Cruisemansトップ   >   ハワイクルーズ   >   アメリカ   >   カフルイ(マウイ島)   >   口コミ

カフルイ(マウイ島) への寄港の口コミ

3.59
プライド・オブ・アメリカで2024年4月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

普通

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:30,000円以上

MOLOKINI CRATER & TURTLE SNORKEL
亀を見るシュノーケルツアー
水温が低かった
有料でシーガル(ウエットスーツの上だけ借りられる)
カード決済のみ

2つのポイントでシュノーケルをしたが
二つ目のポイントには70%の人だけが参加した(寒くて)
幸運にもみどり亀を見ることが出来た
多分、参加者60人の中で10人しか見れなかっと思う

カフルイ(マウイ島)に寄港する人気クルーズライン

プライド・オブ・アメリカで2023年12月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

普通

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:20,000~30,000円

火事の影響でラハイナに行けなかったので、滝と植物園とラベンダーファームに行くツアーを利用。花はあまり咲いていなかったのでつまらなかったが風景は楽しめた。

プライド・オブ・アロハで2008年2月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

怪我人をクリスマス島に緊急輸送した為に、カフルイは抜港となった。
クリスマス島を船上から観れた事は貴重な体験と言えます。

プライド・オブ・アメリカで2014年12月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

普通

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:5,000~10,000円

基本的には自然を見るツアーで、すみませんがあまり興味もなく終わってしまいました。でも自然はきれいでした。

プライド・オブ・アメリカで2019年9月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

普通

寄港地観光:その他

ショッピングセンターに行ったけど大したものはなかった。

プライド・オブ・アメリカで2019年7月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

港からショッピングモール(徒歩30分)までは無料シャトルバスが初日だけあります。
歩いて5分の所にもショッピングセンターがあります ロングスドラック、ロスドレス他沢山ありますので結構用足りてしましますし ホノルルとは物価が違うのでお土産とかはココで買うのもいいです。
ショッピングモールには ラハイナ行きのバスがあります(1日券$4)
2日目はココからバスでラハイナへ(1時間)かなり寒いので上着必要。
ハレイワのような古い街並みがを見ながら ショッピングをして戻ってきました
ショッピングモールからは徒歩で帰ってきましたが 港近くのショッピングセンター方向へのバスを見かけたので 1日券があるので調べて乗車すれば良かったと後悔しました

プライド・オブ・アメリカで2011年5月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:15,000~20,000円

ハレアカラに上りました。山頂では、雲が大きくなっていく様子を見られて楽しかったです。また、道中では珍しい植物を見ることができました。

プライド・オブ・アメリカで2015年7月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):

ショッピングモールなどで買い物したり、公園を散歩したりした。

オーシャニック・インディペンデンスで1981年4月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:

マウイ島では3つのオプショナルツアーが用意されていました。 ①イアオ渓谷とラハイナ・カアナパリ(5時間) ②カフルイから36号線で東海岸のハナ迄ドライブ(8時間) ③ラハイナ及びマウイシェラトンホテル迄送迎   ハワイ諸島唯一の鉄道である砂糖きび列車(Sugar Cane Train)に乗りたい為、ラハイナ迄の③コースを選択。鉄道の正式名称はラハイナ・カアナパリ太平洋鉄道。弁慶号に似たSLが2両のカ... 続きを読む»

プライド・オブ・アメリカで2014年10月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:  費用:

マウイ島では2日間過ごす時間があるので、到着日はカフルイの街を散策して、夕方から知り合いの方のツアーに参加して、ハレアカラのsunsetと星空を見に行きました。
sunsetと星空のあまりの美しさに感動して、一生の思い出になりました。
2日目は船会社のエクスカーションツアーでラハイナ散策へ。
とにかくマウイが大好きなので、時間が足りなかったですが、以降毎年マウイに訪れてハマってます。

プライド・オブ・アメリカで2017年4月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

普通

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:

プランテーション観光、マウイオーシャンセンター観光のツアーに参加。ランチはオーシャンセンター内のレストランで数種類のメニューから自分の好きなものを選択できた。プランテーションはトラムに乗りながら園内を一周。パイナップルアイスがおいしかった。

プライド・オブ・アメリカで2013年4月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):500~1,000円

バスを利用して十分楽しめる場所です。

プライド・オブ・アメリカで2013年10月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:10,000~15,000円

マウイ島はなんといっても、標高3,055mハレアカラクレーター、富士山が3,755mですからいかに高い山か、それをバスで一気に頂上まで登ります。2001年宇宙の旅のロケ地で、頂上から見る壮大なパノラマは絶景です。頂上は風が強いのでウインドブレイカーは持って行かれた方がいいです、又バスの駐車場から頂上まで20分程度は山道を歩きますので歩きやすい靴も必要です。
時間があったのでワイレア ショッピングモールに行きました、船から無料のシャトルバスが出ています、ショッピングの他に、フラダンスのショーがあったり、楽しめます。

プライド・オブ・アメリカで2018年1月頃に カフルイ(マウイ島) に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

島によって町の感じも変わります こまめに歩くとどんな生活をしているかスーパーを除くだけでも垣間見ることができます 例えば肉類は安く野菜類はたかいな~とか野菜類 全般に日本より物価高いです 海に面しているのにマヒマヒなど魚も高価です

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン