Cruisemansトップ   >   アジアクルーズ   >   日本   >   小樽

小樽のクルーズ旅行

4.42

小樽に寄港する人気クルーズライン

小樽のクルーズ旅行

 Cruisemansからの予約で3%ポイント還元

小樽の写真

  • 小樽運河  ( by ms. happy )
  • ( by ms. happy )
  • 小樽 青の洞窟  ( by ms. happy )
  • 翌日、小樽駅からバスで此処、石原裕次...  ( by mr. kushiro )
  • 観光地の人気店にも関わらず、ケーキセ...  ( by mr. sapaia )
  • お店に併設された展望台に登りました。  ( by mr. sapaia )
  • ( by mr. sapaia )
  • 小樽運河から続く堺町通りは素敵な外観...  ( by mr. sapaia )
  • 展望台からは停泊中の飛鳥IIが望めます。  ( by mr. sapaia )
  • ( by mr. sapaia )
  • 奥に見えるのが小樽で洋菓子のお店とし...  ( by mr. sapaia )
  • 塀の外側から撮影した貴賓館の外観です  ( by mr. sapaia )
  • 最初に訪ねた小樽貴賓館です。  ( by mr. sapaia )
  • 入り口から入ったところの大広間以外の...  ( by mr. sapaia )
  • 建物の外観です。  ( by mr. sapaia )

小樽への寄港の口コミ評判

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 小樽 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

小樽運河の一番はじまで行ったので観光客も少なくとても良かった。

ダイヤモンド・プリンセスで2019年9月頃に 小樽 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

青の洞窟クルージングに申し込みました。プロロマリンはお勧めです。乗り場も港から近く、ボートも新しく快適です。堺町通りでオルゴールや硝子等を見て、北のウォール街、手宮線跡地、小樽運河。六花亭の2階では100円でシュークリームとコーヒーをいただけました。

飛鳥2で2019年7月頃に 小樽 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):500~1,000円

停泊地から徒歩圏内で街中に出ますのでそこから路線バスに乗って小樽貴賓館というところを訪ねました。にしん漁で財を成した人の邸宅を公開していたのですが、邸宅内はすべて写真撮影禁止のため、いつまでも具体的な感動を留めておく助けがなく、何らかの事情があるのかとは思いますが非常に残念です。
また、その後に小樽運河沿いの通りを散策しましたが、素敵な佇まいのお店が数多く並び、とても楽しい時間を過ごせました。ルタオ本店には展望台があり、そこから停泊中の飛鳥IIを含め街が一望できました。

ダイヤモンド・プリンセスで2019年7月頃に 小樽 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):2,000~3,000円

午前中は孫と水族館へ。
あまり大きくなく手ごろに回れます。
横にある小さな遊園地が5歳の孫に丁度よく、遊べたので良かった。
1度船に戻り、主人も一緒にお寿司を食べました、
お寿司は少し奮発していいお店に行きましたが、正解でした。
主人がたくさん食べてくれたので。
主人は先に船へもどり、私は孫と小樽運河の所で人力車に乗りました。
たくさん写真も撮ってもらい、とてもいい思い出ができました。
人力車、おススメです。

ダイヤモンド・プリンセスで2019年7月頃に 小樽 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):1,000~2,000円

小樽は修学旅行ぶりで、お寺や神社にいきました。たまたま知り合いがいたので、車で案内してもらえました。オルゴール館は二回目でしたが、あの周辺は楽しめました。NIKKA WHISKYにも訪問できたのですごくよかったです。

ノルウェージャン・ジュエルで2018年9月頃に 小樽 に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):500~1,000円

埠頭から小樽築港駅まで歩いて行き、JR北海道函館本線に乗って余市へ行きました。NHK連続テレビ小説『マッサン』で話題になったニッカウヰスキー蒸留所を見学。帰りは小樽駅からフェリーターミナル行きの市内バス(220円)に乗り船に戻りました。

小樽のニュース

小樽のブログ記事

小樽のクルーズ資料

小樽の寄港スケジュール

小樽の歴史・特徴   [ ]

まだ情報がありません

小樽のアクセス・ホテル   [ ]

まだ情報がありません

小樽の寄港地観光・エクスカーション   [ ]

まだ情報がありません

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン