Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   ノルウェーフィヨルド、北海クルーズ   >   ノルウェー   >   オスロ

オスロのクルーズ旅行

4.41

Photo by Kaitlin

写真

オスロへの寄港の口コミ評判

リーガル・プリンセスで2019年5月頃に オスロ に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

ホップオンバスに乗り、自由に乗り降りしてまわれたので良かったです。
全部こういう方が良かったと思いました。
停泊時間が短かったので、少ししかまわれなかったのは残念でした。

MSCオーケストラで2018年8月頃に オスロ に寄港

とても満足

寄港地観光:その他

船のエクスカーションで、町中観光(オリンピックのスキージャンプ台を見る)等をし、次の日は、自分たちでお城を見たり、オスロの市庁舎をみたり、ムンクの絵を見たりしました。
町も比較的小さいため、歩きやすいですし、公共交通機関も発達しているので、市内を回るだけなら、エクスカーションに乗る必要は全くありません。
市庁舎は、イベント等があると、中に入ることができません。今回、私も、市庁舎に入ることができませんでした。

MSCオーケストラで2018年8月頃に オスロ に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):無料

港から街中心部まで大変近かった為、徒歩で街歩きを満喫。近年、電気自動車が普及している環境重視の大変きれいな街で、気持ちよく快適に観光する事ができた。王宮は非常にきれいで、守衛の交代シーンが非常に格好良く、素敵な思い出となった。国立美術館もオープン前から並んだ為、それほど待つことなく、ムンクの叫びを心ゆくまで満喫する事ができた。美術館は、オープン前から早目に並んでおくのが良いと思われる

ロイヤル・プリンセスで2014年6月頃に オスロ に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):

ムンク美術館などに 移動する前、港の近くのインフォメーションで 【オスロパス】を 購入。
移動も、美術館系も 無料。
王宮に行くなら、13:30 の 衛兵交代式に 合わせると良いかも。

ヴィジョン・オブ・ザ・シーズで2012年4月頃に オスロ に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):

有料の地元シャトルバスはイケアバスだった。

オスロ駅のコインロッカーについて
大60クローネ 奥行きがあるので100ℓスーツケースが2個入る コインしか使えない
小30クローネ 番号式でクレジットカードが使える

ショッピングセンターにあった日本のおたくグッズ店「NEOTOKYO」。
品ぞろえがすごい。ゴスロリ洋服、GACKT、日本のアニメグッズやお菓子、ユニクロのキャラクターTシャツ、ペットボトルの緑茶などなど。店員に聞くとやはり「ワンピース」が人気とのこと。

市庁舎・王宮等を散策。

オスロ駅から空港駅まで、フリートーゲという高速鉄道で20分。170クローネ(2399円)

ヴィジョン・オブ・ザ・シーズで2012年4月頃に オスロ に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

後泊したかったけど、休暇はそんなに取れない。ということで、下船日に帰国。

オスロの停泊場所は2か所あるようですが、駅に近いビヨル湾でした。
地元のシャトルバスを利用。駅まで50クローネ(897円)。意外と近かったので、ひょっとすると歩いても行けるかも。

月曜日なので、「ムンク美術館」も「国立美術館」も休館。ムンクを見ることはできません。
カールヨハン通り、王宮、オスロ市庁舎(外観)、オスロ大聖堂など。

駅のトイレは有料。10クローネ


オスロへの寄港スケジュール

2019-12
12月13日
12月21日

オスロに寄港するクルーズ商品・料金

オスロの歴史・特徴   [ ]

まだ情報がありません

オスロのアクセス・ホテル   [ ]

まだ情報がありません

オスロの寄港地観光・エクスカーション   [ ]

まだ情報がありません

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン