Cruisemans | クルーズ旅行の口コミサイト サイトからの予約&口コミ投稿で、旅行代金の3%分のポイント(現金化可能)をプレゼント!
Cruisemansトップ   >   ニュース   >   ハパックロイド、クルーズ客船従業員がホッキョクグマを射殺
ハパックロイド、クルーズ客船従業員がホッキョクグマを射殺 Photo by Dave Hogg

ハパックロイド、クルーズ客船従業員がホッキョクグマを射殺

2018.07.30

北極圏のエクスペディションクルーズをおこなっていた、ハパックロイド・クルーズ( Hapag-Lloyd Cruises)の客船ブレーメン(Brement)で、北極圏クルーズで乗員や乗客の安全を守るために特別に雇われていた警備員が、ホッキョクグマを射殺したことが明らかになった。

この事故は、スピッツベルゲン(Spitzbergen)でのショアエクスカーション準備のために警備員が上陸した際、ホッキョクグマに頭部を襲われたことにより、身を守るためにホッキョクグマを射殺したと見られている。

その後、空中搬送された警備員は、命に別状はないとのこと。

同社は、「通常はホッキョクグマを上陸して観察することはなく、船上の安全な位置からの観察のみをおこなっている」という旨の情報をFacebook上で表明している。

今回の事故については同社Facebookには世界中から様々なコメントが寄せられている。

関連コンテンツ

ハパックロイド・クルーズ

ハパックロイド・クルーズ
Hapag-Lloyd Cruises
MSブレーメン
MSブレーメン
MS Bremen

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン