Cruisemansトップ   >   ブログ   >   クルーズの旅行会社奮闘記   >   ありがたいことです。~ あと18日でポナン南極クルーズ

ありがたいことです。~ あと18日でポナン南極クルーズ

2017年になって、一発目の乗船は、帆船スタークリッパー プーケット発着でした。7年ぶり、感慨深く、あいかわらず食事はおいしく、アットホームな良い船でした。

横浜に帰ると余りの寒さに驚きました。(プーケットは毎日30度前後ですから。)そして、あと18日で南極へ向かいます。もちろん初の南極。

  • 南極って、どんだけ寒いねん?
  • 成田からブエノスアイレスって、何時間飛行機に乗るねん?
  • 南極でWi-Fiとかつながるのか?
  • 南極の氷、水割り用に持って帰ってきてもいいのか?
  • どんな服装が必要なのか?

と、あれこれ調べ始めてます。

昔は命がけで行くところでした。今は、フランス船で優雅に行けるような時代になりました。

実は、南極クルーズ、あまりイメージが出来ていません。ニースとかモナコあたりシードリームでタラーッっと流してる感じなら、すごくイメージも湧くし、気も向くのですが。

3月17日のスモールシップフェア(@東京フォーラム)では、すでに南極帰国報告会も設定されてるので、がんばって行ってまいります。

3月17日は、スモールシップフェアの日です。 ぜひ、みなさんお気軽に遊びにいらしてください。

スモールシップって、リバークルーズ・帆船・ヨットスタイル・クラシック船など、ちょっと個性の強い船が多い、個性とは、オーナー色だったり、お国柄だったりします。そこが面白いです。

ポナンは、フランス色全開、朝食ビュッフェにもシャンペンが置かれていたり。サガは、おもいっきりブリティッシュ、夜は全員ビシッとタキシード。シードリームは、ゴージャスなんだけど超リラックスムード。食と酒は異常なほどに贅沢。

最近は、一人旅のことをよく考えています。シングル参加のお客様、問題はシングル割増です。ポナンやサガ、探せばシングル割増ゼロやシングルキャビンもあります。そんな情報を、スモールシップフェアでは詳しくご案内いたします。みなさまのご来場、お待ちしております。

雑誌「CRUISE」が4月から偶数月の発売になり、大幅リニューアルされます。そして私も4月売りの号から連載をさせていただくことになりました。雑誌「パーフェクトボート」の毎月の連載だけでも、締切から逃げ回っている毎日なのに、さらに1本書けるのか?

でも、雑誌「CRUISE」の編集の方には、クルーズ初心者向けの記事は他にもあると思うので、私は、長い人では20年ぐらいずっと読んでおられるクルーズ上級者に向けて、かなりディープな話を書かせていただくことで了解を得ています。こちらもどうぞお付き合い下さい。

最近、フェイスブックの影響力って凄いですね。私の場合、船乗ってないときは、だいたい飲み屋からの投稿になってしまい、「俺って、つまんねぇ奴だなぁ。」とおもいつつも、そんな船以外の投稿に義理で「いいね」をしてくださる心優しい方にはとても感謝しています。

今年もどうぞお付き合い下さいませ。

IMG_6770

去年11月、噂のゲンティンドリーム試乗のあと、シンガポールのディンタイフォンにて。上田寿美子さんが、「じゃあ5人だから、小龍包50個ちょうだい。」と注文されたときは一同唖然。上田さんのその感じ、素敵です。

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン