Cruisemansトップ   >   シードリーム・ヨット・クラブ   >   シードリーム1   >   ブログ   >   SeaDream1 Monaco Grand Prix 28(Tue) May 2019

SeaDream1 Monaco Grand Prix 28(Tue) May 2019

シリーズ  2019 SeaDream1 F1モナコGP観戦&地中海クルーズ

2019.5.28 サントロペ

MentalとBodyを整える為に朝起きたらヨガをここ10年やっている。SeaDream1での船上では 毎朝ヨガをデッキ4の船首にて実施していた。

初日はサントロペ(フランス)に早朝投錨されており、豪華ヨットクルーザー、南仏らしいオーク壁が美しい港を見ながら心地良い地中海特有のドライな風を受けながら1時間。至福の時間だった。ヨガ終了後朝食がすでに準備が整っており、何時ものクルーズの様にディッシュに自分好みの野菜、サーモンそして卵料理をオーダーし気に入りのシートへ行こうとするも、なんとブッフェスタイルで自らプレートを持つことはどうやらあり得ない様だ。
全て取り終えたころを見計らいどこからともなく、Crewが来て「俺に任せろ・・」と、そしてサントロペが一望でき朝の柔らかい光が差し込む座席に座り込むと、ジュースは?パンは?卵料理は?コーヒーは?何とストレスレスな対応・・・これがSeaDream流なのだ。
これまで多くのLuxury船に乗船してきたが、どこにもない完璧な対応で、しかも何から何まで「待つ」という事がほぼない

サントロペ上陸はテンダーボート、これまでのテンダーとは違い、僅か15名乗りでこれも「待つ」事がない。僅かに数名、極端な事を言えば一人でも直ぐに出してくれる。

サントロペの名を世界に知らしめたのは1960年代の銀幕の女王「ブリジット・バルドー」だ。 彼女が裸足で歩いた港の通りは今も洗練され続けている。 先ずはシェフと一緒に市場へ。新鮮な牡蠣、蝦をレモンと共に、ピーマン、人参はオリーブオイルとアンチョビ、バジルをミックスしたペーストと共に、そして冷えたロゼ・・。たまらない 市場ならではの味だ。SeaDreamのシェフ・・彼についてい行けば如何にも旨いもんに必ずありつける・・そんな印象だ。

ほろ酔い気分の後は、細い裏路地を通り抜けていくとBVLGARI ROLEX VALENTINO Dior・・ 名だたるブランドショップが嫌味なく旧市街に溶け込む様にウィンドウシッピングを楽しませてくれる。そして一本挟んだストリートは洗練された南仏らしいデザインのブティック、雑貨、など値段は「このデザインにしてこの値段!?」というコストパフォーマンスは最高だ。 途中ブリジット・バルドーが行きつけのパイのショップも。

極めつけは少し離れるがぅCHANELのアンテナショップ。入るにはかなり勇気がいる様な 店構えだが・・・。ハリウッドスター、モナコをお忍びで訪れる世界の富裕層らはクルーザーでサントロペに乗り付けこういった場所で心行くまでショッピングを楽しむのであろう。

サントロペ出航時間は23:59分 最終テンダーボートは23:30分。時間を気にすることなくSeaDreamでランチまたサントロペへ、何度でも気兼ねなく思う存分に楽しむ事ができるヨットスタイルならではの過ごし方だ。

メインレストランでは2名 4名 8名 10名と様々なGroupで対応できる様にTableが用意されている。今回は家内とゆっくり食の素材を堪能したいので2名掛けで。Luxury船の相席は日本人の場合は慣れていないので窮屈に感じてしまう時もあるが、2名掛けもかなりあり有難い。

朝からシェフと共にマルシェで美味しい港街ならではの牡蠣、南仏ならではの冷えたロゼ、そしてランチ、キャプテンパーティーでシャンパンとキャビア・・・朝からこんな調子の為デザートを前に少々疲れ気味に。思い切って「デザートは気分を変えて夜風を楽しみながら6デッキ最上階の二人がお気に入りの場所で・・」返ってきた言葉は「Sure!」
イレギュラーのリクエストを待ってましたと言わんばかりの返事が。待つ事数分、直ぐに希望どうりのオーダーしたデザートと後を追いかける様に別のスタッフがコーヒーを持ってきてくれた。夜風に吹かれながらリフレッシュした気分で二人静かにデザートを楽しみ、そのままBalinese Dream Bedsへ

サントロペの入り江を染め上げる真っ赤な夕日・・・。至福のひと時 乗船3日目にしてもう一度SeaDreamに戻ってきたい・・・。キャビンもに戻ると俺たちの気持ちを悟ったかの様に、 NOVEMBER 2019 THROUGH APRIL 2021がさり気なくテーブルの上に置かれているではないか! 中を見ていると気の利いたコースばかりだ。SeaDream乗船僅か2日目にして骨抜きにされてしまった・・・。

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン