ・クエストのクルーズ旅行

最安料金 ¥13,333 ~/1日

アザマラ・クラブ・クルーズのクルーズ旅行

最安料金 ¥12,250 ~/1日

日本発着のクルーズ旅行

最安料金 ¥6,160 ~/1日

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン