Cruisemansトップ   >   ブログ   >   初代飛鳥と飛鳥Ⅱ物語 世界のクリスタルクルーズを作った挑戦スピリッツ

初代飛鳥と飛鳥Ⅱ物語 世界のクリスタルクルーズを作った挑戦スピリッツ

日本を代表する飛鳥Ⅱの前身である「クリスタルクルーズ」がアメリカに30年前の今日の設立を記念して、書きます。

郵船マン「世界への挑戦」の始まり

丁度30年前の今日1988年5月20日、飛鳥Ⅱの前身である「クリスタルクルーズ」が日本郵船によってクルーズの本場アメリカ ロスアンジェルスで立ち上げられた。

第14代日本郵船社長宮本公夫氏の英断と、戦前のパシフィックライナー全盛時代を知る一部の「熱きSpirits」を持つ郵船マン達の「世界への挑戦」が始まったのだ。

30年前の英断がなければ、今日の日本におけるクルーズ全盛時代はなかったと言っても過言ではない。

今年は明治維新から150年だが、三菱の父とも言われる岩崎弥太郎や坂本竜馬らが「海援隊」を結成した際の御幡は白地に赤い二本線、これが飛鳥Ⅱなど郵船クルーズのファンネル・・・通称「二曳(にびき)ライン」である事はクルーズ愛好家の中でも以外と知られていない。

海援隊の御幡「二曳(にびき)ライン」 海援隊の御幡「二曳(にびき)ライン」

日本郵船が作り上げた「太平洋の女王」と、戦後の事業撤退

PONANT 、SILVER など本格的Luxuryクラスから、プリンセスやコスタなどカジュアルクルーズに、私たち日本人とは逆に欧米から日本の美しい風景、類稀な文化に感心を持って訪日するインバウンドが近年増えている。

実は戦前日本郵船が作り上げた「氷川丸」「浅間丸」がクルーズの本場北米のトップクラスのクルーズ愛好家、ロックフェラー、ヘレン・ケラー、チャールズ・チャップリンなどの方々から支持されていた事は以外と知られていない。

実は日本は、世界でも頭一つ抜き出たLuxuryCruiseのポジションを早いうちから世界で築き上げており、「太平洋の女王」と広くクルーズの本場北米市場にも知れわたっていた。

しかし、先の対戦でそれらは戦況悪化と共に軍用船へと徴用され、悉く太平洋の藻屑と沈んでいった。日本郵船とは世界トップレベルのクルーズ会社であったが、クルーズ事業からの撤退を余儀なくされた。

しかしその勇姿は日本郵船の誇りとして社内にしっかり刻み込まれていた。クルーズ会社というと欧米が本場と思いきや、明治時代に坂本龍馬が海援隊を立ち上げ、そして時代は三菱の父である岩崎弥太郎を輩出し、クリスタルクルーズを本場アメリカで挑戦し、初代飛鳥、飛鳥Ⅱへと繋がっていく。

客船事業の復活、「クリスタル・クルーズ」の誕生

一時は北米を中心に世界のクルーズ愛好家に支持された「浅間丸」「照国丸」などの客船を有していた日本郵船は、戦後完全に客船事業から撤退をしていた。しかし客船事業をもう一度復活させる!という男が現れた。第14代日本郵船社長、宮本公夫氏だ。

しかし客船事業から撤退して25年、オイルショック等、役員らは「客船事業復活」には猛反対。しかし、宮岡氏は日本郵船の会社経営再建の命運をかけ、役員らを説得、そして「もう一度クルーズ愛好家に支持される最高の客船をつくって世界に挑戦しよう!」と当時北米クルーズ市場で凌を削る大型クルーズ船のカジュアルクルーズではなく中型クルーズ船で世界トップレベルのLuxuryクラスを狙って事業に挑んだ。

三菱重工長崎造船所で当時の技術を結集させて作り上げたクリスタル・クルーズとしての第一船「クリスタル・ハーモニー」がアメリカ・ロスアンジェルスからデビューしたのは1990年7月20日、そして世界トップレベルのサービスのクリスタル・ハーモニーで日本人オフィサー達が乗り込み、先ずはクルーズの本場アメリカでトレーニングを積み、翌年1991年の初代飛鳥デビューに備え、満を持して1991年12月24日横浜港より処女航海へ。

以後クリスタル・セレニティ、クリスタル・シンフォニーと世界トップレベルのクルーズ愛好家に支持されるクルーズ船を投入し、見事に、日本郵船は戦後長らく途絶えていた客船事業を見事に復活させた。

坂本龍馬の海援隊、岩崎弥太郎の三菱商会…明治維新の熱き志士らの熱きSpiritsを日本郵船は見事に受け継ぎ、戦後完全に撤退を余儀なくされた日本郵船客船事業も、第14代日本郵船社長宮岡公夫氏他、日本郵船の客船事業黄金時代のSpiritsを残していた熱き郵船マン達のお陰で、クルーズ本場アメリカロサンジェルスでは1990年7月20日クリスタル・ハーモニーが、そして我が海洋国家日本では横浜港から1991年12月24日初代飛鳥が… 不死鳥の如く見事に「日本郵船クルーズ事業復活」を成し遂げたのである。

欧米にはかなり遅れはとってはいるものの、日本でも今日やっとクルーズが活況を呈してきたが、熱き郵船マンがあの時立ち上がってくれなければ、今日のツアー・ステーションがないと言っても決して過言ではない。

クリスタル・セレニティ クリスタル・セレニティ

飛鳥Ⅱ誕生。初代飛鳥は独フェニックスライゼンへ。

日本、海外で、「飛鳥」「クリスタル」という新たなるブランドで挑戦し、日本郵船は揺るぎないクルーズ事業を確立。

その後初代飛鳥は「世界一周」にチャレンジ、その後も次々に新しいクルーズスタイルを取り組み、初代飛鳥では需要に応えられなくなり、北米で中型客船の高級船で名を馳せた「クリスタル・ハーモニー」を「飛鳥Ⅱ」へ、日本で多くのクルーズ愛好家に支持された「初代飛鳥」はドイツクルーズ会社フェニックスライゼンに売却され「アマデア」へと、其々の新たなる航路へと舵を切った。

2006年早春、横浜港大桟橋にて「飛鳥Ⅱ」命名記念式典にゴッドマザーとして岸恵子女史が華を添え、初代飛鳥は「アマデア」の命名記念式典の後、ヨーロッパへ向けデビュークルーズを飾り、日本郵船として新たなる其々の歴史を刻み続ける事となった。明治維新150年の今年、坂本龍馬、岩崎弥太郎など「明治」という新しい時代を駆け抜けた熱き志士らと共に日本郵船クルーズを堪能する胸中である。

現在飛鳥Ⅱは世界一周航行中で、アジア、スエズ運河、地中海を経て今頃はカナダ 大西洋沿岸部のニューイングランド海域を順調に航行中。

今でこそ世界一周は飛鳥の真骨頂となったが、25年前の初挑戦は安全な航行確保は勿論、約100日の食材確保の準備など相当な覚悟であった。

海洋国家である日本、坂本龍馬、岩崎弥太郎ら明治の志士らが作り上げた、日本郵船の飛鳥Ⅱ、クリスタルクルーズで明治維新150年を噛み締めながら、大海原をクルーズを楽しんで頂きたい。

飛鳥Ⅱ 飛鳥Ⅱ

プレミアムクルーズのご紹介

多くの日本人は、日本郵船が造り上げた「飛鳥」は良く知っているが、同じ日本郵船が造り上げた「クリスタル・クルーズ」はあまり知られていない。

飛鳥は多くの日本人に、そしてクリスタルは世界中のクルーズ愛好家に愛され続けている。私はこれまで約800日以上実に様々なクルーズ船に乗船したが、クリスタルは日本人に自信を持ってご紹介できる数少ないクルーズ船の一つだ。

飛鳥で世界一周を(もしくは区間乗船)を経験されたクルーズ愛好家はそこそこは国内にいらっしゃるとは思うが、日本郵船が世界のトップレベルのクルーズ愛好家向けに造り上げた「クリスタル・クルーズ」でWORLD CRUISEに出かけた経験がある方は日本では極めて少ないはずだ。

今年は飛鳥Ⅱは世界一周航行中、一方私共ツアー・ステーションでは2019年クリスタル・クルーズでWORLD CRUISEに現在数組のクルーズ愛好家の方々と出かける予定をしている。

派遣添乗員の世界にも「働き方改革」の波が押し寄せ、90日間続けて添乗はどうもできる環境ではなくなりつつあったり、様々な理由から今後「クリスタル・クルーズ」でWORLD CRUISEはこれが恐らく日本からは最後のクルーズとなると思っている。

とは言っても、こういったクルーズは余程の「きっかけ」がない限り、長い人生約3万日あっても健康な身体があっても、体験する機会にはなかなか恵まれないと思う。

一度、飛鳥ではなく、世界のトップレベルのクルーズ愛好家が愛して止まない「クリスタル・クルーズ」とは 2019WORLD CRUISE、4つの区間乗船の説明会を開催するので、是非二度ないこの機会にまずは説明会にお越し下さい。

開催日時 2018年6月16日(土) 17日(日) 14:00~16:00
開催場所 Travel&Cruise Lounge
申し込み https://ts-cruise.jp より「クリスタル説明会希望」と

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン