Cruisemansトップ   >   ブログ   >   クルーズ添乗日数900日のクルーズアドバイザーブログ   >   シリーズ「日本で楽しむ海外文化」   >   日本で楽しむ海外文化  ~バルト海クルーズ編~

日本で楽しむ海外文化  ~バルト海クルーズ編~

シリーズ  日本で楽しむ海外文化

昨夏、愛知県美術館で「大エルミタージュ展」が開催され、レンブラントやルーベンスといった「オールドマスター」と呼ばれる巨匠の逸品がじっくり鑑賞できた。 19894990_133435937246862_51087738985849778_n.jpg

昼食を挟んで「ロマノフ王朝300年の夢と野望」と題してピョートル大帝、女帝エカテリーナⅡの生き様を映像を交えながらこれまでのバルト海クルーズ経験談から様々なロシアロマノフ王朝の魅力やバルト海クルーズの魅力を解き明かしました。 19990506_133047617285694_5479592974344504646_n.jpg

ツアー・ステーションではヨーロッパリバークルーズ、外洋クルーズの本質に迫るセミナーを美味しいグルメ、ワインを楽しんで頂きながら「クルーズの前にも後にも楽しみがある」そんなイベント沢山やってます。一度お気軽にご参加くださいね。

次回は「12/20(木)VIKINGで航くドナウ河 マリアテレジアの足跡を訪ねながらの待降節」の帰国報告会を、素敵なレストランで開催します。 10月DM表2-2.jpg

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン