Cruisemansトップ   >   ブログ   >   クルーズの旅行会社奮闘記   >   アザマラクエスト 2

アザマラクエスト 2

続き
ルネッサンスシリーズの話に戻りますが、現在これらの姉妹船は
プリンセスクルーズ、オーシャニア、アザマラに在籍しています。小型船の特性としてロングクルーズに配船されることが多いですが3社ともその傾向があります。プリンセスクルーズは世界一周など、オーシャニアとアザマラは春夏の稼ぎ時は、ヨーロッパへ集中配船。2週間前後が多いです。そして寄港地が魅力的。例えばフランス・イタリアの地中海沿岸、アザマラはモナコ、サントロペ、ポルトフィーノ、ラスペツィアと、大型船の入らない港を巡ります。
ここ10年の間に、何度か中小型船にトライしようとしたのですが大型最新鋭船の誘惑、同行するお客様とのスケジュール等の問題で断念してきました。しかし今もその思いがずっと残っています。
アザマラクエスト視察を終えて、強烈な印象というよりは、何か気になる船だなぁという感があります。あの船のよさは、それこそ乗って過ごしてみないとわからないのかも知れません。
私自身、アザマラの魅力を上手く伝えきれず申し訳ないのですが、こういうジャンルの船は、確実に支持層があると思います。

PHOTO
メインダイニング
時間もテーブルも自由です。

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン