Cruisemansトップ   >   アジアクルーズ   >   日本   >   境港(鳥取)   >   口コミ

境港(鳥取) への寄港の口コミ

4.07
ダイヤモンド・プリンセスで2018年4月頃に 境港(鳥取) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

船会社が用意したJR境港駅までのシャトルバス(有料)を利用し、
境港駅まで行き「由志園」に向かいました。
時間が早かったからか、駅にはテントがあり、パンフレットは置いて
ありましたが、観光についてわかる方がほとんどいませんでした。
観光タクシーを頼もうとしても手段(電話番号とか)すらわからず
頼めませんでした。
由志園へは駅から無料マイクロバスが出ていましたが、同じような事を
考えていた人が多かったのかバスが足らず1時間くらい待ちました。
由志園は牡丹と日本庭園が見れる施設で、園内は綺麗に整備されており、
様々な牡丹も美しく楽しめました。
入園料は大人800円(シルバー割引(70歳以上)/ 大人料金の100円割引あり)
小中高生は、大人料金の半額。(2018・4月現在)

境港(鳥取)に寄港する人気クルーズライン

コスタ・ネオロマンチカで2019年7月頃に 境港(鳥取) に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

停泊場所から、境港の駅までシャトルバスに乗り、駅からは歩いて水木しげる記念館に行きました。当初、記念館に寄った後別の場所も観光することを考えていましたが、記念館の展示物や作品が充実していたため長居してしまい、結局ここしか立ち寄りませんでした。

コスタ・ネオロマンチカで2017年10月頃に 境港(鳥取) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

鬼太郎のまち。
鬼太郎ストリートがあって、町の人はとても親切です。
鬼太郎の銅像もかわいいので、印象に残ると思います。
鬼太郎の博物館、鬼太郎のお酒など、なんでもかんでも鬼太郎です。

コスタ・ネオロマンチカで2019年7月頃に 境港(鳥取) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

境港駅までのシャトルバスがあったが、片道400円は高額すぎるのではないか?
港⇔境港駅を徒歩で散策。
海とくらしの史料館は定休日、地酒屋見学を楽しみにしていたが事前予約が必要とのこと(HPには未記載)でできなかったのは心残り。
水木しげるロードを散策しスーパーマーケットに立ち寄り帰船した。

ダイヤモンド・プリンセスで2019年9月頃に 境港(鳥取) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

水木しげるロード、水木しげる記念館は1回行けば十分と思いました(私は初めて寄港)。食事が無ければ2時間程度で観光完了の内容でしょう。
足立美術館は遠く、事前に計画していかないと行けません。タクシー片道1時間1万円、公共交通機関は1時間に1本かもう一本で片道2時間以上。私は次回はレンタカー利用と思います。
同じ乗船客が行きましたが、公共交通機関利用で、現地観光の滞在時間は1時間余りで不十分、且つ、シャトルバスに間に合わず、JR駅(境港?)からタクシーで帰ってきたそうです。

コスタ・ネオロマンチカで2019年8月頃に 境港(鳥取) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):500~1,000円

水木しげるロードには、スタンプラリーがあり、子どもも楽しめる。

コスタ・ネオロマンチカで2019年8月頃に 境港(鳥取) に寄港

満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:5時間以上  費用:10,000~15,000円

出雲大社に行きました。交通機関と時間の問題があり、あれもこれもというわけにいかないのが残念です。

アザマラ・クエストで2019年8月頃に 境港(鳥取) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):無料

駅までは シャトルでいき、そこからは インフォーメーションですすめられた、美保神社まで コミニュティバスを乗り継いでいった。
古い観光地で 時間があればゆっくり見てみたいところだ。
半島の橋を怖いような道路で するする小さいバスで 回っていくのが 面白い。鬼太郎ロードばかりでなく時間があるときは足を延ばすのも楽しい。

アザマラ・クエストで2019年8月頃に 境港(鳥取) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

境も初めてではなかったので 地元の方に教えていただいて神社をたずねようとおもっていましたら、ちょっと遠いところがお勧めでした。
やはり停泊時間が長いので 駅までシャトルバスででて そこからコミュニティバスを2種類乗り継いで 岬の突端のほうの神社を訪ねることができました。此方には青石畳の史跡もあり歴史のある醤油店などもああって お土産がかえました。
島根は 昔から醤油の産地だそうで あちらこちらで 老舗がみられます。

コスタ・ネオロマンチカで2019年8月頃に 境港(鳥取) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500円未満

シャトルバスで着いたところが水木しげるロードなので
すぐに観光できました。子供達が最も楽しみにしていたので移動が楽でとても助かりました。
スタンプラリーや水木しげる記念館など満足いくまで観光できました。

コスタ・ネオロマンチカで2019年7月頃に 境港(鳥取) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):1,000~2,000円

私達は足立美術館に行きたかったため、早めに船を下りることにしたが、朝8時半のシャトルバスで境港駅に到着と同時に、境港駅から列車が出発していくのが見えた。 時刻表を確認すると1時間に1本しか出ておらず、観光案内所すら開いていない状態で、当然商店街等もほとんど開いておらず、雨も降っていたためちょっと困ってしまった。 境港駅から米子駅、米子駅から安来駅と乗換えが必要でアクセスがお世辞にも良いとは言え... 続きを読む»

コスタ・ネオロマンチカで2017年7月頃に 境港(鳥取) に寄港

とても不満

寄港地観光:観光していない

雨だったのと、近くの観光地を検索しても鬼太郎しか出てこなかったので船の上で過ごしました。
下船しなくてもストレッチクラスやイタリア語レッスン、ダンスレッスンと色々なカルチャークラスがあります。すべて時間がずらしてあるので全クラス受講可能です。
軽食、プール、ジムと船内だけでも十分楽しめました。

コスタ・ネオロマンチカで2019年8月頃に 境港(鳥取) に寄港

とても不満

寄港地観光:観光していない

台風10号の影響で抜港となりました

コスタ・ネオロマンチカで2019年7月頃に 境港(鳥取) に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

ターミナルのような建物はありません
仮設のテント内で
観光案内、両替(ウォン、ドル、ユーロ→円)、名産品販売、レンタル自転車がありました

交通事情は、
境港駅~クルーズターミナル間:片道400円
高いです。

水木しげるロード、水木しげる記念館しか行っていませんが
乗船客、一般のお客さんで街中わちゃわちゃしていました。

タクシー料金も知りたくて同区間をタクシーにも乗りました。
1260円でしたので大人3人以上なら
タクシーのほうが楽かもしれません。

駅前のホテルの足湯でのんびりとバスを待ってもいいです。

ダイヤモンド・プリンセスで2019年8月頃に 境港(鳥取) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

初めてなので遠出はせず、街中で過ごす。水木しげる記念館や妖怪ロードを見学。暑かった。昼は海鮮丼。

コスタ・ネオロマンチカで2019年7月頃に 境港(鳥取) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):8,000~10,000円

レンタカーを借りて、松江城、足立美術館へ。松江城では、ボランティアガイドさんに案内をお願いしましたが、30分のところ、1時間半もじっくり案内いただいてしまいました。地元愛を感じました。最後に皆生温泉に寄り足湯も堪能。

コスタ・ネオロマンチカで2019年7月頃に 境港(鳥取) に寄港

とても満足

寄港地観光:観光していない

自宅から境港は日帰りで行けるので、主人は歩いてぶらぶらし、私は船内でゆっくりしました。境港で見送りの方の演奏や、たまたま船を見に来た小学低学年の子供やお見送りの人が「バイバ〜イ、またきてね〜!シーユー!」て、大声で見えなくなるまで手を大きく振ってくれ、涙が出ました。乗客の方々も、大きく手を振り「ありがとう!またくるね〜!バイバ〜イ!」と大声で応えていました。

明日は韓国の為、出国手続きがあり、ツアー以外の人は、何時までに帰って来てください。一旦出国手続きをしたら、船外には出れません。
との案内がありました。

コスタ・ネオロマンチカで2017年6月頃に 境港(鳥取) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):500~1,000円

とにかく、カジュアルシップなので なんでも有料。
街に行くシャトルも街が出すものなので 片道500円とられた。
街に行かないと周りは何もないので、仕方なくいき、鬼太郎ロードを観光したが、次の時は 有料なら出なくてもいいかもしれない。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズで2015年5月頃に 境港(鳥取) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

はじめてだったので、街を散策し、由志園にも行った。
シャトルバスも出ていて、便利に移動できる。

クイーン・エリザベスで2019年4月頃に 境港(鳥取) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):1,000~2,000円

松江と足立美術館を捨て、大根島の由志園を選び、タクシーで開園早々の牡丹園に行ったのは大成功。
帰りは由志園サイドのシャトルで境港まで戻り、水木しげる関連の施設をじっくりと廻って見る事が出来た。
昼食は港から程近い、”しんわ”で海鮮丼を楽しみ、歩いて、船に戻る事が出来た。

境港(鳥取)に寄港する人気クルーズライン

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン