Cruisemansトップ   >   ブログ   >   クルーズの旅行会社奮闘記   >   ポナンからシードリームへ

ポナンからシードリームへ

このブログ、毎日訪問してくださる方の数がわかるようになっていまして、めったに投稿できないにもかかわらず、毎日訪れてくれる方がいらっしゃいます。本当にありがとうございます。船乗ってるときは、手軽なのでfacebook で日々の情報をUPしております。 よろしければご覧ください。

4/22 ~ 5/8 ル・ソレアル 大阪~舞鶴~大阪にお客様と乗船してまいりました。昨年の大阪~舞鶴~大阪~舞鶴~大阪~函館43日間に比べると短かったのですが、明らかに老化が進行しておりました。

それでも今年も素晴らしいたくさんのお客様との出会いがありました。ポナンの日本発着クルーズは、本当に楽しいお客様が集う場となっています。そして各寄港地でも毎年訪れるうち、知っている人がどんどん増えてきました。鹿児島なんか、SOLASの警備員のおにいちゃんも私のことを憶えてくれてます。

いつも心がけるのは、私がこれ(日本発着)に慣れきってはいけない、ということです。私はずっと乗ってても、お客様は毎回1回きり、さらに安くないクルーズですから。実際には慣れきることはありません。同じ港でも海域でも毎回全然表情が違います。キャプテンやホテルマネージャーが違えば船内での仕事のやり方も全然変わってきます。

反省点は寄港地観光、例えば境港から、まず出雲大社へのツアー設定するじゃないですか。でも行ったことある方も多いですよね。その比率がわからないのです。今秋以降の日本発着では、各寄港地とも”ひとひねり”した、”それ、何?”を織り込んだツアーを各地元の方と相談して作ろうと動いてます。

まだ船下りて1週間ですが、今週末には次の仕事、容赦なく近づいてきます。

ちょっと最近仕事入れすぎか?仕事減らすか?体力も落ちてきたし。。。

とか考えるのですが、同じ業界で働く同年代、同級生がすごく働いてるのを見てると、そんなことは言ってられません。

でも、次のクルーズ、超がつくほど素晴らしいのです。

シードリーム・ヨットクラブでゆくモナコグランプリクルーズ。ニースから乗船、チンクエテッレ・ポルトヴェーネレなどイタリアリビエラを漂ってから、コルシカ島へ、その後コートダジュール随一のリゾート地サントロペを経て、28,29の週末はモンテカルロでグランプリ、という絶好のコース。

モナコGPは不思議なイベントです。6年前に初めていきましたが、「あ、俺、今が人生の絶頂期なんだろうなぁ。もうこれ以上はないよなぁ。あとは落ちるだけか。」と真剣に思いました。それだけすごく幸せな贅沢な空気が流れている特別な雰囲気でした。

モナコGP、自動車レースに興味がない人でもあの週末にモナコにいるとたぶん楽しいと思います。モンテカルロの湾に停泊している豪華なプライベートヨットのデッキに水着のお姉ちゃんとか寝そべってるのですが、全然レースとか見てないです。

なぜわざわざこの特別な週末にモナコに来てるの?と問いたくなります。あとだいたい悪そうな男がその女の近くにはいます。どういうやつが悪そうな男か? ぶっとい葉巻&サングラス&片手にシャンペングラスです。

20年以上前、中島悟に熱狂しました。日本人として初めてちゃんとF1ドライバーになったことに驚き、何しろ、世界でたった20人ぐらいしかF1ドライバーになれないのですから。

ただ、いつも車が非力で他のチームより劣っていた。それでも知恵と粘りで彼は世界中で格闘するのです。特にモナコの市街地コースで奮闘する中嶋とロータスの黄色い車に深夜テレビで釘づけになりました。

とにかくこの特別なクルーズ、お客様には目いっぱい楽しんでいただきたいと思っております。クルーズ中は下記2つのfacebook をぜひご覧ください。

シードリーム・ヨットクラブのFB (真面目な投稿)

プライベートのFB (飲んだり飲んだりの堕落した投稿)

ル・ソレアル

シードリームⅠ



コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン