Cruisemansトップ   >   ブログ   >   シリーズ「出張時の息抜き」   >   出張時の息抜き (その8) ドバイ~アブダビ+シルバニヤス島 ラーシド港編

出張時の息抜き (その8) ドバイ~アブダビ+シルバニヤス島 ラーシド港編

シリーズ  出張時の息抜き

ホテルとなっているQE2
Photo: ホテルとなっているQE2

Dubai Ferryの終点

Ferryの終点はDubai Creekの出口、Al Ghubaibaとなります。ここでメトロやDubai Creekの渡し舟に接続です。その手前が、ドバイのメインの港ラーシド(Rashid)港。アブダビの海底油田の掘削などに使う船やリグが沢山停泊しており、北海油田の基地アムステルダムとよく似ています。
Ferryはパームジュメーラー沖合を通ると、高層ビル群を右舷側に見て進みますが、一度街の中心地に停泊。その後ラーシド港を右舷に通過してCreekに入るコースです。
途中停泊地に向かっています。
ラーシド港手前は、掘削リグやSEP船のような海中に出す足を持った船(台船)が沢山いました。

停泊中のクルーズ船

中東クルーズメインの港となるドバイには、多くの船が次の出番を待っていました。

Creekの出口に近いところから、Mein Schiff6とMSC Virtuosa(これは昨年も同じ)
Creekに入って近くから。
次に、Costaが2隻と、Hapag LloydのEurope2。

見ることはできなかったが、Hapag LloydのEuropeとPonantが1隻停泊していようでした。
Costaの1隻はSerenaでした。再開されたら、ここから日本に来るのでしょうか。それまで頑張って耐えて欲しいと思います。

Dubai Creek

Dubaiは昔から中継港として栄えていた土地で、Dubai Creekに来ると両岸に昔ながらの市場スーク(Souq)があり、その間を渡し舟が渡してくれます。船というより舟で、1回1AED(約30円)です。 超高層のビル群との対比は面白く、ドバイの魅力の一つであること間違いなし。終点付近は歴史的保存地区(アルファヒーディ)となっているので、都会の喧騒から離れホッとできる不思議な空間です。

最後は、PCR検査を受けてAbu Dhabiまで足を伸ばして、そのままサウジに向かって陸上からシルバニヤス島を眺める機会がありましたので、それで今回の出張記を終えます。

コメントを投稿する

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン