Cruisemansトップ   >   特集記事   >   船を知る(客船・ クルーズライン)   >   「MSCクルーズで航く日本発着クルーズ」は家族旅行のコスパ最強説

「MSCクルーズで航く日本発着クルーズ」は家族旅行のコスパ最強説

「MSCクルーズで航く日本発着クルーズ」は家族旅行のコスパ最強説

子連れで旅行にいきたいけど、その大変さに躊躇してるあなたに教えたい!子どもと一緒の旅行は親が大変だという概念が変わる!コスパよく楽しめる子連れ旅行はMSCクルーズの日本発着クルーズに決まり!

1. 家族旅行は「コスパ」が大事!

「子どもを連れてワイワイ家族旅行するのが夢!だけど結構お金がかかるし大変だから躊躇してしまっている。」

「毎年夏休みには家族を連れて旅行に行っているけど、行くだけで疲れてしまう、、、親も楽できて子どもも楽しめる、コスパが良い家族旅行って他にないの?」

そんな声が聞こえてくる、家族旅行に関する悩み。

そうですよね。家族みんなでいろいろなところに旅行するのは楽しいけど、想像以上に出費もかかる。毎日忙しい中で準備や計画をするのも大変。

家族旅行は時間もお金もひっくるめて、「コスパ」が大事になってきますよね!

親も子供も楽しめて、いろいろなところに行けるのに計画を立てる必要もないし、出費も抑えられる。そんなコスパのよい旅行なんてあるのでしょうか?

2. 子連れ旅行の「7つの困りごと」とは?

まずは子連れ旅行に関する困りごとを考えてみました。 これがあるから子連れ旅行を躊躇してしまうんですよね、、、

2-1. どこなら行ける?

まずはこれ。子どもと一緒にどこへいきたいか?というか、移動方法やかかる時間も考えると、子連れでどこへいけるか。 連れて行きたいところや、やらせてあげたいことなどがたくさんあっても、悩んでしまうのが行き先です。

2-2. お金の問題

家族旅行はわいわい賑やかで楽しい反面、みんなで行くとなると結構お金がかかります。家族みんなでいくらになるか?これも大きな悩みのタネですね。

2-3. 親の体力が持たない

例えば新幹線や飛行機などを利用する旅行の場合、旅先までの移動はどうしたって小さい子どもはぐずってしまいます。周りへ迷惑を掛けないようにあの手この手で親は努力をしますが、着くまでの間でへとへとに。

2-4. 旅先での病気が心配

旅行の心配ごとの一つに、旅先での病気や怪我もありますね。子どもが小さいうちはよく熱を出したりします。慣れない土地で病気や怪我をすることが心配で、出かけるのに消極的なパパママもいるでしょう。

2-5. まわりの目(迷惑を掛けたくない)

子どもが小さいうちは家族で外食をしても、落ち着いて食事が出来た記憶がないという方がほとんどでは。もちろん旅先ではレストランを利用するシーンが多くなると思いますが、子連れ歓迎のレストランを探すのも一苦労。それを想像するだけで疲れてしまいますね。

2-6. 持ち物が多い

子連れの持ち物はとにかく多くなってしまいます。赤ちゃんのうちはオムツや着替え、離乳食。おやつや、時間を潰せるおもちゃや絵本など。

2-7. 子どもの機嫌

どんな親でもコントロールできない子どもの機嫌。子どもが小さいうちは何をしてもだめ、親はもうお手上げですというシーンが何度もありますよね。

3. MSCクルーズの日本発着クルーズは「7つの困りごと」解決&コスパ良し!

子連れ旅行を躊躇させる理由の「7つの困りごと」を解決し、尚且つコスパが良い旅行があるんです!

それがMSCクルーズで航く、日本発着クルーズ

子連れ旅行に頭をかかえるパパとママの苦悩を、MSCクルーズではこう解決しちゃいます!

3-1. 乗ってるだけで移動している!

(1)「どこなら行ける?」を解消

船に乗ってさえいれば、知らぬ間に次の寄港地へ移動できちゃうのがクルーズ旅行。 普段なら飛行機や列車を使わないと行くことのできない観光地への移動も、クルーズ旅行なら船内で快適に過ごした翌日には目的地に到着

ベッドで寝てたら次の目的地に着いているなんて最高!

目的地ごとに、その都度宿泊ホテルを移動しなくていいのは、子連れ旅行には本当にありがたい! 新幹線やバスなどで移動しながら複数の観光地を訪れる際にはこうはいきませんよね!

シーズンごとに、各出発日ごとに違った寄港地を巡るコースが発表されますので、その中から好きなコースを見つけて予約し、出発までに横浜港(やその他出港地)までの交通手段を確保すればひとまず旅の準備は完了。

日々忙しい子育て世代には、クルーズ旅行がぴったりです。

船でしか行けない場所に行けるのもポイントです

3-2. 驚愕の子供代金無料は「コスパよすぎ」

(2)「お金の問題」を解消
なんとMSCクルーズの子ども料金は無料!信じられませんが、12歳以下は無料なのです!

クルーズ代金には「部屋」「食事」「エンターテイメント」を利用する料金が含まれているという料金構造となっており、それすらもお得なことは言わずもがなですが、子供の代金自体が無料なのはコスパが良すぎます!

子ども代金無料が嬉しい!世界各国の子どもたちともお友達に。

子どもが喜ぶイベントも、無料でいろいろと用意されています

3-3. 親も余裕でリフレッシュできちゃう

(3)「親の体力が持たない」を解消

船内には無料の託児所も完備!たまには大人だけでゆっくり食事を、、、なんていう夢のリフレッシュ時間も過ごせちゃいます。

資格を持ったプロが子どもを預かってくれるから安心!

3-4. 船内医務室があるので怪我や病気も安心

(4)「旅先での病気が心配」を解消

船内には医師がおり、医務室もあるのでいざという時には安心です。

医務室の例

3-5. 子連れウェルカムだから気持ちがラク

(5)「まわりの目(迷惑を掛けたくない)」を解消

MSCクルーズは子連れ旅行ウェルカム!子どものプレイルームはもちろんのこと、子ども専用プールまで用意されている船も。

子ども専用プールに夢中の子どもたち

メインダイニングにはハイチェアもありますし、船内で子供に声をかけてくれるクルーも多く、子連れだから肩身が狭いなんてことは一切感じません。予約時に申告して空きがあれば部屋にベビーベッドを入れておいてくれますよ。

ベビーベッドがあるのとないのとでは安心感が違います

船内はバリアフリーなので車椅子もベビーカーもへっちゃらです。

3-6. パッキングは1度きりだからラク

(6)「持ち物が多い」を解消

クルーズ中はお部屋を移動することがないため、1度チェックインをしてしまえば、自分の家のように部屋を使うことができます。そのため何度もパッキングしてホテルを移動するような旅行とは違い、持ち物の多い子連れ旅行にはとってもラクですよ。

価格もお得で利用しやすいランドリーパッケージもあります。 子供服を丁寧にクリーニングしてくれるベビー・ランドリーもあるのでうまく利用すると荷物も減りますね!

子ども用のランドリーサービスがあるのは驚きです

3-7. 子どものプロが常駐で安心!

(7)「子どもの機嫌」を解消

年齢ごとに分けられたキッズプログラムを無料で利用することが出来ます。

(年齢別のキッズプログラム例)

  • 【3歳以下】ベビークラブ
  • 【3〜6歳】ミニクラブ
  • 【7〜11歳】ジュニアクラブ
  • 【12〜14歳】ヤングクラブ
  • 【15〜17歳】ティーンクラブ

年齢ごとにキッズクラブがあります

資格を持った専任のスタッフがしっかりとケアしてくれるので、子どもにとっても親と離れて新しいお友達をつくるチャンスです。

4. まとめ

家族旅行は大事な思い出に残る、重要な家族の行事でもありますが、それを実現させるまでには、「計画」「コスト」など大きなハードルがあるのも事実。

そんなハードルをひょいっと越えて、子どもも大人も大満足できる世界が、「MSCクルーズで航く日本発着クルーズ」には広がっていますよ!

次の休暇は、コスパ最強なクルーズ旅行で、家族みんなで素晴らしい体験をしてみては。

きっと子どもたちにとっても大きく成長できる旅になるはず

子ども代金について

ご両親と同室の11歳以下のお子様はクルーズ料金が無料です。 ポートチャージ、登録料、保険料、航空運賃や送迎サービス料金(必要な場合)については、別途お支払いが必要となります。適用の可否は空室状況によります。また、季節によっても異なりますのでご予約時にご確認下さい。

※ 記事内に紹介されているクルーズ船や寄港地の情報については、記事執筆者の経験や情報収集に基づいた参考情報であり、実際の内容と異なる場合や、内容が変更されている場合があります。
※ 最新の情報については船会社や港湾の公式ホームページのご確認や、ご予約に利用される旅行代理店へのご確認をお願いします。

おすすめ記事

記事のシェアをお願いします

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン