61 nights / 62 days, one-way from Sydney to Hamburg

61 nights / 62 days, one-way from Sydney to Hamburg

キュナード・ライン

Itinerary

クイーン・ヴィクトリア - 2019年02月28日  乗船
02月28日 シドニー
03月02日 ブリスベン(クイーンズランド州)
03月04日 エアリービーチ(クイーンズランド州)
03月08日 ダーウィン
03月11日 ベノア(バリ島)
03月15日 フーミ(ホーチミン)
03月16日 ニャチャン
03月18日 香港
03月21日 ダナン
03月24日 シンガポール
03月25日 ムラカ
03月29日 コロンボ
04月02日 ヴィクトリア(マヘ島)
04月05日 ポートルイス島
04月06日 サン=ドニ(レユニオン島)
04月10日 ポート・エリザベス
04月12日 ケープタウン
04月15日 ウォルビスベイ
04月24日 ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア(カナリア諸島)
04月28日 サウサンプトン
04月30日 ハンブルク

Map

Ship

Review

  お食事、ダイニング

2017年12月に 「クイーン・ヴィクトリア」に乗船
とても満足
流石にラグジュアリークラス。世界で一番名の通ったキュナードラインの名前に恥じない素晴らしいお食事でした。プレミアムのグリルクラスでなく通常のバルコニー客室でしたが、ブリタニアレストランの食事も他のプレミアム船同等以上、ダイニングの内装も素晴らしく満足しました。
2017年12月に 「クイーン・ヴィクトリア」に乗船
とても満足
ダイニングの雰囲気もとても素敵。隣のテーブルの老父婦が素敵で毎晩会えるのも楽しみでした。

ビュッフェではたくさんの種類のティーバッグがあってさすがイギリスの船と思いました。
ティータイムにはスコーンも温かい状態でいただけます。ビュッフェに温かいデザートが必ずあったのもイギリス式なのかな?

ニューイヤーズイブのセレブレーションディナーは、特別メニューだけでなく、風船飾りやゲストが被る2018のハットやカチューシャが用意されていて、楽しく盛り上がりました。

ドレスコードがたとえインフォーマルであっても、ディナーには必ずおしゃれして行ってくださいね
2015年11月に 「クイーン・ヴィクトリア」に乗船
とても満足
今回の船室は諸事情からプリンセススイートだったためディナーはプリンセス・グリルでした。 最高級の船室であるグランドスイートやペントハウスに泊る方が利用するクイーンズ・グリルはデッキ11の左舷側、プリンセス・グリルは反対の右舷側です。 ディナー開始時間直後に少々緊張しながら慌てて入口に行くと黒いタキシードを着たマネージャーらしき人がいて2人用のテーブルに案内されました。 席について渡されたメニュ... 続きを読む»

  サービス、スタッフ

2019年7月に 「クイーン・ヴィクトリア」に乗船
とても満足
船内が、とても落ち着いた雰囲気でした。お願いしたことにも、直ぐに対応してもらえました。
船内は、どのスタッフの方に声をかけても、丁寧に対応してもらえました。
船内で、困った!と、感じることがなかったです。
2017年12月に 「クイーン・ヴィクトリア」に乗船
とても満足
イギリスの船はプリンセスしか経験がありませんでしたが、イギリスっぽい客と一定の距離を置いたサービスはどちらも似ている気がしました。過不足のないサービスに満足しています。前回乗船したセリブリティに比べると、少し冷たいぐらいの接し方でしたが、最近おもてなしを前面に出して過剰感が目に付き始めた日本のサービスに少し嫌悪感を持っていた私には、少し距離のあるサービスは心地よいものでした。
2017年12月に 「クイーン・ヴィクトリア」に乗船
とても満足
まずは、乗船がとてもスムーズ。
乗船してお部屋に入ったらウェルカムシャンパンがありました。

毎晩翌日のデイリープログラムと共に、日本のニュースがまとめられたホテルニュースペーパーが配られます。長い旅行に出ると日本でのニュースに疎くなってしまいがちですので、とてもありがたいサービスだと思いました。

寄港地に関しても、地図、交通手段、主な観光スポットがまとまったものが配られます。乗船まで調べる暇がなくても、この情報で、十分楽しめます。

  お部屋

2015年11月に 「クイーン・ヴィクトリア」に乗船
とても満足
プリンセススイートとバルコニーとの決定的な差はバスルームにバスタブが有るか無いかでしょう。
欧米の方はシャワーだけでも大丈夫のようですが、入浴が習慣になっている日本人にはこれが結構重要で、寄港地観光から帰ってバスタブに入るのは私の楽しみでした。
また、ソファーも2人用から3人用と長く、テレビがベッドエリアだけでなくリビングエリアの壁にも付いているので寝転びながらのテレビ視聴も可能でした。

2015年10月に 「クイーン・ヴィクトリア」に乗船
とても満足
内側→窓付きのアップグレードもあり、期待以上。
全体的に広く、落ち着いた色合いと収納も多く使い勝手の良い作りで常に清潔に保たれていました。

バスルームのシャワーが固定なのが唯一残念なところです。
2019年7月に 「クイーン・ヴィクトリア」に乗船
満足
船室はバルコニーでしたが、シャワー室がすごく狭く、体を洗うのに身動きできない!という、広さでした。シャワー室は、今まで乗船した船の中で、最も小さかったです。
また、引き出しの物入れが、少ないように感じました。
ハンガーは「追加してください」と依頼しなくても、たくさんあり良かったです。
清掃も、とてもきれいにしてもらえました。

  船内の施設、アクティビティ

2017年12月に 「クイーン・ヴィクトリア」に乗船
とても満足
大人のための船であり、バーなどナイトライフを楽しめる船で、良かったです。ショーの質も高かったと思います。
2017年12月に 「クイーン・ヴィクトリア」に乗船
とても満足
クラシカルで素敵な船内。フォトスポットだらけです。壁面を飾る絵画や記念プレートなどもとても洗練されています。
シアターには、ボックス席まであって、本格的。
ウィンターガーデンはゆったりとした空間でしたが、特定のグループを対象にした集まりが良く開かれていたので、対象外の私たちは遠慮せざるをえず、少し心残りでした。
クイーンズルームも名前の通りの空間で、午後にはアフタヌーンティーの会場になったり、夜は、生演奏で、ボールルームダンスが華やかに開かれていました。
ダンスができない私たちが夜を過ごしたのは、ピアノ演奏をしてくれる、コモドアクラブが多かったです。

年末年始だったのでどこもクリスマス飾りがたくさんありました。時期が違うとどんな雰囲気なのか、また是非乗りたいです。
2015年10月に 「クイーン・ヴィクトリア」に乗船
とても満足
クラシックな船内にはロックバンドよりもカルテットの音色がぴったり。
日々演奏されるクラシックに癒されながら、クイーンズルームでのダンスを楽しみました。
ショーのレベルはそれほど高くはなかったですが、劇場の雰囲気、ビクトリア朝を髣髴とさせる演出など、イギリスらしさを感じました。

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン