Cruisemansトップ   >   ブログ   >   クルーズの旅行会社奮闘記   >   マルコポーロ スコットランド&北イングランド諸島への旅

マルコポーロ スコットランド&北イングランド諸島への旅

暑中お見舞い申し上げます。横浜は、最近不安定な感じの天気が続いております。

8月5日 成田21:20発のエティハド航空で、マンチェスターへ向かいます。どうなるかわかりませんが、車で北上、湖水地方を巡って、エジンバラへ、8月10日に乗船。
http://www.mercury-travel.com/marcopolo/schedule1.html

マルコポーロとは、1965年にソ連の国営クルーズ会社により建造された「アレキサンダープーシキン」という船、つまり建造から50年のクラシック客船であります。

最近、ポナンやシードリーム・ヨットクラブといった、ヨットスタイルの仕事が多いのですが、私のもう一つのライフワークはクラシック客船

その象徴的な船「サガルビー」は引退してしまいましたが、探せばこの船がありました。

きっかけは、去年ヨーロッパへの飛行機の中で、あるドキュメンタリー番組を見ていたら、それがマルコポーロの冬のバルト海への船旅だったのです。

私は一気に魅了され、今回の乗船となりました。

船は、古い船から確実に引退してゆきます。どうしたって時計の針は戻せません。だから船好きは、ぜったいに古い船から乗るべきなのです。(そこに価値観を感じる人は)

もうひとつ、今回の目的は、いまどき、日本の夏はとても暑いじゃないですか。単純に涼しいエリアのクルーズは、ひととき快適なのではないでしょうか?

陽光降り注ぐ地中海やエーゲ海は、他の船会社にまかせて、涼しい夏の北ヨーロッパのクルーズを来年以降本格的に継続的に訴求してゆこうとの狙いがあります。

来年は、サガサファイアの

  • 2017/7/31発 英国(ミリタリータトゥ)&スコットランド周遊 12泊
  • 2017/8/12発 サガサファイア フランス・ブルターニュ探訪 5泊

あたりにお客様とご一緒するコースを設定しようと考えております。
http://www.mercury-travel.com/saga/all/sagasapphire2.html

サガは、50歳以上という年齢制限があります。また一人旅を真剣に考える会社、シングルキャビンもあり、アットホームな雰囲気、行き届いたサービス、ロンドンからの無料送迎など、シニア世代にとてもフィットしたクルーズ会社なのです。

今回乗船するマルコポーロは、英国のクルーズ&マリタイムボヤージュ社の船で、やはりシングルキャビンもあり、会社の雰囲気はサガと少し似ています。

ただ、サガよりも大衆的、料金もリーズナブル、ただ心配なのは、食事が大丈夫なのか?ちなみにサガは、けっこう食事がおいしいです。そして贅沢です。

客室は、最もリーズナブルな内側シングルを予約、それを内側ツインにアップグレードしてくれました。

マルコポーロ 632号室。デッキプランには、632には*印が。説明を読むと、「Cabin with two lower beds that cannot be ppushed together」とあります。これ典型的な昔の船の部屋、真ん中の物入れ家具が固定式で動かせないから、ベッドがツイン固定なのです。

約12㎡、シャワー付。ここが私の基地。「左と右、どっちのベッドで寝るかなぁ」とか、「靴とかカバンとか、どこに置くかなぁ」とか、そんなの、どうでもいいじゃねぇか、ということを考えるのも、ちょっと楽しいのです。

船内のレイアウトは昔の船にしては意外とシンプル、超複雑難解なQE2やサガルビーに比べると、チョロいもんです。でも50年前の船だから、必ず不思議なスポットがあるはず。

マルコポーロのデッキプラン

22000トンにしてドラフト8.2mは、はかなり深い。(偶然にもサガルビーも8.2m)いかにもオーシャンライナー。

今回のクルーズでは、スコットランドとアイスランドの間にあるデンマーク領のフェロー諸島にあるトースハーン、シェトランド諸島のラーウィック、オークニー諸島のカークウォール、ヘブリディーズ諸島のストーノウェイ、マル島のトバモーリなど、渋いイギリスの島を巡ります。

最近、EU離脱で話題の英国ですが、私は最近この国がだんだんと好きになってきました。プライドも感じるけど、人は良心があって、人間味があって、田舎町に行くと人がとても親切。

イギリスのクルーズがまだ日本であまり知られていないのは、誰もきちっと掘り下げたことがないからだと思います。それならば私がチャレンジしてみたいと思い立ちました。

ラグジュアリーやヨットスタイル、とてもスマートでゴージャスで。それはそれで華やかでいいのですが、人にはいろんな価値観があります。

そんなにスマートやゴージャスでなくても、その人にとっては心地よい船旅があるはずです。そのキーワードは、大人たちの船旅、グランドジェネレーションの船旅だと考えています。一生懸命がんばってきた大人たちが、ひととき、心から楽しめる船旅を探してきます。

8/5〜8/19 、いつものように真面目なレポートは会社のフェイスブックで、いつものように不真面目なレポートは個人のフェイスブックで、

バーチャルで涼しい北ヨーロッパの船旅へご一緒しましょう。そして、来年はリアルな北ヨーロッパの船旅へご一緒しましょう。

ship1-main マルコポーロ。シアの効いた船体がクラシック。

cat-3 632号室が該当する内側カテゴリ3、私の基地。

ship1-130045-0 メインダイニングとラウンジ。

ship1-130023-0 NCL傘下のオリエントライン時代、かなり大掛かりな改装をしているので、この写真を見る限り、
けっこう新しく見える、そこがちょっと残念でもある。ホンモノはいかに?

ship1-182751-0 船尾に向かって広がるデッキ、プール。この雰囲気最高じゃないですか。最近の船は船尾は、部屋を作ってしまいますから。

image3 チケット、船会社が違えば様式も全然違う。そこが面白い。

image2 ラゲッジタグ。自分で作る方式。味気ないですなぁ。

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン