Cruisemansトップ   >   ホーランド・アメリカ   >   ヴィーンダム   >   ブログ   >   2019年GWクルーズ選び(4)HALフェーンダムのイタリア半島回遊

2019年GWクルーズ選び(4)HALフェーンダムのイタリア半島回遊

シリーズ  2019年ゴールデンウィークのクルーズ選び

Veendam

まだ乗ったことがないが、次に乗りたい船会社のホーランドアメリカライン。

フェーンダム(Veendam)は、1996年製造と少し古いスタテンダム級の最後に作られた第4船です。5万トンクラスの中型船で、日本への寄港も少ない船。

サンプリンセス、コスタビクトリアと7万トンクラスには2度乗りましたが、5万トンの中型船はまだありません。飛鳥IIぐらいの大きさだと思います。横浜に良く来るフォーレンダムは6万トンなので、ほぼ同じ、少し小さい5万5千トン。これも楽しみと感じた一つ。

寄港地

Itineraryは以下の通り。

地中海は、東のアドリア海をベニスからイスタンブール周遊と西の地中海チビタベッキアから定番の周遊を経験していますが、コルフ(Corfu), コトル(Kotor), スプリト(Split)とラヴェンナ(Ravenna)の港は経験なし。

特にCorfuとKotorは良かったとの友人の話もあり、すでに寄港したドブロブニク、ベニス、ローマと世界遺産巡りにような寄港地は魅力的です。ドブロブニクは前回ロープウェイに乗れなかったので、次回は、乗って街を見下ろす風景を楽しいたいと思っています。

日程とアクセス

日程的にはベストな4月28日乗船の5月5日下船。ローマ行きを27日のフライトで前泊し、戻りを5日のフライトで日本着が6日。きっちりとGW内に納まります。空港もローマ・フィウミチーノ空港 とベネチア・テッセラ空港で、航空会社の本数は悪くない。時間的にはAeroflotが一番スムーズ。但し、ベニス発が12:55。少し早すぎるかなあ。

Early Disembarkationを依頼して、遅くとも10時には降りられるとして、少し余裕を見た時間で、Santa Chiaraのバス停からバスで行くルートを探してみると、

空港ターミナル到着11:05。念のため次を確認すると、

Googleによると、20分遅れで出ていました。到着は11:25、まだ1時間30分はあるので、10時までに下船できれば、問題はないと思われます。

心配な人には、少し航空券が高くなりますが、行きをAerofloatで帰りをQatarと言う方法も見つけました。少し高い値段が出ていますが、14万円なら良しとすべきかもしれません。

Qatarで帰ると、到着は少し遅くなりますが羽田着も選べます。最近乗っていませんが、Qatarは良い航空会社だと思います。(ビジネスだったら昔はパジャマが付いていました。)

さて、このクルーズお値段は、IACEトラベルで以下の通り。

バルコニーの数が少ない船なので海側窓の部屋で15万円、航空券が13万円、これに、港湾税、チップ、下船時のお小遣いも入れると二人で70万円となりました。

他にも扱っている旅行会社は無いか調べましたが、日本の旅行会社のWeb上で値段が出ていたのはIACEトラベルだけでした。

70万円は少し高いので、保留。

コメントを投稿する

「ヴィーンダム」の商品・料金

「ホーランド・アメリカ」の商品・料金

「ヴェネツィア」の商品・料金

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン