Cruisemansトップ   >   西ヨーロッパ、イギリス・英国クルーズ   >   ポルトガル   >   リスボン   >   口コミ

リスボン への寄港の口コミ

4.39
MSCプレチオーサで2019年10月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):2,000~3,000円

夜明けとともにリスボン港へ入港し、部屋のカーテンを開けると目の前にはリスボンのカラフルな建物群が見え、感動ものでした。着さん場所は、まさに市内の真ん中の一等地で、他のクルーズ船が3隻同時に着いており、人気港とうかがえます。市内観光はジェロニモス修道院、発見のモニュメント、ベレンの塔へはフィゲイロ広場からトラムで30分で到着しこの3か所が手軽に観光できます。食事は、種類が多いリベイラ市場のフードコートがおすすめで、ここから徒歩5分でビカのケーブルカー乗り場があり便利です。

リスボンに寄港する人気クルーズライン

MSCプレチオーサで2019年9月頃に リスボン に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):500~1,000円

大型船が4隻入港したため市内は観光客で大混雑していました。トラムもバスも観光客であふれ、遅延がすごく挙句の果て満員で乗車できず。ずっと待っているばかりでした。一日券の購入できる店も少なく、苦労して購入しても結局1回しか使えませんでした。坂が多いので、一番高いところにあるサンジョルジェ城までバスで行って、あとは基本的に歩くことを前提にした方が効率的と思います。

ノルウェージャン・ジェイドで2008年5月頃に リスボン に寄港

普通

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

ポルトガル語でLisboa 、英語でLisbonという。大西洋に流入するテージョ川の河口に位置する港湾都市で、ポルトガルの首都。4月25日橋(1966年完成、かつてはサラザール橋と呼ばれた)の下をくぐり入港。ロカ岬を観光後、市西部ベレン地区のベレンの塔(1983年世界遺産)、発見のモニュメントを観光。 ジェロニモス修道院は外観のみ。後ロシオ広場付近で自由時間。ジャカランタの花が綺麗な街であった。

インディペンデンス・オブ・ザ・シーズで2019年9月頃に リスボン に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):2,000~3,000円

行きは、ターミナルのタクシー乗り場で声をかけられて、ジェロニモス修道院まで35ユーロと吹っ掛けてきたのであきらめていると、別の男が25ユーロでどうですと誘われ、えいーと乗ってしまいました。あいつらグルだと分かったのは帰りのタクシー。帰りはメータ付きで同じ距離を約9ユーロで帰れました。がっくり。ロイヤルカリビアンもターミナルに入場させるタクシーに注意喚起お願いします。
ジェロニモス修道院は素晴らしい。無料で見学ゾーンもあり、多数の閑居客がが並びますが10分程度で入れます。観光ガイドにはその説明はなかったような気がする。バスコダガマの石棺もあり、世界遺産と納得。その後海岸側の発見のモニュメントを見て、ジェロニモスの右隣50メートル先の有名なエッグタルトの店で@約2ユーロ。この店は並ぶし地元民も含めて大変な騒がしさ。その他のパンもおいしそうでした。

ブリリアンス・オブ・ザ・シーズで2019年9月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

リスボンは以前訪れているので初めての同行者のために、外せないポイントを絞ってハイライト観光をしました。 港はサンタアポローニア駅近くと聞いていたのですが、思った以上に距離がありました。 船内では$9/往復(グループは4人で$25/往復)でレスタウラドーレス駅にあるハードロックカフェまで行くバスが出ていましたが、Viva Viagem(0.5ユーロ+6.40ユーロ/地下鉄&トラム1日券)を買いたかったので利用せず、サンタ... 続きを読む»

クイーン・ヴィクトリアで2014年4月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

〇街中を散策。坂道が多く高台に登ると街が一望できる。名物の路面電車も街中で映える。 〇なんと驚いたことにリスボン港には、クイーンメリー2、クイーンエリザベスが先着。彼女たちはそれぞれワールドクルーズの帰途。夕刻、スリークイーンズはメリー2、エリザベス、ビクトリアの順に一斉にリスボンを出港し、3日目の早朝、同時にサウザンプトンに入港。出港時、空には報道のヘリコプターが複数旋回し、多くの人が見送って... 続きを読む»

クリスタル・セレニティで2014年8月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

パレスホテルに泊まり、ファドレストランに出かけました。

MSCプレチオーサで2018年9月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):1,000~2,000円

タクシーを探すが全くないのでウロウロしてたら親切なおじさんが10ユーロでベレンの塔まで行ってくれてラッキーでした!
発見のモニュメントと修道院へ。リスボンは今一番人気の観光地でチケット購入にすごい行列なんです。近くの博物館でチケット購入すると並ばずに入場できます!
とにかくリスボンはタクシーがつかまらない。トゥクトゥクで料金交渉して15ユーロでジェロニモス修道院からリベイラ市場へ。ここはフードコートになっていて観光客でいっぱい。ランチを楽しみました。
寄港時間が短く街歩きできなかったので、また来たいです。

クリスタル・セレニティで2012年11月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

リスボンで下船後ホテルで一泊、リスボン市内観光でジェロニモス修道院、発見のモニユメント、ベレンの塔等回り、そのあとフリータイムでは路面電車を利用して国立アズレージョ美術館、ピッカのケーブルカー等を散策する。
夜は哀愁の音楽ファドを聴きに行く。ファドレストランはおすすめである。

ロイヤル・プリンセスで2013年6月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

午前中はツアーでベレンの塔、発見のモニュメント、ジャロニモス修道院等を観光。午後からはフリータイム、リスボンは二度目のため路面電車を利用して街中散策。28番の電車は観光トラムと呼ばれリスボン市内の観光名所を巡るので一度試してみる価値あり。
アズレージョの国立博物館等もお勧めである。

MSCメラビリアで2017年6月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):2,000~3,000円

リスボンカードを購入。14時までの寄港だったが、元は取れたか?
トラム28番は、この街を縦横に走っているので 便利。

シルバー・クラウドで2018年4月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):1,000~2,000円

出港日前夜に到着し、予約したタクシーで中心部に向かい、ロシオ駅にあるホステルに宿泊しました。翌日は公共交通の1日券を購入し、ベレン地区までバスで移動。ベレンの塔と発見のモニュメントは外観のみ、ジェロニモス修道院は内部も見学しました。前回訪れたときより数倍観光客が増え、開館前からチケット購入の大行列。結局45分ほど並んでやっと中に入ることが出来ました。その後近くの有名な老舗カフェで焼きたてのエッグタ... 続きを読む»

クイーン・ヴィクトリアで2015年11月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

朝日を浴びながらリスボン港の入口という4月25日橋を潜ってリスボン港に入って驚きました。 河口と聞いていたのに対岸が遠くてここは湾じゃないのかと思いました。 船が着岸したのは大聖堂のあるアルファマ地区の下で旧市街まで直ぐの場所、予約の際にエクスカーションを取るかどうかリスボン港の地図を見ながら悩んだ身としては大正解です。 船を降りて10分も歩くと大聖堂の脇に出たのでそのまま坂を上がって行くと教会脇の... 続きを読む»

ヴィジョン・オブ・ザ・シーズで2012年4月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

個人的なリスボンランキング

①エッグタルト 有名店のパスティスデベレンのがおいしい(テイクアウトの列と、イートインの列が違うので注意。エッグタルト4個で4.2€、カフェオレ1.2ユーロ、ビッカ0.75ユーロ)

②ロカ岬 行くのは大変だけど、行く価値あり(タクシー利用。カイソドソドレ駅からメーターは47.45€だった。待っててもらった方がいいと思う)

③カスカイス 落ち着いたリゾート。(ロカ岬で20分待ってもらい、カスカイスまで66.95€。カスカイス駅から電車でベレンに帰れます。二人で5.1€)

④サンタジェスタのエレベーター 長蛇の列。40分待った。作りが古風でワクワクする。

⑤コメルシオ広場 海・広場・門・街のたたずまいがいい。絵になる

リスボンは4月25日橋をくぐる楽しみがある。ベレンの塔や発見のモニュメントが川側から見れる。

ヴィジョン・オブ・ザ・シーズで2012年4月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

前入りして3泊。歩きタバコが多いのが難点。 リスボンポルテラ空港からタクシー(大きめのバン)で、バイシャ地区まで30€弱でした。高い気がしましたけど、23時過ぎだったので、夜間料金なのかも。 リスボン市内のバス、地下鉄、市電、ケーブルカー、エレベーターの24時間乗り放題券、1人5ユーロ。とても便利。 ジェロニモス修道院。入場料7€。券売機だとカード可だけど、有人窓口は現金オンリーだった。 市電28番線... 続きを読む»

セレブリティ・シルエットで2018年4月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

リスボンは6年ぶりの再訪となりました。前回の訪問時には、クルーズターミナルなどはなく、接岸場所も分かれていたと記憶しておりますが、今回は目新しいクルーズターミナルも完成しており、そちらへの接岸となりました。 今回は国立古美術館、Time Out Market Lisboa(リベイラ市場跡地)、コメルシオ広場周辺を散策しました。 新ターミナルを下船後、パブリックエリアに出ると、地元の観光業者やタクシーなどがたくさん客引... 続きを読む»

セレブリティ・イクリプスで2016年4月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):500~1,000円

昔から憧れていたポルトガル、ついに上陸しました。見たい所、したいことは山ほどありますが、たった一日しかないので、兎に角、歩ける限り歩きました。路面電車も楽しいです。
観光スポットはほぼ達成しました。またいつか機会があればゆっくり訪れたい場所です。

リバティ・オブ・ザ・シーズで2013年4月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

この時は事前の下調べなどしていなかったので、特に目的地もなく散策し、カフェに入ったり、通りすがりの教会を見学したりしました。移動はトラムと徒歩でした。
今ではクルーズ寄港地の行きたい所を事前に調べて計画的に回れるようにしています。

セレブリティ・シルエットで2018年4月頃に リスボン に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):1,000~2,000円

サンタアポロニア駅近くに新しくできたクルーズターミナル(無料wifiあり)に着岸。
客引きも大勢いたが、サンタアポロニア駅のタクシー乗り場まで歩く。
国立古美術館までメーターは8.4€(渋滞した)。
帰りはターミナルまでゆっくり歩いて50分程度。途中、新しくなったリベイラ市場や、コメルシオ広場を歩けば休憩・買い物もでき楽しい。

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン