Cruisemansトップ   >   ブログ   >   Overseas Cruise Maniacs Blog   >   シリーズ「2011 Legend of the Seas マレーシアハイライトクルーズ」   >   Legend of the Seas マレーシアハイライトクルーズ その4 市内観光その2

Legend of the Seas マレーシアハイライトクルーズ その4 市内観光その2

シリーズ  2011 Legend of the Seas マレーシアハイライトクルーズ

5/13市内観光 シンガポール植物園

マリーナベイサンズからまず向かったのは宝石屋さん。
今時、買わないよね...
というわけで、一応お義理で中には入ったけど、しつこい店員さんをスルーしてさっさと退出。今時の中国人ならたくさん買うんでしょうね。

ああ、でもこういうのちょっと懐かしい...
昔のツアーって、皆こうでしたよね...
知っているところは基本FITで出かけてしまうので、最近ご無沙汰でした。
一番直近はHISのミステリーツアーでしたかね...

宝石屋さんを後にして、向かったのはシンガポール植物園。
ここもなんと20年ぶりくらいだと思います。
はじめてシンガポールに来た時に、やはり市内観光で来たきりだと思うので...
当時泊まった"ブールバードホテル"は今はすでに無いようです。
※フォーシーズンズの裏手にあったんですよね...

与太は置いておいて...
実は結構楽しみにしてたんです。
ガイドさんの話によると、私たちが来た当時とは植物園の場所こそ同じですが、中はだいぶ変わっているとの事。私たちの記憶も曖昧なので、むしろ新鮮でした。

まずは入り口

なぜか"生姜"...(^^;)
ま、いいですけどね...

そして蘭園です。

The National Orchid Garden

広さ約52ヘクタールあるシンガポール植物園 「Singapore Botanic Gardens(シンガポール・ボタニックガーデン」内の一画、約3ヘクタールに常設された有料の蘭園。700の原種・2100種類の交配種があると言われている園内では、6万本以上の蘭が栽培され、2万本以上の蘭が展示されている。緑に囲まれ噴水や小さな人口の滝などもあり暑い日中でも比較的涼しく過す事が出来る場所。

入園券

パンフレット

園内の地図です。

この蘭園の目玉はなんといってもチケットの絵柄にもなっているシンガポールのナショナルフラワーですね。
これです。

実際の花はコレ。

季節がらなのか、あまり数が咲いていなくて...

その他、綺麗どころをすこし...

この木がすごかった...

その5へ続く。


関連記事

Legend of the Seas マレーシアハイライトクルーズ インデックス1


秀鈴温泉

私もこの公園をぶらつきましたよ。
子供が走り回っていましたが5分で暑さのためばてて
あとはずっと抱っこでした。
重かった思い出です。

funship7

シンガポールの植物園、温室でないところにランが生育しているなんて
想像するだけでも凄いです。
あまり咲いていなくても、実際の様子を見ることができて興味深いです。
こんなに茎が繁茂した中に咲いているんですね、ポチ

秀鈴さん、こんにちは。
いやぁ…
あそこで走り回ったら私なら死にます…(^^;)

funship7さん、こんにちは。
温室もあるんですけどね…
殆どはそのまま咲いてます。日本では考えられない光景ですが、まあ、これがシンガポールという国の位置をまざまざと現しているって言う事なのでしょう。

へんてこクライマー

いつも食べ歩きばかりで、植物園には行っておりません。
今回も下船後三日もいて、やはりこうした自然も勉強すべきと
反省いたします。
セントーサの花はだいぶ写真とりましたが。

へんてこクライマー さん、こんばんは。
いえいえ、食べ歩きも貴重な情報です。

たっち。

こんにちは。
植物園は南端?のゲートに着いて、さまよいながらジンジャー〜オーキッドと観てきました。
温室ならぬ冷室は苦笑でしたね。。^^;;
でも入って失敗。。。出て来たらやっと曇り取れたレンズが曇りました。。
ナショナルフラワーは無かったかな?
他は2時間あまり、蚊に刺されながら観てきましたので、近日中に記事にしますね。

たっちさん、こんにちは。
?鷆冷室?鷆行かれましたか...(^_^;)
あそこ、カメラ持ちには危険な場所ですよね...(^_^;)

コメントを投稿する

「ロイヤル・カリビアン・インターナショナル」の商品・料金

「アジア」の商品・料金

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン