Cruisemansトップ   >   ブログ   >   クルーズの旅行会社奮闘記   >   6月と7月のイベント

6月と7月のイベント

4月の終わりから、シードリーム→ポナン→シードリームと渡り歩く、幸せな1か月強でした。

シードリーム

たくさんのお客様とご一緒させていただきました。シードリーム・ヨットクラブ、あらためてたいした会社だと思いました。乗ったお客さんをことごとく熱狂的に虜にしてしまうのですから。我ながら、「なんなんだ、あの会社は!!」と思います。

シードリーム・ヨットクラブのオーナーはノルウェー人。彼はいつも「シードリームは、ベスト&ベストで行きたいんだ。」と口にします。

ケチなコストカットなど考えず、すべてにおいて最高を提供する、すごく次元の高いサービスを供する会社。ほとんどの港はテンダーボートで上陸ですが、たとえお客さん一人であってもテンダーは動かします。ある程度お客さんが集まるまで動かさない、とかそんなことはしません。 いまさらながら凄い会社だなぁ、と実感しました。

ポナン

恒例の日本発着、今年は新コース、高松、別府など初寄港もありました。大阪〜高松〜広島〜別府〜門司の瀬戸内海区間は最高でした。あらためて美しく穏やかな海に感動しました。日本海に出てからは境港、金沢、佐渡、秋田、青森、室蘭と北上、日本は四季のある美しい国、フランス人ゲストも満喫していました。みなさん日本のファンになったようです。

6月・7月のイベント

6月・7月とイベントが続きます。イベントはお客さんと直接会える、それがうれしいのです。

6月23日 クルーズ&トーク「ホーランドアメリカライン」 in ぐりる・てる

当社が主催、年に1〜2回行うイベント、クルーズを売るための単なる説明会ではありません。ひたすらその船の魅力を語ります。

今回はホーランドアメリカライン。今回のイベントはとても大切な内容をお話しさせていただきます。来年のフォーレンダムによる日本発着、これはとても貴重なクルーズになる可能性があります。再来年の日本発着、なんと8万トンクラスのウエステルダム投入が発表されました。

「フォーレンダムよりウエステルダムの方が新しく大きい船、おすすめですよー。」なんて短絡的なプレゼンはしません。むしろ来年のフォーレンダムの方が価値があります。フォーレンダムは6万トンですが、このぐらいのサイズの船、他社ではもうラグジュアリー船になります

でもフォーレンダムはじめ、HALの5〜6万トンは本当に高級感があり、あのクルーズ料金では安すぎる、といつも思います。船内は混み合うことがなく、客室も快適で広め、中型船の魅力がぎっしりと詰まってます。

再来年のウエステルダム、HALとしては初めて8万トンクラスを日本に持ってくるのですが、つまりキャパシティを増やしたわけです。8万トンクラスはそれはそれでかなりカッコイイ船なのですが、時代性からバルコニーキャビンが多く、外観はいまどきの船、船内はHALらしいクラシック感はあるものの、現代的な装飾なども入り込んで、HALの船に必ず感じる、いい意味での「古臭さ」が全くないのです。

HALの日本発着はこのまま8万トンクラスにサイズアップされる可能性があります。そうなると来年のフォーレンダム6万トンクラスは、日本で乗れる最後の6万トンクラスになるかもしれません。 (ならないことを願いますが)

数年前、横浜大桟橋でダイヤモンドプリンセスとフォーレンダムが並んだことがありました。断然、ダイヤモンドの方が大きくスタイリッシュ、フォーレンダムは小さくて地味で。でも私は中身が凄いことを知ってますから、その時は堂々とフォーレンダムに乗船しました。

ホーランドアメリカラインは150年ぐらいの歴史ある会社なので、どうも日本ではきちっと 語られていない。ならば、日本一のHALファンである私がこの会社をきちっとプレゼンテーションしたいと思います。

そして今、HALは初クルーズの方も選ばれるようになりました。理由は口コミ。事実、今日本発着のプレミアム船の中では、クオリティにおいて、頭ひとつ抜き出てると思います、というかライバル他社のレベルが下がっている気がします。

場所は、京橋に新しくできたエドグランというビル、その1階にオープンしたニュージーランドビーフとワインの店「ぐりる・てる」。 みなさまのご参加をお待ち申し上げております。

6月23日 15:00から 詳細はコチラ → http://www.mercury-travel.com/cafe/

7月14〜15日 スモールシップフェア in 大阪

東京で大盛況だったフェアを大阪でも開催することになりました。ここ数年で、スモールシップが日本でもかなり浸透してきました。一昔前は、数千人が乗る大きな船が豪華な船と大半の人が思っていたのですが、今は、「いやいや、良い船は小さいんだよ。」ということがかなり知れ渡ってきました。

私の講演は2回、1回目(14日)は、BIG ship VS SMALL ship 。これは多少過激な内容かもしれませんが、”事実”をお話しします。 ひどい写真、すばらしい写真もお見せします。

2回目(15日)は、ポナンで行った南極クルーズの報告会。お陰様で東京のフェアでは大変好評をいただき、その場で何件か2019年の南極クルーズのご予約をいただきました。

いいプレゼンをすれば、必ずお客様の心が揺り動かされ、そのクルーズへ行きたくなる。いつもそう信じてプレゼンしています。想像をはるかに超える感動をもたらしてくれる南極、このプレゼンで「こんなに簡単に行けるの?」と感じていただけると思います。

7月14〜15日 詳細はコチラ → http://www.mercury-travel.com/ssa/

雑誌「クルーズ」連載スタート

雑誌「クルーズ」で新たに連載がスタートしました。ずっと読んでた船の雑誌、まさか自分が連載とは思ってもみませんでした。

この雑誌はクルーズ初心者から上級者までいろんな方が読んでおられます。連載を始めるにあたり、初心者向けの内容はどなたかがなさるだろうから、私は上級者に向けた内容に絞って書かせていただくことを了承いただいてます。でも、本音はクルーズ初心者の方も読んで興味を持ってもらえたら、と思ってます。もし本文の中でわからない用語などがあれば、何でも質問してください。

「あ、今年も夏が来るなぁ。」と感じるこの時期、すごくワクワクします。アラスカや北欧のクルーズがスタートするからです。最近、アメリカに行く機会がなく、もし、休みが取れたら、ホーランドアメリカラインでアラスカへ行きたいなぁ、といつも考えています。6月ちょっと行けるかも、と思ってましたが、無理でした。(がっかり)

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン