Cruisemansトップ   >   シルバーシー   >   ブログ   >   Royal Caribbean 攻撃は最大の防御作戦? (Silversea編)

Royal Caribbean 攻撃は最大の防御作戦? (Silversea編)

シリーズ  COVID-19の影響

Silverwind
Photo: Silverwind

Selverseaを100%傘下に

Carnivalの13隻売却に対して、Royal Caribbean(RCL)は「攻め」の守りを選択したのであろうか。49%保有のPullmanturの破産申告で後ろ向きな姿勢かと思いきや、今週2件「攻め」のニュースが入ってきた。
一つ目を纏めてみる。本日(7月10日)Silverseaを100%傘下に収める合意のニュース。2018年に67%(全株式の2/3)を創業オーナーから買収したRCLは残りの1/3をオーナーから買い取ることに決めた。株式交換でRCLの普通株520万株(全体の2.5%)との交換であり、RCLは現金を使っていない。Silverseaの創業オーナーも、RCLの株を手に、今後の成長に賭けたことになる。

Luxuryブランドの拡充

Luxuryなブランドが、AZAMARAのみで少しカジュアル路線だったRCLにとって、Silverseaを100%保有の自社ブランドにしたことは、コロナ禍で「攻め」の守りになったと感じる。それも株式交換であり、今一番必要な現金を温存している。単独では生き残りが厳しかったSilverseaにとっても、親会社の保証が確実となり渡りに船であろう。2018年より2/3の株を持っていたのであるから、実質経営権を握っていたことになるが、100%となり、融資取り付けなど完全に自社でコントロールすることになった。

今後の動向

Silversea, Regent, SeabornのようなのLuxuryブランドの会社は、それぞれ大手3社グループに入っている。CrystalはGentingなので、残っているLuxury Brandも単独生き残りを模索するか、MSCなど、まだLuxury Brandを持っていないグループに入ることになるのか。Luxury Line として有名なHapag Lloydの動向を別ニュースから得たので、もう一つのブログにまとめておく。

コメントを投稿する

シルバーシーのクルーズ旅行

最安料金 ¥55,000 ~/1日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン