Cruisemansトップ   >   ブログ   >   日本もいよいよ本格的な世界屈指のクルーズ海域に

日本もいよいよ本格的な世界屈指のクルーズ海域に

VIKING ORION、 SEABOURN SOJOURN 、 AZAMARA QUEST、 EUROPEⅡ… 

各クルーズ会社のフラッグシップとも言うべきクルーズ船が、日本海域に続々配船してきている。因みに今年DAIAMOND PRINCESS, Costa neo Romanticaなど日本発着外資系クルーズシップが14隻・106航海、Silver Exploreなど外資系クルーズシップは18隻配船され、今春は日本海域には30隻以上もの外資系クルーズシップが航行する時代。

創業当時 クルーズが日の目を見る時代を夢見てきた世代にとって、此だけ変化著しい時代に隔世の感を禁じ得ない。 

特筆すべきはLuxury Classの配船比率の増加だ。まだまだ日本人で日本近海からEUROPEⅡなどの名船にご乗船される方は少数派だが、やがて乗船比率が欧米豪にも引けを取らない時代になる様、Bestを尽くしたい。 

何れにしても日本海域が世界トップレベルのクルーズ海域になった事 クルーズ業界の一端を担う立場として此れほど嬉しい事はない。  

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン