Cruisemansトップ   >   ブログ   >   クルーズの旅行会社奮闘記   >   早くも12月

早くも12月

1年、早いですね。12月に入りましたが、今月も大事な仕事があります。忙しくもつくづく「仕事がもらえるって、ありがたいことだなぁ。」って思います。本当にそう思います。

月曜日は、全国から客船誘致関係者の方が50名以上お集まりいただき、客船誘致とクルーズセールスを考える重要な会合があります。私の発案で企画して、それに大勢の方が賛同して横浜へ出張で来て下さる、とても大きな責任を持って挑まなければなりません。

また誘致関係者の方にもその対象物であるクルーズそのものの魅力をわかってもらいたい、そのために今大変お忙しい上田寿美子さんにご講演をお願いし、快諾してくださいました。

金曜日(10日)は、とても楽しいイベント、当社3回目のカフェ&トーク。

  • 1回目 ホーランドアメリカライン
  • 2回目 ノルウェージャンクルーズライン

じゃぁ、3回目は違う会社に? と行かないところがあまのじゃくな東山の頭の中の構造でして、もう一度ホーランドアメリカライン、7年ぶりの新設計新造船「コーニングスダム」とその処女航海クルーズのお話。

そしてシルバーシー。とかくラグジュアリー船を語るとき賞賛の言葉の羅列がパンフレットなどにあふれますが、実際のところどうなんだ? をリアルに自らの言葉で語り、みなさんと掘り下げていきたいと思ってます。

ラグジュアリー船、旅行会社の人でも乗ったことがある人少ないです。やっぱり高いですから。でも「いいですよー」だけではその層のお客様には響くはずがない。売るなら、高くても身銭切って自分が乗って自分の言葉で「ここがこういうふうに良いんですよ!!ここがラグジュアリークラスになると違ってくるんですよ!!」と伝えなければならない。するとお客様はぐっと興味を持ってくださる。

私が初めて乗ったラグジュアリー船はシルバーシャドーが初めて日本に来た2005年神戸~上海ですが、それは自身にとっていい投資になってます。

  • 「恐れることなかれ、ラグジュアリー船!!」
  • 「乗ってから全然お金がかからない、ラグジュアリー船!!」

そんなお話をさせていただきます。

ホーランドアメリカライン、シルバーシー両船社の代理店の方もお招きして、普通の旅行説明会とは全然違う楽しい時間にしたいと思っております。ご興味のある方、ぜひご来場ください。

  • 日時:12月10日(金) 14:30開場 14:45スタート(16:45終了)
  • 場所:みなとみらい フォレシスホール
  • 先着40名様限定。
  • 会場地図

11日には、サンファン(プエルトリコ)に向け出発、シードリーム・ヨットクラブの南カリブ海クルーズです。

昨年の同時期、「カリブ海を攻略せねば!!」と視察乗船。マイアミから出港する大型船のカリブ海クルーズとは全然違う、その魅力に圧倒され、情報発信をしてまいりました。そして1年たって日本からのお客様と一緒に寒い日本をエスケープ、シードリームの南カリブ海となった訳です。

この12月12日発 シードリームⅡ サンファン~セントトーマスは、「プレジデントボヤージュ」となっておりまして、シードリーム・ヨットクラブ社長のボブ・レピストが乗船し、ゲストをもてなすというもの。

日本からのゲストの存在感を示したいと思っております。そして日本人はアジアの中でもやっぱり素晴らしいゲストである、ということを私が率先してアピールし、北米やヨーロッパからのゲストに交わって最高の1週間を作り上げたいと思っております。

年末年始、横浜で過ごすことになり、お節料理を予約しました。和ではなく洋のおせち、横浜関内にあるフレンチ「ストラスジュール」。

私の知る限り、横浜フレンチNO.1。お箸でいただくフレンチ。ランチが3000円台でありますが、これが大満足!!ぜひ横浜に来たら足を運んでみてください。



ボブレピストと東山、これぞ裸の付き合い。(お見苦しいおっさん二人の裸、深くお詫び申し上げます。) ボブレピストと東山、これぞ裸の付き合い。(お見苦しいおっさん二人の裸、深くお詫び申し上げます。)

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン