Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   ホーランド・アメリカ・ライン   >   ニュース   >   ホーランド・アメリカ・ライン、サステイナビリティ・イニシアチブの一環として全客船に岸壁電源の設置を完了

ホーランド・アメリカ・ライン、サステイナビリティ・イニシアチブの一環として全客船に岸壁電源の設置を完了

2023.09.28
  • ホーランド・アメリカ・ラインは、全客船の陸上電源設置を完了した。
  • この取り組みは2006年に開始され、港湾における排出ガスと騒音を削減するためのクルーズ・ラインの持続可能な取り組みの一環である。
  • 同社は現在、世界の18以上の港で港内電力への接続が可能で、さらに25以上の港が建設中または検討中である。
  • ホーランド・アメリカ・ラインのその他のサステイナビリティ活動には、廃棄物削減とリサイクル・プログラム、国際環境ガイドラインの遵守、低排出推進技術などがある。
  • さらに、船内では使い捨てプラスチックの使用を禁止し、食品ロスや廃棄物を削減するプログラムも実施しています。

シアトルを拠点とするクルーズ会社、ホーランド・アメリカ・ラインは(Holland America Line)、同社の全客船で陸上電源の設置が完了したことを発表しました。

これは、同社が世界中の港で排出するガスや騒音の影響を削減することを目的としたものである。最後に接続された船はフォーレンダム(Volendam)号で、2023年9月27日にブリティッシュコロンビア州バンクーバーで初めて陸上電力に接続されました。

コールド・アイロン(cold ironing)と呼ばれる岸壁電力への転換は、2006年に4隻のビスタ・クラス客船から始まりました。その後、ピナクル・クラスとシグネチャー・クラスの客船がショア・パワーシステムに対応するよう建造または改装されました。ホーランド・アメリカ・ラインは現在、世界の18以上の港でドックサイド・パワーに接続する能力を有しており、さらに25の港が積極的にショアパワー設備の設置を検討していることから、その数はさらに増加すると見込んでいます。

さらに、ホーランド・アメリカ・ラインのサステイナビリティへの取り組みは、陸上電力の使用にとどまりません。包括的な廃棄物削減とリサイクルプログラム、国際的な環境ガイドラインの遵守、低排出推進技術への投資などを実施しています。船内では、プラスチック製のスティック、ストロー、バッグ、食品パックなどの使い捨てプラスチックも禁止されています。食品廃棄物への取り組みでは、酸素、水、微生物を利用して食べ残した食品を分解するバイオダイジェスターを設置し、従来の廃棄物処理に代わるプロセスとして温室効果ガスの排出を削減しています。

ホーランド・アメリカ・ラインは、2030年までに二酸化炭素排出量を2019年基準から20%削減するという意欲的な目標を掲げています。

フォーレンダムのクルーズ旅行

最安料金 ¥24,074 ~/1日

ホーランド・アメリカ・ラインのクルーズ旅行

最安料金 ¥12,880 ~/1日

バンクーバー(ブリティッシュコロンビア州)のクルーズ旅行

最安料金 ¥6,558 ~/1日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン