Cruisemansトップ   >   フェニックス・ライゼン   >   アマデア   >   ブログ   >   出張時の息抜き(その2) カリフォルニア

出張時の息抜き(その2) カリフォルニア

シリーズ  出張時の息抜き

カリフォルニアの風力発電
Photo: カリフォルニアの風力発電

アリゾナからカリフォルニアへ

世の中、環境悪化に対する懸念から太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーへのエネルギーシフトが急速に進んでいる。地球温暖化の影響を考えて、クルーズ船もLNG燃料船がAIDAや Carnivalで就航し始めている。アラスカクルーズも氷河の崩れ落ちが激しいらしい。そのような状況の中で、アリゾナからカリフォルニアを車で回る機会を得た。2018年の1月である。

終点サンディエゴ

アリゾナからサンディエゴまで、結構な距離で、砂漠から、湖、渓谷と景色が変わる。サンディエゴに着いたのは、夕刻となっていた。ホテルに荷物を降ろしてレンタカーを返し、すぐに夕食に出た。Histric AreaとなっているGaslamp Quaterでアメリカ最後のステーキとした。


アメリカンサイズを堪能した食後、腹ごなしに港まで歩き港を散策した。

自分で焼くタイプのレストラン 自分で焼くタイプのレストラン

T−ボーンステーキ焼き上がり T−ボーンステーキ焼き上がり

港には旧飛鳥のAMADEAが出航準備中

港まで10分ほどの散歩をしたら、港には出航直前のAMADEAが。この船はご存知初代飛鳥。かなり古い船だが、いつまでも綺麗で船型がカッコ良い。好きな船の一つである。今はドイツのPhonenix Reisen所有。この会社はArbatorosという名に改名した、私の一番好きなRoyal Viking社の三姉妹の一人Viking Seaを持っている会社。スタイルの良い古い船を集める会社で好感度が高い。AMADEAは、まさに出航するところだったので、しばし出航を見送ることにした。このように、出張先で名船に会えるのは嬉しいものだ。

出航を待つAMADEA 出航を待つAMADEA

待つ間WIFIつなげて調べてみると、どうやらハワイ経由で日本に行くらしい。港を出るところまで見送った。

横浜での再会

ゆっくりとハワイ経由で航海すること約3週間(1月26日サンディエゴ出航、2月17日横浜着)AMADEAと横浜で再会となった。

冬の太平洋を越えて来ての再会となったが、感慨深い忘れられないSan Diego & Amadeaとなった。

コメントを投稿する

サンディエゴ(カリフォルニア)のクルーズ旅行

最安料金 ¥5,528 ~/1日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン