Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   アジアクルーズ   >   ニュース   >   カーニバル・コーポレーション、2015年第1四半期は1億5900万ドルの利益、2014年第1四半期の300万ドルの損失から増加

カーニバル・コーポレーション、2015年第1四半期は1億5900万ドルの利益、2014年第1四半期の300万ドルの損失から増加

2015.03.27
  • カーニバル・コーポレーション&plcは、2014年第1四半期の300万ドルの純損失に対し、2015年第1四半期の1億5900万ドルの非GAAP純利益を報告します。
  • 船内収益イニシアチブは8%の利回り向上をもたらし、カーニバルクルーズラインブランドは収益利回りの大幅な伸びを示し、アウトパフォームしました。
  • コスタのアジア事業は2桁の収益利回り成長を達成し、同地域の成長の可能性を浮き彫りにしています。
  • 2015年通年の純収益利回りは、恒常通貨ベースで3~4%増加する見込みです。
  • 米ドル高が通期業績予想の妨げとなるが、収益向上のための取り組みが奏功し、業績は改善傾向にある。

カーニバル・コーポレーション&plcは、大幅な増益を発表し、2015年第1四半期の非GAAPベースの純利益は1億5900万ドルとなり、2014年第1四半期の300万ドルの純損失から顕著に改善しました。同社は、好調な業績の要因として、船内収益施策による8%の利回り向上と、カーニバルクルーズラインブランドの大幅な収益利回りの向上を挙げています。コスタのアジア事業も2桁の収益率の伸びを示し、同地域の成長の可能性を示しました。

しかし、同社は米ドル高による課題に直面しており、これが通期業績予想の妨げになっています。とはいえ、カーニバル・コーポレーション&plcは、チケットと船内の両方の収益利回りを向上させる取り組みに成功し、同社の業績を改善しており、見通しは引き続き明るい。同社は、2015年通年の純収益利回りが恒常通貨ベースで3~4%増加すると見込んでおり、今後3~4年で2桁の投下資本利益率を達成する方向で軌道修正を進めています。

アジアのクルーズ旅行

最安料金 ¥9,097 ~/1日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン