Cruisemansトップ   >   メキシコ・パナマ運河クルーズ   >   パナマ   >   パナマ運河

パナマ運河のクルーズ旅行

4.46

パナマ運河に寄港する人気クルーズライン

パナマ運河のクルーズ旅行

 Cruisemansからの予約で3%ポイント還元

パナマ運河の写真

  • カリブ海 運河へ入る順番を待つ船 ( by mr. seaday )
  • パナマ運河 運河を通過する自動車運搬船 ( by mr. seaday )
  • パナマ運河 運河を通過する自動車運搬船 ( by mr. seaday )
  • パナマ運河 船を引っ張る日本製の電気... ( by mr. seaday )
  • パナマ運河 船の通過を見学する陸の観光客 ( by mr. seaday )
  • パナマ運河 ( by mr. seaday )
  • パナマ運河へ入る  前方はパンアメリカ... ( by mr. seaday )
  • 閘門内では船は自力で移動せず左右の機... ( by mr. shibata )
  • 今回クルーズのハイライト・パナマ運河... ( by mr. shibata )
  • 船はいよいよガッン湖を経て更に進みガ... ( by mr. to )
  • 後ろからはホーランドアメリカのクルー... ( by mr. to )
  • ミラフローレス閘門にあるビジターセン... ( by mr. to )
  • 電気機関車によるけん引作業、ぎりぎりの... ( by mr. to )
  • 船は閘門通過時エンジンを止める。船は左... ( by mr. to )
  • ミラフローレンス閘門通過中 ( by mr. to )

パナマ運河への寄港の口コミ評判

アイランド・プリンセスで2019年9月頃に パナマ運河 に寄港

とても満足

寄港地観光:観光していない

最上階で船の尖頭にバスタオルを敷いて、お水を持って朝5時半頃から場所を陣取って、今かいまかと待っていました。6:40ついに運河就航!感動しました!あの狭い運河をこの大きな観光船がいとも簡単に曳航される姿は不思議そのものです。是非liveで味わって下さい。前日に展望台で船の通過する様子を見ましたが、実際に自分たちの乗船した船が通過する様を見下ろすのもまた格別なものです。一度は訪れてみる価値はあり。

ニュー・アムステルダムで2019年3月頃に パナマ運河 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):無料

朝6時から見学用にバウが開放され、行ってみるとこのクルーズで最大のクライマックスを楽しもうとする見物する人でいっぱいでした。まさに大人の社会科見学といった感じ!
これからガツンロックの3つのロック(閘門)を抜けガツン湖へ。そしてミラフローレス湖のペドロゲルロックとミラフローレスロックを抜け半日かけて太平洋へと抜けます。閘門の手前で待機し、いよいよ水門が開き前進して次の閘門へと進み、同時に後ろの水門が閉まる臨場感はたまりません。
ミュールと呼ばれる機関車はワイヤーで繋がれている本船を左右から均等に引っ張ったり、ブレーキをかけたりして乗船客の皆さんも興味深く見守っていました。朝6時から夕方6時まで殆ど立ちっぱなしでしたが、見物していて疲れず見飽きませんでした。

ジュエル・オブ・ザ・シーズで2019年2月頃に パナマ運河 に寄港

とても満足

寄港地観光:その他

ベニス発着のクルーズをクイーンとするこ、これはクルーズのキングです。こんなに感激するとは思いませんでした。何度も乗っている人が居るのも頷けます。特に今回はMr. & Mrs. Stockhamの自己体験を織り交ぜた素晴らしいプレゼンテーションをボランティア行ってくれたが、これを聞いていたので大変助かりました。Wikipediaに日本語詳しい説明が載っているので、行く前には必ず読んでコピーを持って行くことをお勧めします。西廻りであれば右舷、東廻りは左舷が良さそうです。

アイランド・プリンセスで2016年12月頃に パナマ運河 に寄港

とても満足

寄港地観光:その他

今回のクルーズのハイライトパナマ運河の通航。 パナマ運河は全長約80キロ、太平洋と大西洋を結ぶ中継地にある閘門式運河である。 幅32.26m、全長294m以内の船だけが通航可能なため、このサイズの船はパナマックスサイズと呼ばれている。 早朝5:00にパイロットが乗船。 6:00早めの朝食後、デッキ10の前方甲板に行くとすでに10数名の人たちが集まっていた。最前列の場所を確保すると右手には高層ビルが立ち並ぶパナマ市街が見えて来... 続きを読む»

ノルウェージャン・スターで2013年10月頃に パナマ運河 に寄港

とても満足

寄港地観光:観光していない

噂に聞いていた通り、場所取りは熾烈でした(苦笑)。
13階の船首に早朝4時ごろ(まだ真っ暗)行きましたが、既に一番前は空いてませんでした。日の出は6時過ぎ。

パナマ運河を通り抜けるにはとても時間がかかるので(船内に掲示されていた予定表によると、5時~17時)、最初は大勢いた人たちもどんどん減っていきます。それにとても暑いのでずっとデッキにはいられません。
船尾のスパエリアはエアコン効いてて涼しいし、空いてるのでどこにでも座れるし、お勧めです。
1日パスが30ドルでした。

ノルウェージャン・スターで2013年10月頃に パナマ運河 に寄港

とても満足


タイムテーブル
早朝5時 クリストバル
6時45分 ガツンロック
11時20分 ガンボア
13時10分 ペドロミゲルロック
14時30分 ミラフローレスロック
17時   バルボア

水門に入り、船が上下する様子が非常におもしろい。スエズ運河にもぜひ行きたい。

パナマ運河のブログ記事

パナマ運河の寄港スケジュール

2019-12
12月17日
2020-01
1月1日

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン