Cruisemansトップ   >   ブログ   >   Shibata Blog   >   シリーズ「2016 スタープリンセス号で航くアメリカ西海岸クルーズ8日間」   >   スター・プリンセス号で訪れたロサンゼルス

スター・プリンセス号で訪れたロサンゼルス

シリーズ  2016 スタープリンセス号で航くアメリカ西海岸クルーズ8日間

サンフランシスコを出港して翌々日午前7時にロサンゼルス市街から40キロ離れたSAN PEDRO埠頭に着岸し、8日間のクルーズを終えて下船しました。貨物主体の殺風景な埠頭でしたが、下船手続きは極めてスムーズで、大勢の乗下船客への対応が安定していることが窺われました。
ニューヨークに次いで全米第二位の人口を誇るロサンゼルス。
ロサンゼルスは名古屋の姉妹都市でもあり親近感を感じます。
バンクーバー以来、ずっと英語の世界だったので、日本系のミヤコホテル・ロサンゼルスに宿泊。ホテルには日本語が話せるスタッフが常駐し、テレビは日本の放送も見られて今迄のストレス発散ができました。ロサンゼルスでは3日間滞在し、地下鉄のメトロレールや路線バスに乗り、ハリウッドやビバリーヒルズ、サンタモニカなどを訪れ、セレブ気分やローカル気分を味わいました。


先ずは地下鉄に乗り、目指すはサンタモニカへ

2016年新設されたばかりのEXPO LINEのサンタモニカ駅。

3rdSt.Promenadeの街並み

昼食はアメリカらしくハンバーガーで腹ごしらえ

駅から15分位歩きサンタモニカビーチに到着

公園の芝生の上でベビーは這い這い

カリフォルニアの南国ムードが漂うサンタモニカ

南北に延びるオーシャンフロントウオークを散歩し、カリフォルニアの心地よい日光を浴びました。

前もって予約をすれば最上階の展望室で見物ができるロサンゼルス市庁舎

ライトアップが綺麗なロサンゼルス市庁舎

メトロはもちろんアムトラックが発着し大陸横断鉄道の起点ともなるユニオンステーション駅

複雑なバスと地下鉄の路線図

メトロもバスもバリアフリーが進んでいて車椅子や自転車も乗り込めます。左側の緑色の服を来たおばあさんは犬を連れて車内で歩かせていました。

バビロンコートのタワーから見える「ハリウッドサイン」を望遠レンズで撮影1つの文字が高さ13.5メートル、幅9~12メートル。4階建てのビルに相当するらしい

標準レンズで撮ると「ハリウッドサイン」はこんな感じで見えます。

劇場、映画館やショップ、レストラン、ホテル等の施設が大集合する「ハリウッド&ハイランド」前の広場

さすがハリウッド!スーパーマンやミニーちゃんが近寄ってきて記念撮影。しかしチップを要求されてしまいました。

高級ブランドショップが軒を連ねるRodeo Driveを散歩。

ユニオンステーションに入線するGOLD LINEの車両

METROLINKの中距離列車

閑静な高級住宅街として名高いパサデナの街並み

パサデナのショップで買ったカップケーキ

ゴールドラインの車窓からロサンゼルス中心部を望む

車窓から眺めたロサンゼルスのハイウエイ

リトル東京入口と宿泊したミヤコホテル・ロサンゼルス

機体はB787で最新鋭機でしたが、満席状態で中間の席だったので窮屈でした。モニター画面はロサンゼルス空港(LAX)からの航路。アリューシャン列島付近まで北上した後、南西に進路をとり成田空港へ。

ユナイテッド航空の機内食。往路のJAL機内食と比較すると見栄えも味も劣りました。

約11時間9300キロのフライト(UA32便)で成田空港に到着。16日間にわたる海外旅行を無事に終える事ができました。

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン