23 nights / 24 days, round-trip Ancient Empires & Mediterranean Legends

23 nights / 24 days, round-trip Ancient Empires & Mediterranean Legends

ホーランド・アメリカ

Itinerary

コーニングスダム - 2019年09月13日  乗船
09月13日 チビタベッキア(ローマ県)
09月15日 サランダ
09月16日 カタコロン(オリンピア)
09月17日 ピレウス(アテネ)
09月18日 ミコノス島
09月19日 ロドス島
09月20日 サントリーニ島
09月22日 ナポリ
09月23日 オルビア(サルデーニャ島)
09月24日 チビタベッキア(ローマ県)
09月26日 ドゥブロヴニク
09月27日 コトル
09月28日 スプリト
09月29日 ラヴェンナ
09月30日 コルチュラ島
10月01日 ケルキラ島(コルフ島)
10月02日 カターニア(シチリア島)
10月03日 バレッタ
10月04日 ゴゾ島
10月06日 チビタベッキア(ローマ県)

Map

Ship

Review

  お食事、ダイニング

2019年9月に 「コーニングスダム」に乗船
とても満足
【食事】レストランでの食事内容について書きます(会場については「ダイニング」の項をご覧ください)。 全体的に盛り付けが綺麗で、肉料理・魚料理共美味しく頂けました。 1) 朝食はビュッフェとオーダーを利用しました。ビュッフェは一通りの料理が揃っており、パン・野菜・果物等の種類も十分でした。オーダーでは様々な様式の朝食が用意されていました。和食(パンエイシャン・ブレックファスト)のお弁当とみそ汁も終日航海日に一度だけ楽しみました。 2) 昼食は... 続きを読む»
2018年12月に 「コーニングスダム」に乗船
満足
全体的に盛り付けが綺麗で、味も悪くなかった。Rido Market(ビュッフェ)では衛生面からか、ガラスで遮られ、殆どの料理をサーバーに盛り付けてもらう形式なため、列の待ち時間が長かった。メインダイニングでもコースごとの待ち時間が非常に長かったので、後半はショーを先に観てから夕食にするようにした。有料のPinnacle Grillでは、クルーズ中に1日限定でオランダの三ツ星店Deblijeのテースティング・メニュー(49ドル、ワイン付き69ドル)を提供する。モダンガストロノミーの7~8コース。斬新な料理で美しかったが、お味は残念ながらいまいち。殆どの料理が塩味がきつ過ぎ、キッチンに戻した品もあった。フレーバーとうま味が感じられなかった。
2016年12月に 「コーニングスダム」に乗船
満足
当時、新造船ということもあり船内はとてもきれいで楽しめた
飾られた絵画や調度品も従来のホーランドらしくない現代アートが主体となっているが、
それ故に若い客でも楽しみやすいエンターテインメント制を備えていると感じた

有料アラカルトの「セルデメール」では目の前で料理を見せるパフォーマンスや
もちろん見栄え、味も素晴らしい出来だった
食事は他のレストランもそれなりのレベルではあるが、
ピナクルグリルの前菜「シュリンクカクテル」はメインダイニングでも出てくるし、有料レストランで出るものが無料のレストランで出てくると
損をした気分になる点がマイナス

就航から間もないことを考えれば非常に落ち着いたサービスを提供していた印象は残った
特別感を考えればオリジナリティはセルデメールが断然良かった

  サービス、スタッフ

2019年9月に 「コーニングスダム」に乗船
とても満足
【スタッフ】乗船客数2,650人に対する乗組員数は1,036人で2.6の比率になっています。
注)ほぼ同じ航路で同じクラスのセレブリティ・コンステレーションでは乗船客数2,170人に対して乗組員数は999人の2.2の比率であり、コンステレーションの方が乗組員の数で余裕があるものの、本船では長い待ち時間等の不便は経験しませんでした。

【食事】ディナー・テーブルにはウェイターのイカさんとウェイター補助のアディさんが付き、二人はインドネシアの方で対応も丁寧でスピーディーでサービスも満足のいくものでした。

【ルーム】担当はインドネシア出身のジャールさんとダアンさんの二人で、有難いことに「掃除をして下さい」の掛札に合わせて部屋を綺麗にしていただき、掃除の為に部屋を空ける等、気遣うことはほとんどなく快適でした。
2018年12月に 「コーニングスダム」に乗船
満足
ダイニングルームでのサーバー、ソムリエは好印象だった。ただ、上記のように、食事のサービスのスピードが極端に遅かった。
寄港地で観光を終えて船に戻った時、セレブリティでもそうだが、ギャングウェー前の桟橋に冷たいおしぼりと水を用意してあるのがよい。
2016年12月に 「コーニングスダム」に乗船
満足
このクラスでは十分なくらいに接客態度は良かった
最後の下船日にぎりぎりまで部屋に居ても何も言われなかったが、徐々に清掃に入り始めてくるのは急かされてる感じもした
まぁ仕方ないのだろう
ただ、なにか困ったことがあればとりあえず聞こうとする姿勢は他船にない良さ アジア人が多いからか?
一部外国ジョークを交えてくるスタッフが居るが、日本人は少し若くみえるからかよく年齢をいじってくる
ここに限った話ではないが、気分は良くない

  お部屋

2019年9月に 「コーニングスダム」に乗船
満足
1) 2018年7月末の予約の際には、部屋がメインダイニングと昼食会場に近い後方のキャビンを希望しました。また航路を検討したところ右舷・左舷の判断が付きかねましたが左舷を指定し、ベランダ付き客室の候補から「8160」のキャビンを指定し予約しました。 2) 地中海・アドリア海という波静かな航路の為、船の揺れをほとんど感じることはありませんでした。船のエンジン音もほとんど気にならず幸せな時間を過ごすことができました。 その他、気が... 続きを読む»
2018年12月に 「コーニングスダム」に乗船
普通
1室を3人で利用してはいるが、それにしても非常に狭かった。ソファーをベッドに直した時など、バルコニーに出るにはベッドの上を這うようにして(笑)行かなければならなかった。シャワーがカーテンではなくガラスドアなのでよかった。収納場所は十分にあった。
2016年12月に 「コーニングスダム」に乗船
普通
シングルの海側キャビンに宿泊
右舷前方よりだった
部屋自体は何も言うこと無く、非常に綺麗だったが時折うるさかった
原因は上のワールドステージ コーニングスダムから作られたワールドステージは前方キャビンのちょうど上の方に位置するため
前の方の部屋だと準備前やステージ開演中はものすごくうるさく聞こえる これは構造上致し方ないだろうが、
やはりキャビン中央の後方よりか、デッキはアトリウムエリアよりも上の階層を薦めたい
上がうるさいと気になる

  船内の施設、アクティビティ

2019年9月に 「コーニングスダム」に乗船
満足
【設備:レストラン】メインダイニング(デッキ 3)のの内装は、シックなえんじ色の絨毯に白と赤のガラス球を団子状に吊るしたものを円柱状に集めた照明器具がゴージャスな雰囲気を醸し出していました。ビュッフェ(デッキ9)への出入口に置かれた自動手洗器は目新しかったです。 【設備:シアター】デッキ2とデッキ3を吹き抜けにしてワールドステージが設けられていました。プリンセス・クルーズのスタープリンセスに比較すると小さな劇場でしたが、上演内容は後方列の座席からもよく見... 続きを読む»
2016年12月に 「コーニングスダム」に乗船
満足
カジュアル船に比べたらアクティビティは褒められない
ただ、洗練された作りと施設の単純さは非常に親切明快な作り
正直7泊で十分かなという出来 8泊を超えるクルーズだと飽きるくらいには船内に見るものが少ない
2018年12月に 「コーニングスダム」に乗船
普通
内装がモダンであり、各所に飾られているアートもよかった。超大型船ではないので、ウォータースライド等はないが、プールとジャグジーが中央部とアフトにあり十分だった。
プログラムの内容が変わり映えせず、多少不満を感じた。ショーでもコメディアンがメインステージに立つ日が4日もあり、もう少しバラエティ豊かにしてほしかった。生バンドやピアノ、弦楽四重奏などは3~4か所で行われるなど、音楽には重心を置いていた。

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン