Cruisemansトップ   >   ルフトナー・クルーズ   >   MSアマデウス・エレガント   >   ブログ   >   2019年10月ドナウ川クルーズ 2(ドナウ川遊覧と華やかなマリアテレジアの離宮)

2019年10月ドナウ川クルーズ 2(ドナウ川遊覧と華やかなマリアテレジアの離宮)

シリーズ  2019 ルフトナークルーズのドナウ川クルーズ

クルーズ船アマデウスエレガントはドイツからオーストリアに移動し、都度盛り沢山な観光ツアーが用意されていました。

水門を通過するため、このように窓のそとが、壁一面だったり、止まっていると思えば高速で走り出したり、リバー船は動きが楽しいです。

何度も同じ方々と食事を一緒にするので、フレンドリーなアメリカのご夫婦が、私たちに声をかけてくださったのは、この場でしか経験できないことでした。

ドイツのウェルデンブルグ修道院です。ビールの試飲がありました。お酒を飲まないのでノンアルコールをいただきました。

その後ボート遊覧、迫力のある渓谷などの光景でドナウ川の素晴らしさを感じました。

11月ですが、ドイツなのでお船の屋上の寒さは真冬のようでした。ダウンコートとカイロを持っていってよかったです。

ドイツの国境をバスで抜け、オーストリアに入ると、ますます穏やかな景色が広がりました。

出窓にレースのカーテン、手入れされたお庭で、鶏や馬などの家畜もいます。一面ジャガイモ畑で牧歌的な風景でした。

よく見ると大邸宅ばかりで豊かな感じもありました。人口はウイーンに集中しているためか、あまり人の気配はないです。

ユネスコ世界文化遺産ザルツブルグ観光です。

歴史的な建物の保蔵状態がよく、中世に迷い込んだような不思議な雰囲気がありました。

モーツアルトの生家です。

老舗のチョコレート屋さんや、お土産物屋さんで買い物をしました。日本のコンビニのような、スーパーがどこにでもあり助かりました。コーラやクッキー、折り畳み傘などかなりお安く手に入りました。

サウンドオブミュージックのロケ地モンゼーにも行きました。徒歩観光が多いため、この頃になると体力的にかなりキツくなりましたが、お部屋のバスタブに浸かり、乗り切りました。

シェーンブルン宮殿は、迫力があり大好きなハプスブルグ家の肖像画が、満載でした。観光客が多すぎてじっくりとは見れなかったですが、すごく満足です。

シェロフホーフ宮殿で、こちらもマリアテレジアの離宮です。戦争で軍隊が入り荒れ果てていたそうですが、補修し今は子供でも楽しめるような、動物園みたいな観光地になっています。

このような広いところを管理できる、オーストリアの経済的な豊かさを感じました。

ウイーンのシュテファン大聖堂の繁華街で、自由散策がありました。

H&Mでセーターなどを買いました。 

観光から帰ってからはフルコースの食事があり、丸テーブルで皆さんとお喋りなどを楽しみました。

リバークルーズには既にたくさんの海のクルーズ船に乗った方が多く、日本丸の食事は美味しいとか教えてくれました。

次回はハンガリーの夜景などです。

コメントを投稿する

ルフトナー・クルーズのクルーズ旅行

最安料金 ¥37,800 ~/1日

ヨーロッパリバーのクルーズ旅行

最安料金 ¥22,600 ~/1日

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン