Cruisemansトップ   >   地中海クルーズ   >   トルコ   >   イスタンブール   >   口コミ

イスタンブール への寄港の口コミ

4.23
MSCディヴィーナで2013年8月頃に イスタンブール に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

イスタンブールへは朝の入港の時から、遠くにモスクなどがかすんで見え、とても感動的でした。旧市街の主だった場所へは自分たちだけで地図を片手に十分観光を楽しめました。トプカピ宮殿、アヤソフィア、地下宮殿、ブルーモスク、バザールなど・・・。どこもオリエンタルな魅力、繊細な美しさで満ちていました。

イスタンブールに寄港する人気クルーズライン

MSCプレチオーサで2014年4月頃に イスタンブール に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500円未満

ターミナルに近くのトラムの駅から旧市街までトラムで移動。
トプカプ宮殿、アヤソフィア、ブルーモスク、国立考古学博物館、地下宮殿、グランバザールを観光。
トプカプ宮殿は必見。特にハレムの青の部屋が絢爛豪華。トプカプ宮殿は混んでいて入るのに時間がかかるので朝一で行くことをオススメする。また、宝物館も並んでいるので、一番に行くと良い。
隠れた名称としては、国立考古学博物館です。遺跡好きには必見です。全体で100万点近い発掘物があり、博物館内の庭や隅の方には遺跡が多数並べられている。見るべきは石棺です。想像できないくらい大きな大理石の石棺にこれでもかとレリーフが優美に繊細に彫られていて美しいです。

ル・ブーケンビルで2019年7月頃に イスタンブール に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):

下船の際はいつも荷物が多いので船に車を手配します。今回、ポートからフォーシーズンズホテルまで10分ほどの距離なのに70ユーロでマイクロバスを手配してくれました。。普通の荷物が乗るVANタクシーはないのかと問うと、無いといわれました。ホテルから空港に行く際にはきちんとありましたよ! 最後の会計計算も間違えるわ、今回はダメダメですね。残念!

イスタンブールはこの時期暑すぎて歩き回るのはしんどかったですが、街中にASK MEというTシャツをきた子供たちが観光案内をしていたのが有難かったです。

セレブリティ・コンステレーションで2015年9月頃に イスタンブール に寄港
寄港地観光:観光していない

IS国、難民流入問題等で、イスタンブールの治安が良くないとのことで、船はイスタンブールに一泊する予定を変更し、23時に出航。そして翌日急遽予定になかったクレタ島へ寄港するプランに。
帰りもイスタンブールで下船し、イスタンブール・アタチュルク国際空港で搭乗まで6時間待ちで日本に帰った。翌年6月この空港でテロが発生。多くの人が犠牲になった。

ラインダムで2014年10月頃に イスタンブール に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:5,000~10,000円

下船後、カイヤ美術館とオリエンタルバザールを観光して空港に向かうツアーに参加。カイヤ美術館のモザイク画は素晴らしいの一言。ガイドさんの解説も面白く、満足しました。このクルーズはイスタンブールでオーバーナイトするので、下船前日に自分でアヤソフィアやトプカプ宮殿、グランバザールを観光しました。ビザンツ美術とキリスト教文明、それにイスラム文明が交錯するイスタンブールはカルチャーショックさえ感じさせてくれる素晴らしい都市でした。

シーボーン・レジェンドで2012年4月頃に イスタンブール に寄港

満足

寄港地観光:観光していない

あらかじめ現地のツアー会社の空港送迎を予約しておきました。黄昏時、ブルーモスクやアヤソフィアなどを遠くに見ながらの出港風景はとても印象深かったです。

MSCディヴィーナで2013年6月頃に イスタンブール に寄港

不満

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

途中で離団して、WEB予約した アヤソフィアに 立ち寄った。
離団する際、かなり 強く 否定されて、 無理やり 絨毯屋に連れて行かれたのが 残念
今思えば、そんな 契約内容ではない ツアーだった


ロイヤル・プリンセスで2013年6月頃に イスタンブール に寄港

とても満足

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

イスタンブールも過去にトルコ周遊の旅で訪れた街である。
今回は海からの訪問ボスボラス海峡をブルーモスク、アヤソフィアを眺めながらの入港はとてもエキゾチックな風景である。
ツアーで観光、ドゥカーレ宮殿、アヤソフィア見学後今回グランバザールがお休みのためエジプシャンマーケットを散策。
出航時の風景も夕焼けに染まるモスクが最高であった。

クイーン・ヴィクトリアで2015年10月頃に イスタンブール に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500円未満

イスタンブールの港は町中にあるので、トラムヴァイで新市街、旧市街に簡単に行くことができます。
港周辺にいるタクシーは片言の英語で勧誘してきますが、料金がユーロで高め設定なのでトラムヴァイの利用がお薦め。
ガラタ橋、ガラタ塔は港から徒歩圏内です。

旧市街、新市街ともに見所が集中しているので観光しやすい都市です。

セレブリティ・イクノスで2014年7月頃に イスタンブール に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:  移動時間(片道):  移動費用(片道):

イスタンブールには1停泊。

チャージ式のプリぺイドカード、「イスタンブールカード」が便利。現金で乗るより安く、トラム、メトロ、ケーブルカー、フェリーなどに共通で使え、乗り継ぎ割引あり。

帰国日は、下船→トラムヴァイでフンドゥクル駅→カバタシュ駅。フニキュレル乗り換えてタクシム広場に。タクシム広場の有人荷物預け所にスーツケースを預ける。
1個10トルコリラ(約500円)。2個目は5トルコリラ(約250円)。
(タクシム広場から空港までシャトルバスが出ています)


MSCオペラで2005年4月頃に イスタンブール に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:

ブルーモスク、アヤソフィア寺院、グランバザール、トプカプ宮殿とざっとでしたが、見どころを回りました。

MSCマニフィカで2015年11月頃に イスタンブール に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

船から見る景色が素晴らしい。入港時も出港時もデッキから離れられません。

アヤソフィア、ブルーモスク、地下宮殿…街も独特の雰囲気があって魅了されます。

バザールのお店では、騙されているんだか親切にされているんだかよくわからず。バザールから離れた所にあるお店で買い物した方がよかったのか?謎です。
とはいえ、バザールで買った刺繍のソファーカバーも陶器の食器も気に入っています。
それと、バザールの中は迷路のよう。地図と最初に入った場所を把握していないと、永遠に出られなくなりそうです。


セレブリティ・イクノスで2014年7月頃に イスタンブール に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

フンドゥクル駅近くに停泊。トラム駅まで歩いて行けます。4リラ。
イスタンブールカードをシルケジ駅で購入。

イスタンブールはトラム、地下鉄、ケーブルカー、フェリーなどの公共交通機関が充実しているので、個人でも動きやすい都市です。

MSCマニフィカで2015年11月頃に イスタンブール に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

観光には事欠かないイスタンブールの入港のところから観光開始。海からの町に入ることはベニスと並んで今までの港町で一番です。街もグランドバザールから、モスクから、公園、どこを歩いても絵になります。ただ、トルコ語でレストランに入るのもどこに入って何を頼めば良いのか判らないので、残念ながら本格トルコ料理は逃し、バザールで地元若者が集まっている屋台で、ケバブサンドイッチを頼むB級グルメになりました。追記ですが、クルーズターミナルを出て少し歩いたトラムの停留所近くで、いきなり靴磨き詐欺にあい、日本円で四千円ほど取られたのは失策でした。後で調べたらネットにいくつか被害の説明が出ています。なかなか上手に引っ掛けますのでご注意を。

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン