Cruisemansトップ   >   地中海クルーズ   >   イタリア   >   カリアリ(サルデーニャ島)

カリアリ(サルデーニャ島)のクルーズ旅行

3.28

カリアリ(サルデーニャ島)に寄港する人気クルーズライン

カリアリ(サルデーニャ島)のクルーズ旅行

 Cruisemansからの予約で3%ポイント還元

カリアリ(サルデーニャ島)の写真

カリアリ(サルデーニャ島)への寄港の口コミ評判

MSCディヴィーナで2019年9月頃に カリアリ(サルデーニャ島) に寄港

普通

寄港地観光:その他

船は9時にサルディニア島のカリアリに着き、9時半から10人が2台のタクシーに分かれ、市内観光をした。
①Monte Claroから市街を眺望 ② 円形競技場 ③パンクラチオ塔 ④大聖堂 ⑤ エレファント塔 ⑥ レミー要塞
⑦ フラミンゴ(我々の組は立ち姿を見れず) ⑧ 海水浴場を見て、12時半頃船に帰り、5階Black crabにて昼食を取った。

コスタ・ディアデマで2017年8月頃に カリアリ(サルデーニャ島) に寄港

満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:  費用:

サルデーニャ島唯一の世界遺産ヌラーゲ・スゥ・ヌラクシのコスタツアーデスク主催の英語ツアーに申し込んでいたが、なんと最低催行人数に達さなかったとのことで危うく行けなくなりそうだったが、どうしても行きたかったので空きのあったフランス語&イタリア語による同じツアーに参加(・ω・)
説明はフランス語とイタリア語でチンプンカンプンだったが、コスタのツアーエスコートの方が英語も話せたので集合時間等大事な案内だけは随所で英語でフォローしてくれた!観て感じるには充分なツアーだった。

クイーン・ヴィクトリアで2016年10月頃に カリアリ(サルデーニャ島) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

島なので高低差はかなり有る、公共のエレベーターを使うと良い。展望台・サンパンクラーツィオの塔
自分で歩くと名所を巡れる。からすみパウダー(ボッタルガ)土産に好評だった。

MSCアルモニアで2016年10月頃に カリアリ(サルデーニャ島) に寄港

普通

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

ウルピーヌ山からカリアリを眺め、旧市街地の要塞に行きました。その後大聖堂や搭を見学して新市街地へ。要塞には大きな車が通れないので徒歩での移動になります。
個人観光の人たちは港から結構長い上り坂を歩いてきていました。
新市街地で解散しましたが、ジェラート屋さんやレストラン、お土産屋さんなどウィンドウショッピングも楽しめました。

MSCプレチオーサで2015年7月頃に カリアリ(サルデーニャ島) に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):

こちらも大きな都市ですが、丘からの眺めは絶景でした。大型船が停泊できるところは要は大きな都市なのだなと実感。

カリアリ(サルデーニャ島)の寄港スケジュール

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン