Cruisemansトップ   >   クリスタル・クルーズ   >   Q&A(質問コーナー)
回答
食事で外国の方と同じテーブルになった時、どのような会話をしていますか?
回答日時: 2019/06/23
最初は当たり障りのない名前、家族の紹介、国籍から始まり、日本のTOKYO? OSAKA?・・などどこに住んでいるのか?等 私が乗船する客船は欧米系の方々が多く、私共の欧米の地理的な感覚より彼らの方が日本の地理良く知ってますね。で、だんだん打ち解けてくると「こ......
続きを読む»
回答
今までで一番美味しかった船内での食事を教えてください。
回答日時: 2019/06/17
クリスタルセレニティのクロワッサンが美味しかったです。特別なパンではないのかもしれませんが単純に毎朝美味しいと思って食べてました。他の船では朝食はいつもワッフルかパンケーキを選ぶのですが、この時は最後まで毎日クロワッサンでした。...
続きを読む»
回答
にっぽん丸の船長飲酒&衝突事故(リンク)について、にっぽん丸に限らず船長の飲酒は珍しくないものという情報もあったのですが、実情を教えてください。キャプテンズテーブルとかでは船長はお酒は飲まないものなのでしょうか?
回答日時: 2019/02/27
同じく乗船客です。クリスタルクルーズなどでは船長は2名居て、片方は航行・片方は接客と分業(交代)していました。にっぽん丸の様な小型船では船長は一人ですし、この日は出港日と分かっているので、仮にテーブルに呼ばれていたとしても飲むことは無いと思います。ち......
続きを読む»
回答
クチコミを見ていると「キャビンがアップグレートされていた」という情報がちらほらあるのですが、このような部屋のアップグレードはどのような状況(条件)でしてもらえますか?
回答日時: 2018/10/29
私のこれまでの経験では、アップグレードされたのは、全て、ギャランティーキャビンというクラス(客室番号は決めず、ある一定のランク以上の客室を保証した予約クラス)を予約したときだけです。ギャランティーは、例えばシーボーンだと、客室番号が、出発の1週間......
続きを読む»
回答
クリスタルクルーズは日本に寄港しないコースでも日本語が通じるスタッフが乗船していますか?
回答日時: 2018/10/28
Ms saeさんが仰る通りです。日本に寄港しないコースでも日本語が通じる「アジアンホステス」が乗船しております。日本郵船がオーナーでクリスタルを米国で創立し、世界のトップクラスの愛好家に向けてデビューして今年で丁度30年。以前クリスタルハーモニー、セレニ......
続きを読む»
回答
クリスタルクルーズは日本に寄港しないコースでも日本語が通じるスタッフが乗船していますか?
回答日時: 2018/10/28
アジアン・ホスト、ホステスという名称で、常に乗船していると思います。下記の日本語サイトの2017年6月23日付けの情報では、「日本語船内新聞や、レストランの日本語メニュー翻訳、今後のクルーズのご予約お手伝い、ご相談のお承りは引き続き行います。また、緊急時......
続きを読む»
回答
ラグジュアリ船などのスモールシップでは、人が少ない分、クルーとの距離や乗客同士の距離が近いようですが、片言の英語では正直つらいですか?ラグジュアリ船に挑戦してみたいのですが、片言の英語しか喋れないため、あまり楽しめないのではないかと心配しています。
回答日時: 2018/10/17
ラグジュアリでは、シーボーンに数回、クリスタル、リージェント、シルバーシーに各1回だけですが、乗船しました。もし片言の英語で、まだあまり自信がないということでしたら、やはり、1回目は、クリスタルクルーズがおすすめではないかと思います。数年前まで親会......
続きを読む»
回答
クリスタルクルーズはもともと日本郵船が作ったそうですが、設立当時から外国船のサービス内容で、欧米人相手のクルーズラインだったのですか?もしそうであれば、やはりそこ(日本企業が欧米のサービスを欧米人に提供する)に無理があったのでしょうか?
回答日時: 2018/10/08
日本郵船がつくった会社といえ、最初から欧米人相手のクルーズラインでした。以外と私たち日本人は知らないのですが、昭和初期 ロックフェラー、ヘレン・ケラー、チャールズ・チャップリンなど北米からの各界代表する方々は日本を訪れる際には日本郵船が造りだした......
続きを読む»
回答
一番好きなクルーズラインを教えてください。
回答日時: 2018/09/16
2014年からはじめたクルーズでどの船が良いかいろいろトライ中です。プリンセスクルーズロイヤルカリビアンホーランドアメリカラインMSC クルーズコスタクルーズセレブリティクルーズクリスタルクルーズなどに乗ってみました。まずクルーズラインの中の格差にも注目......
続きを読む»

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン