Cruisemans | クルーズ旅行の口コミサイト サイトからの予約&口コミ投稿で、旅行代金の3%分のポイント(現金化可能)をプレゼント!
Cruisemansトップ   >   ヨーロッパリバークルーズ

ヨーロッパリバークルーズ

4.27

ヨーロッパ・リバー

ヨーロッパの美しい街々を沿うように流れる川をクルーズで巡るヨーロッパ・リバークルーズは、幅広い旅行者にお勧めのクルーズである。リバークルーズの係留するドックは旧市街の町中であることが多く、まさに街のど真ん中にホテルをとってタウン・ホッピングをしながら旅をしているような感覚である。

ヨーロッパ・リバークルーズは昼間は自転車くらいのスピードでクルーズをおこなうので、バスで巡るのでは味わえないような目線でヨーロッパを旅する事ができる。

また、1つのコースで複数のリバーを巡るコースも多く、それぞれのリバーの特徴も乗りながらにして感じることも出来て面白い。

ライン川

スイスアルプスを起点に、ボーデン湖、フランス国境を北へ流れ、ストラスブールを越えてドイツ国内へ、オランダ国内へと流れ北海へと続く川。ドイツでは「父なるライン」と呼ばれる。 「父なるライン」との合流地点のコブレンツの「ドイチェス・エック」という「ドイツの角」では初代ドイツ皇帝ウィルヘルム1世の騎馬像が川を行き来する旅行者たちを見守っている。

ロマンティック・ライン

特に、コブレンツ〜リューデスハイム間は、「ロマンティック・ライン」ライン渓谷中流上部【世界遺産】に登録されており、川岸には古城やぶどう畑が美しい、大変価値ある景観でクルーズ初心者にも上級者にも大変人気。

Cruisemans特集記事:クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート・ロマンティック・ライン

ドナウ川

ローヌ川

マイン川

セーヌ川

モーゼル川

ドイツでは「母なるモーゼル」と呼ばれる。 「父なるライン」との合流地点のコブレンツの「ドイチェス・エック」という「ドイツの角」では初代ドイツ皇帝ウィルヘルム1世の騎馬像が川を行き来する旅行者たちを見守っている。

ドウロ川

エルベ川

ロワール川

ヴォルガ川

テムズ川

特集記事

ニュース

乗船履歴・口コミ

ブログ記事

クルーズ商品・料金

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン