Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   ホーランド・アメリカ・ライン   >   ニュース   >   ホーランドアメリカラインのカリナリーカウンシルメンバーがそれぞれ担当する船内ダイニングをご紹介します。

ホーランドアメリカラインのカリナリーカウンシルメンバーがそれぞれ担当する船内ダイニングをご紹介します。

2018.03.05
  • ホーランド・アメリカ・ラインは、カリナリー・カウンシルの7人のメンバーに、それぞれ指定の船内ダイニングを任せています。
  • カリナリーカウンシルには、ルディ・ソダミン、ジョニー・ボア、デヴィッド・バーク、エリザベス・フォークナー、アンディ・マツダ、イーサン・ストウェル、ジャック・トーレスといった著名なシェフが参加しています。
  • それぞれのシェフが得意とする料理を提供することで、船上での食事をより充実したものにします。

ホーランドアメリカラインは、受賞歴のあるカリナリーカウンシルの専門知識を活用し、7人のセレブリティシェフにそれぞれ特定の船内ダイニングを担当させ、より充実したものにすることを目指しています。ルディ・ソダミン、ジョニー・ボア、デヴィッド・バーク、エリザベス・フォークナー、アンディ・マツダ、イーサン・ストウェル、ジャック・トーレスを含むこれらのシェフは、船団のあらゆるダイニングにグローバルな影響をもたらしています。この新しい方向性により、ホーランドアメリカラインはダイニングプログラム全体をカバーし、シェフたちの情熱と創造性を結集して、より多様な料理体験をゲストに提供することができるようになりました。

マスターシェフで料理評議会会長のルディ・ソダミンは、船内ダイニングの全側面を監督し、コーニングスダム号とニュー・スタテンダム号の人気フレンチブラッスリー「ルディズ・セル・ド・メール」にも貢献しています。オランダ出身のジョニー・ボアは、国際的に高い評価を得ている自身のレストラン「De Librije」の味を紹介し、一部の航路ではピナクルグリルで「Taste of De Librije」の特別な夕べを開催します。また、ユニークな現代アメリカ料理のパイオニアであるデビッド・バークは、新しいシグネチャーレシピでピナクルグリルのメニューをさらに充実させる予定です。

また、料理研究家のエリザベス・フォークナーは、船団全体の会場に新しい軽食のオプションを紹介する予定です。カリナリーカウンシルの新メンバーであるアンディ・マツダは、寿司のトレンドとテクニックに関する専門知識を披露し、リド・マーケットの寿司メニューと一部の船のタマリンドの寿司メニューをリードします。イーサン・ストウェルは、太平洋岸北西部の味と彼のイタリア料理を、同地域を航行する船に提供します。有名なショコラティエであるジャック・トーレスは、見事なチョコレートデザートを提供し、毎クルーズ最後のガラ・イベントで行われるチョコレート・サプライズのデザートパレードを案内します。

関連ニュース

ニュー・スタテンダムのクルーズ旅行

最安料金 ¥18,449 ~/1日

コーニングスダムのクルーズ旅行

最安料金 ¥14,659 ~/1日

ホーランド・アメリカ・ラインのクルーズ旅行

最安料金 ¥11,520 ~/1日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン