Cruisemansトップ   >   ブログ   >   クルーズの旅行会社奮闘記   >   シリーズ「ドリームクルーズ」   >   ドリームクルーズ、乗りこなし術

ドリームクルーズ、乗りこなし術

シリーズ  ドリームクルーズ

10/21 ゲンティンドリーム シンガポール発3泊に乗船しました。

15万トンの巨大船、お客様は初クルーズの方が多かったのですが、「これ、乗りこなすのはけっこう難しいかも。。。。」と感じました。ゲンティンドリームはおととし出来たばかりの最新の船。本来は1週間でもじゅうぶんすごせるほとの設備があります。それをたった3泊で楽しむという難しさ。

今回、40代の大人の女性が多かったので、私なりに引き算をしました。まず、アスレチックやロッククライミングなどの設備はすべて私からの案内からさっぴきました。そして、英文の船内新聞、たくさんのアクティビティが記載されてますが、これも初クルーズの方には多すぎて選べないと思いました。その中には重要な事項も書かれています。例えば夜のショー(21:30から)はすべて予約制でその予約は14:00-15:00にレセプションで行わなければならない、など。そういった大切なポイントに絞ってお客様に案内して動いていただければ、満足度も高まるのではないかと。

今回、気づいたことがありました。私は普段扱ってる船が、おおよそ初クルーズ向きではないので、初クルーズの方にあまり出会ったことがなかったのです。でも今回初クルーズの方とご一緒させていただき、私もたくさん得るものがありました。何よりも皆さんがすごくクルーズを楽しんでくださってる姿を見るとうれしくなりました。つまり、今まで知らなかったクルーズというレジャーを受け入れてくださったということですからね。

さて、一人の船好きとして、このゲンティンドリーム、どういう乗り方がベストだろうか?いろいろ考えました。船型はNCLのエスケープなど最新型と同じですから、十分な設備があります。でも、出来れば食事は美味しい方がいい、出来ればいいサービスを受けたい、と考えた場合、私は特別フロアのパレスをおすすめします。例えば、下記の香港週末2泊、普通のバルコニーとパレスの差は2万円程度。

http://www.mercury-travel.com/dream/schedule.html

でも、特別レストラン1日1回無料、ドリンク込み、これだけで元が取れます。そして専用レストラン、専用プール、3200人の喧騒から離れることができます。またセコイ話、通常レストランのオレンジジュースはすごく味がうすいのですが、パレスのオレンジジュースは普通においしいです。

本来、クルーズ船とはクルーズ料金に食事代が入っているものですが、現代の大型船は追加料金を払うことでやっと”おいしい”食事にありつけるようになってます。そこはケチらず、この船なら食のバリエーションが楽しいので、鉄板焼やステーキ、シーフード、有料の中華、火鍋などを楽しんだ方がこの船は楽しいと思います。

ドリームクルーズ、いつでも身近で2泊から乗れる、行こうと思えば年に数回乗れる。香港やシンガポールも楽しめる。とてもいいプロダクトだと思います。初クルーズの方がこの船からクルーズの世界に入ってゆくものありだと思うし、私のような古株でも時にこういう身近な船旅が楽しめます。ぜひみなさんもチャレンジしてみてください。

ドリームクルーズ、来年の乗船を検討していましたが、ますます乗りたくなりました。
おすすめの「パレス」でチャレンジしてみます。

ドリームクルーズ、けっこう売れてますよ。年中いつでも乗れるのがいいと思います。
パレス、おススメです。

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン